見出し画像

女子大生がデザインを外注したら、3ヶ月後にデザイナーになっていた話〜独学編〜

お久しぶりです。なみこ(@MediocreNami)です。
ようやくシリーズ3部作のnoteを仕上げる気になって、重たい腰をあげました。

前回のnoteでは、私がデザインの道を志したきっかけのお話でしたが、今回はデザインが仕事になる前に独学していた方法について書いていきます。
UIデザイナーをめざすみなさんの参考になればとっても嬉しいです!

1ヵ月目:狂ったようなインプット期間

UIデザインに関して右も左もわからなかったので、まずはSchooという動画学習サービスを使ってインプットをしました。

Schooの好きなところは、初心者向けにわかりやすく噛み砕いて解説してくれるところです。理解できない場合も何度でも見返すことができます。

2倍速でトータル150時間くらい、ひたすら動画を見ました。
デザインの基礎知識やデザインツールの使い方をはじめ、デザイナーとして働くことを目標としていたので「デザイナーの仕事とは?」「持つべきマインドは?」ということも学びました。

最近の受講履歴👇

Schooにはデザイナーを目指す方にオススメしたい動画が無限にあるので、別のnoteにまとめようと思います。

また、モチベーションを保つため&孤独死しないためにTwitterでデザイン専用アカウントを作ったのもこの頃です。とてもお世話になっています。SNS万歳。


2カ月目:プロのデザイナーに会いにゆく適性検査期間

この頃から「知識を詰めこんで頭でっかちになったけど、実際のデザイナーの仕事がわからない。なみこに適性はあるのだろうか。」と思うようになりました。

そこで、知人にウェブ制作会社の社長を紹介してもらいました。
その方はデザイナーを育成する新規事業を考えているとのことで、快く私を受け入れて席を作ってくださいました。
何もできないのでボランティア参加ですが、実際の業務に触れたことで「やっぱこれだ、デザインしたいわ」と自分の気持ちに確証が持てたのは大きな収穫だったと思います。

🔽その時にやらせていただいたこと🔽
・新規案件のデザイン提案会議に参加
・運用案件の定例会に参加
・ウェブサイトリニューアル企画のアイデア出し
・ちょっとしたデザイン業務(販促シール作成、図解のリデザインなど)

それから、デザイナー向けのイベントにもちょこちょこ顔を出すようになったのもこの頃です。「デザイナーって楽しいですか?」とうざい質問をして回っていました。すみませんでした。

ちなみに最近はデザイン初心者向けのイベントが増えている気がします。ツイッターで交流したことがある人とイベントで遭遇するとオフ会っぽくなって楽しいです。
どこに行くか迷っている方は、浅草のFLATというバーがオススメです。そこにいるデザイナーさんはみんな優しいです。

3ヵ月目:お願い仕事をください!ゴリゴリアウトプット期間

プロのデザイナーさんのお話を聞いていたらウズウズしてきたので、この頃からはアウトプットに重点を置くようになりました。インプットとアウトプットでいうと3:7くらいの割合だと思います。

🔽例えばこんなアウトプットをしていました🔽
・Daily UI でスマホサイズのUIデザイン(この頃アプリとウェブの区別がなかった)
・Cocoda!でアプリの企画&UIデザイン
・デザインのお仕事を無償でやらせてもらう

dribbbleに当時のアウトプットがあるのですごく恥ずかしいですが載せます。今となっては見るに耐えない作品たちです。こんなんでも事業会社のUIデザイナーになれたので、今デザインの勉強しているみなさんは安心してください。

無償で受けたお仕事は、Wixを使ったウェブデザインやイベント告知のチラシ、名刺などです。何かあればなんでもやります!スタンスでした。お仕事いただいたけども自分には難しすぎるヤバイどうしようということもありました。ご迷惑をおかけした方、本当にごめんなさい。雨の日も風の日も嵐の日もあるような期間でした。

なみこ流デザイン独学法のまとめ

以上が、デザインで稼げるようになる前に私がやってきたことです。
まとめると、知識は動画教材で詰め込み、プロのデザイナーと交流し、あとはひたすら手を動かしました。

デザインを仕事にすることを目標としていたので、アウトプット前提のインプットや人脈作りはを大切だと思います。

おまけ:SNSのススメ

大切なことなので2回言います!
私が独学のモチベーションをキープできたのは、TwitterをはじめとするSNSを通してデザイナーのコミュニティに参加できたからです。

アウトプットを自分の中だけに留めていたら出会わなかったであろう人がたくさんいます。その人たちとの繋がりがなければ今の私はないです。
「Twitterは見る専門なの」という方、よくわかります。私がそうでした。

SNSはあなたのインプットの質を高め、学習モチベーションをキープし、可能性を広げます。Twitter経由でお仕事がくることもあります。未経験からデザイナーを目指すのであれば、勇気を出してまずは3日間続けてみてください!
ちなみに私はデザインの勉強仲間を無限に募集していますので、よかったら絡んでください。

次回3部作の最終話は、実務未経験からお金がもらえるようになった「お仕事獲得編」です。
腰が重たくてしょうがないのですが、来月中に書こうと思います。(スキしてもらえるとモチベーションあがります💪)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、次の素敵な記事に回します!

うれしい!
181
クックパッド&個人でアプリやウェブサイトのUIデザインをしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。