見出し画像

アプレオークション YouTubeライブ配信ってそもそもニーズある?

株式会社アプレでは毎月11日と25日にアプレオークションを開催しています。(ちなみにオークションは古物商免許を持たないと参加できませんが、古物商免許は、行政書士の方にお願いすれば数万円で取得できます、特段スキルなど必要ありません)

今回2つの課題があったので、YouTubeライブ配信をやってみようと思いました。

1) オークションの下見会場に足を運べない

オークションは、ヤフオクのように一番高い価格を出した買い手の方が購入できるのですが、ヤフオクと違って、リアルに下見期間というものが設定されております。

下見期間中に実際にオークションに出品されている商品を手に取ることができ、商品の状態などを確認することができます。

もちろん下見に参加しなくても、オークションサイトで商品の写真が掲載されているので、その写真だけで、価格を決めてもかまいません。

コロナが収束しない今はとくに下見会場に足を運ぶことが難しくなっていますので、写真だけで価格を決める業者さんも多くなっています。

2) オークション業界はとてもクローズド

さてB2B企業はなかなか情報発信がうまくなく、せっかく面白い事やっているのにSNSを活用できておらず、認知度が業界のごく限られた方しか知らないことが多いです。

オークション業界はとくに、クローズドな業界なので、いったいどんな人がどんな感じで働いているのかわからないとよく聞きます。

YouTubeLive配信やってみた

そんな2つの大きな課題があったので、アプレの社員の方でこの業界15年の経歴がある方にライブ配信に登場してもらい、オープンな環境でオークション出品商材のことについて語ってもらいました。

商材については、YouTubeLiveのチャットに参加してくれた方に、どの商品について語って欲しいか募りました。

15年も経歴があると1つの商材についての情報量が半端ないです。

とてもわかりやすかったです!

LIVE配信チャット参加型でオンタイムで双方向にオークションを進行するのはとてもいいなと感じましたので、2月もトライしてみようと思います!!

そんなアプレオークションライブ配信の予告動画を作ってみました!

運営上の課題を見つけながら少しずつ進化していきたいと思います。

以上


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
三浦雄一郎_ビジネスデザイン・マーケティング研究ノート

新規事業立案時のやくに立てるようなノートを作成していきます!