見出し画像

少年漫画に学ぶセルフブランディング

カレーの修羅であり、イベント業/営業軍団運営/システム開発のベンチャーを経営をしているわだです。

営業自粛・外出自粛によって家で過ごす時間が増え、漫画アニメなどのコンテンツを楽しむ時間が増えているのではないでしょうか。

Netflixの加入者数は2020年3月14日~16日の間に前週比47%増加したそうで(経済紙Forbes調べ)、ロックダウンの影響なのか一時サーバーもダウンしていたようです。

僕自身も定期的に漫喫に籠ったりするくらい漫画が好きなのですが、最近SNSでもセルフブランディングしたい人が増えてそうな空気なので 、

"漫画の人気キャラからファン形成のヒントを得られるんじゃないか説" 

を短いですがnoteにメモ。


[人気漫画の主人公] はファンが多い

前回の記事》で「現在の "withコロナ" の状況下ではファン形成が重要そうです」ということに触れたのですが、人気漫画の主人公ってめちゃくちゃ応援したくなるじゃないですか。

僕が好きな漫画(の一部)でも、

NARUTOの主人公「ナルト」は、木の葉隠れの里の長である火影になるために成長をしていく超ヒット作だし、

ONEPIECEの「ルフィ」も仲間と一緒にアツいストーリーの中で成長しながら海賊王を目指して冒険していますし、

僕のヒーローアカデミアの「緑谷 出久(みどりや いずく)」も才能がなく悩んでいましたが、ヒーローになるために強い意志でクラスメイトと共に成長していきますし、

鬼滅の刃でも「竈門 炭治郎(かまど たんじろう)」も妹のために仲間と共に鬼と戦い成長していきます。

(全部最高で超オススメ)


人気漫画主人公たちの共通点

上記の主人公たちの共通点として、

①超素直
成長するために教えられた事も素直に実践。
柔軟な発想も相まってグングン成長していきます。

②信念を貫く
自分が信じる信念を貫きます。
どんな逆境でもブレません。

③目標のために努力を惜しまない
みんな超泥臭く頑張ります。

④めちゃくちゃ熱量が高い
周囲を巻き込むほどの熱量。
信念や努力量も相まって周囲も感化されます。

⑤急成長する
不器用ながら必死に考えながら尋常じゃない努力をし続けるので、壁にぶつかりながらも必然的に急成長します。

⑥大きな成果を残す
ボロボロになりながらも周囲が驚くような成果をグングンあげていきます。


"成果" は必須

しかしながら実は①~⑤までは抜け落ちてても人気がある漫画は沢山あります。 "強すぎて大体の敵をワンパンチで倒してしまう" がテーマの「ワンパンマン」なんて、共通点の半分くらい抜け落ちてるのに超面白いです。

ただ、そんなワンパンマンも、ナルトも、ルフィも、出久も、炭治郎も、ゴクウも、王馬も、セナも、メリオダスも、ケンシロウも、一歩も、一護も、エドも、ターちゃんも、信も、みんな "成果" だけは必ず出します。

つまり「魅力的キャラクター」「アツいストーリー」は、「成果」とセットになる事で強烈に人を惹きつけるっぽいです

(いくら魅力的なキャラが強い信念のもと血みどろの努力をしても、雑魚的にも勝てず成果なしだと、同情はしてもファンにはなれなさそうです)


現実だと "キャラ/ストーリー/成果" に加えもう1つ

しかし大きな成果を上げようにも、みんなが認知する王道には既に怪物がゴロゴロいることが多いです。

なので現実に置き換えた場合、応援したくなる人は "キャラクター/ストーリー/成果" だけではなく、

①勝負する課題を自分で見つける問題提起力
②キャラクター
③アツいストーリー
④大きな成果

この4点が揃うと胸アツな展開になりやすそうだなぁと思いました!(個人的趣味)
多くの人が共感するような課題だとより魅力的になりそうです!


以上です!カレー食べてきます!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
イベント×セールステックベンチャー系CEO
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。