wakka

長野県 佐久穂町への移住をきっかけに築100年弱の古民家を購入。 東京との2拠点生活を送りながら、人生初のマイホームを、地球環境に配慮しながらフルリフォーム中。 株式会社SLOPE 代表 http://www.slopeworks.net

wakka

長野県 佐久穂町への移住をきっかけに築100年弱の古民家を購入。 東京との2拠点生活を送りながら、人生初のマイホームを、地球環境に配慮しながらフルリフォーム中。 株式会社SLOPE 代表 http://www.slopeworks.net

    マガジン

    • 古民家を高性能住宅へ

      築100年弱の古民家フルリフォーム体験記。 資金調達からデザイン、メソッド、その思考まで、インテリアデザイナー自らが、地球環境に配慮しながら、古民家を現代の高性能住宅にリノベーションしていく過程を綴る。

    古民家を高性能住宅へ

    築100年弱の古民家フルリフォーム体験記。 資金調達からデザイン、メソッド、その思考まで、インテリアデザイナー自らが、地球環境に配慮しながら、古民家を現代の高性能住宅にリノベーションしていく過程を綴る。

    すべて見る
    • 12本

    プラン_高気密高断熱

    古民家を新築住宅のような高性能住宅へと生まれ変わらせることは、このプロジェクトの最も重要な課題の一つだった。家を『住むための道具』としての側面からみた場合、良い雰囲気に改装された古民家再生住宅であっても、そこで無理なく快適な生活を送ることができなければ本当の意味での再生とはいえない。さらに、地球環境からみれば、エネルギー消費を抑えることができる燃費のいい家へとアップデートすることは、住宅をフルリフォームする上では必須の課題に思えるからだ。 家のエネルギーの消費を抑えるには、

    スキ
    5

    プラン_ゾーニング

    コンセプトとリフォームの方向性を踏まえながら、プランニングを進める。 我が家の家族構成は小学校低学年の娘と妻の3人。購入した民家は3人だけにとっては充分過ぎる面積があり、先にも書いた通り蚕室造りのシンプルなラーメン構造であるため、既存の構造を残しながらも自由に平面レイアウトができる。コストを抑えるために水回りの場所はそのままにし、家の中心となるリビングを居心地のいい空間にすることを一番に考えプランを組み立てた。 結果的にリビング・ダイニングは41.5㎡(約25畳、赤色部分)

    スキ
    7

    建物の特徴

    リフォームする上で、建物の特徴、特に、良いところと悪いところを把握することは、プランに取り掛かる上で重要な作業になる。建物の特徴を捉えた上で、活かすものは活かして変えるべきものは変えることがリフォームの醍醐味であると同時に、既存を無視したドラスティックな変更は当然コストアップに繋がってしまい、既存物件を再利用するメリットが薄れてくるからだ。 ホームインスペクションは、建物のコンディションの中でもどちらかというと問題のある部分に焦点を当て状況把握するものなので、建物をできるだ

    スキ
    6

    竣工写真

    Instagramに投稿した、第1段階完了後の竣工写真。

    スキ
    4