砂原康治 (発明家)

発明家です。 主な発明品としては、待ち時間表示付き仮設信号機を日本で最初に開発し商品化しました。1998年に日本初のLED照明器具を商品化しベンチャーフェアにおいて審査委員会奨励賞を受賞いたしました。私はすべて実体験を書いていきます。https://shlomo.jp/
固定された記事

”発明家  砂原康治”のプロフィール

1.私は野良です。   下請けをせず、餌は自分で探すという意味です。 2.私がお相手する方   自社ブランドの製品をもつ個人事業主または法人    理由:日本のGDP…

作ったら売れると思うな。

売れる物を作れ。

コロナウィルスって復活の日に似てますね。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%81%AE%E6%97%A5

カーブミラーはなぜ曇るのか(2) ”空気吸込式”

この話は、このあと現在(2019年)も続いている開発ストーリーの始まりです。 概要  1993年の何月だったか忘れましたが、当時務めていた会社へあるカーブミラーメーカー…

しまなみ海道サイクリング 2016年

以前、娘が一人で自転車に乗り四国を一周しました。案外走れることを知っていたので、「しまなみ海道を一緒に走ろうか」と言ったところ「行く」とのこと。 2016年6月10日…

桐のカセットテープケースに焼印を押しました。

会社名を変更したあとロゴをデザインし焼き印を注文していました。 先日、届きました。 さっそく桐のカセットテープケースに押してみました。文字と文字の間隔が狭いので…