【9/28グローバルオープン】GPEのご紹介

【GPEとは?】

まずGPEに関してご説明していきますが、少し長くなりますので、
細かいことはどうでもいい。
とりあえずやってみたいという方は、
アカウント作成方法まで飛ばしていただいて大丈夫です。

それでは説明していきます。

Global Payment Ecosytem(GPE)
金融トレンドの最先端✨9/28 日本上陸‼️

画像5

GPEは、中国の人民元にペッグしたステーブルコインで、高度で緻密な独自のアルゴニズムによって市場へと流通していきます。

【ステーブルコイン/GPEとは?】
代表的なステーブルコインとしてUSドルにペッグしたUSDTなどがあります。
1ドル=1USDTのように基軸通貨と1:1の価値を担保した安定性の高いコインです。USDT同様、人民元にペッグしたGPEコインが誕生し、1GPE=1元の価値を実現しています。

つまり、仮想通貨ウォレット案件でよくある独自のトークン(XEX、VRTなど)とは違い、中国人民元と常に同価値になりますので、暴落のリスクはありません。

【GPE誕生の背景/マーケットの誕生】

現在発行されているUSDT総量の内、60%以上は中国人によって保有されていると言われています。

昨今、米中経済戦争が勃発し、両国の関係が悪化している中、USDTを使用するよりも自国通貨にペッグしたコインが誕生したとなれば、GPEにシフトしていくのは至極当然の流れと言えます。

既に世界の取引所ではUSDTマーケットがあるように、GPEマーケットが誕生しました。

USDTで様々なコインと取引が可能なように、GPEもまた、GPE ⇄BTC / GPE⇄ETH のような取引が可能になります。
実際のアプリ内の画像はこちら!
画像5

アプリ内でGPEを代表的な仮想通貨に交換できるのは安心できるPOINTです!

取引量世界ランキングでも常に上位を独占しているのは、いずれも中国の取引所です。

自国通貨にペッグしたGPEマーケットが形成されれば、自ずと莫大な流通が巻き起こるのは、目に見えた事実と言える事でしょう。

【GPEアルゴニズム】

GPEの総発行量は、50億枚になります。

その内、50万枚+αが市場に流通します。

ステーブルコインを発行する上で、大きく分けると担保型・無担保型に分類する事ができます。

基軸通貨資産担保型・暗号資産担保型とは、言葉の通りドルなどの基軸通貨を担保にコインを発行、BTCなどの暗号資産を担保に発行するコインになります。

USDTはUSドル担保型に分類されます。GPEは担保型とは異なり、無担保型のアルゴニズムによって流通していきます。

一般的に担保型の場合、会社による持ち逃げや預金凍結、価格変動による損失など、信任リスクが生じる可能性があります。

それらデメリットを解消した画期的なアルゴニズムにより、言い換えれば中央銀行のようなシステムで流通量を決定していくものです。

会社の業績などに左右されず、市場の原理によって流通し、価値は人民元にペッグしているため安心・安全・安定な資産形成が可能です。

これを実現するのには非常に高度で緻密な技術が必要になりますが、GPEはそれを実現しました。

【GPE報酬モデル】

こちらに関しては、後ほど運用方法で画像つきで解説しますので流し読みでも大丈夫です。

①独自の分割合成システム
(GPE=GE+PE)

購入したGPEは独自のシステムを用いて、GEとPEに分割する事ができます。

分割したGEは2倍に拡大・PEは3倍にそれぞれ拡大し獲得する事ができます。

例えば、10000GPEを購入して分割した場合、20000GEと30000PEを得ることができます。

GEとPEはそれぞれ独立しての使用はできず、ロックされた状態になります。

GEは毎日1%ずつが解除され、使用可能なGEが生成されます。

PEはボーナスによって3%解除され、使用可能なPEが生成されます。

ここでいうボーナスとは、紹介者を出した場合の報酬です。

上記のような場合、1%の解除で200GEが生成され、仮にボーナスを獲得し1000PEが生成されたとします。

GE+PEは1:1の比率で合成しGPEを生成する事ができます。

したがって、200GE+200PE=400GPEが生成される事になります。

さらに、ボーナスで獲得した1000PEは、合成に200PEを費やした為、1000PE−200PE=800PEとなります。

ボーナスで獲得した残りのPEはロックされずに、1:1でGPEと交換する事が可能です。

800PE=800GPEになります。

合成した400GPE+ボーナス800GPE=1200GPEが生成されたという事になります。

新たに生成された1200GPEは、1GPE=1元の価値としてキャッシュアウトする事も可能ですし、再購入すなわち複利で回す事も可能です。

②紹介者報酬

上記のボーナスに該当する報酬になります。

紹介者の人数によってタイトルが獲得でき、報酬も拡大していく仕組みです。

主にG1→G2→G3というタイトルが用意されています。

〈G1〉
自分の直下に6人の紹介者を配属する。
《3%のボーナスが6世代まで獲得可能》

↓ 昇格

〈G2〉
自分の直下6名がG2へと昇格する。
《3%のボーナスが15世代まで獲得可能》

↓ 昇格

〈G3〉

このように、紹介者を出して報酬も拡大していくシステムになります。

現有資産に応じて配当が入ります。
※10月30日〜 利率など現時点で不明。分かり次第更新します。

【GPEは全てが一体化した新たな生態系】

金融の歴史を遡り、現代に至る全ての金融要素を一つに集結させ一体化させたのが…

Global Payment Ecosytem(GPE)です!

さて、ここまでGPEについて解説してきましたが、このGPEは、今までのウォレット案件と仕様が違うので、頭の中が「???」になっている方も多いと思います。

その場合は手っ取り早く個人チャットでのサポートを受けた方がスムーズに解決しますので、ご希望の方はこちらの公式LINEにご登録してください。

画像1

【アカウント作成方法】

そではアカウントの作成方法についてご説明していきます。
まずは以下のリンクからアカウント作成画面に移行してください。

画像2


登録情報を入力する。

上記リンクをクリックすると以下の画面に切り替わります。
メールアドレスでの登録が簡単ですので、ここではメールアドレスでの登録方法を解説していきます。まず、赤枠の箇所をクリックしてください。

メール

すると以下の画面に切り替わりますので必要な情報を入力していきます。
上から
メールアドレス。
右側の4桁の数字。
確認コード。
パスワード。
再パスワード。
紹介コード「9520515」
になります。

確認コードですが、先に赤枠の①ボタンを押してください。
登録したアドレスに確認コードが送られてきますのでそちらを入力してください。

画像6

以下のように登録したアドレスに確認コードが送られてきます。
迷惑メールに入る可能性もありますので、届いていない場合はそちらを確認してください。

確認コード

全ての入力が完了しましたら青色のボタンを押してください。
これでアカウントの登録は完了です。

【アプリインストール方法】

アカウント作成の次はアプリをスマホにインストールします。
まずは下記のリンクよりアプリをダウンロードしてください。
※この記事ではiOSでのインストール方法を解説していきます。
アンドロイドの方でご登録ができない方はLINEより個別サポートを受けてください。

iOS
https://app.kuaixiaosc168.com/app/gpepay/ios.html
アンドロイド
https://app.kuaixiaosc168.com/gpevip

1.上記リンクをクリックすると以下の画面に移行しますので、青色のボタンを押してください。

画像9

2.ボタンをクリックするとプロファイルに関してのメッセージが表示されますので、許可を押してください。

アプリ1

3.iPhoneの設定からプロファイルをインストールしてください。

プロファイル

4.ホーム画面にアプリがインストールされます。

ホーム

【ログイン方法】

インストールされたアプリを開くと以下の画面になりますので、登録した情報を入力してログインしてください。

ログイン

ログインが成功するとこちらの画面に切り替わります。

画像14

【入金方法】

次にアプリへの入金方法について解説していきます。

1.ホーム画面から資産をタップ

入金1

2.入金したい仮想通貨をタップ(ここではBTCを選択)

入金2

3.貨幣をチャージをタップすると受け入れ用のアドレスが表示されるので、取引所からアドレスに入金してください。

入金3

これで入金は完了です。
入金が反映される時間は、仮想通貨により異なりますので反映されるまで待ちましょう。

【運用方法】

ここからが少し複雑になってきますが、運用をしないと配当を受け取ることができませんので、必ず行ってください。

基本的な作業は、

①ご自身が入金された仮想通貨でGPEを購入。
②GPEをアンロード(GEとPEに分割)
※この作業をすることで翌日から配当が支給されます。
③GEとPEを合成してGPEを取得
④合成したGPEをETHなどに変換して出金。
 または、再分割をして複利運用することもできます。

これの繰り返しになります。

1.入金した仮想通貨でGPEを購入する。

まず最初に、入金した仮想通貨をGPEに変換する必要があります。
ご自身の仮想通貨を別の通貨に変換するのに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、GPEは中国人民元のステーブルコインなので、最近価格が暴落したXEXのようなことにはなりませんのでご安心してください。

①ホーム画面から取引をタップ。

画像18

②入金した仮想通貨/GPEをタップ(ここではETHで説明)
次に「売る」をタップします。

画像19

③売買画面に切り替わるので、
「25%」、「50%」、「75%」、「100%」いずれかを選択。
もしくは指定の量を入力し、「売る」をタップ。

これでETH→GPEに交換が完了します。

画像20

2.購入したGPEをアンロードする。
①ホーム画面からアンロードを選択。

画像21

②GPEをアンロード(分割)します。

アンロード(分割)すると、
・GEの数量は2倍に増えて、ロックされた数量から毎日自動で1%が解除されていきます。
・PEは3倍に増えてロックされた数量から3%が解除されます。
※PEは紹介者の新規売上、分割売上から発生するボーナス分から解除されていきます。つまり、GEとは違い、紹介者が存在しない場合は自動で解除されないので注意してください。紹介者がいない場合でのPEの取得方法は後ほどご説明します。
・解除されたGEとPEを合成することで新たにGPEを得て、資産を増やしていく仕組みになります。

画像22

3.配当のGEとPEを合成してGPEを取得する。

①ホーム画面から合成をタップ。

画像23

②GEに50単位で数量を入力。
「PE」、「GPE」には自動で数値が入ります。
合成の確認をタップし、取引パスワードを入力すれば合成完了です。

画像24

【フリーPEの取得方法】

GPEでは、配当のGEとPEを合成してGPEを取得し、資産を増やしていく仕組みですが、PEは紹介者がいないと配当されません。その場合は、GPE→PEに1:1の比率で変換して、フリーPEを取得します。

1.両替するをタップ

画像25

2.GPE→PEに変換する場合。
①回転タイプは、利用可能なGPEを選択
②タイプは利用可能なPEを選択
③数量を選択。
④取引パスワードを入力し、決定するをタップ。
GPE→PEの変換が完了します。

PE→GPEの場合は、
①回転タイプは、利用可能なPEを選択
②タイプは利用可能なGPEを選択
で変換できます。

画像26

【GPE→別の仮想通貨変換方法】

1.ホーム画面から取引をタップ。

2.変換したい通貨を選択しタップ。

画像29

3.購入をタップ。

画像28

4.数値を入力し、購入をタップ。
これでGPEから他の仮想通貨に変換することができます。

画像27

【出金方法】

1.ホーム画面から資産をタップ

画像30

2.貨幣を受け取るをタップ

画像31

3.出金先のアドレスを入力し、「貨幣の引き出しを確認する」をタップ。
これで出金申請が完了します。

画像32

【アカウント作成はこちら】

画像2

【サポートLINEはこちら】

今回ご紹介したGPEは今までの配当型ウォレットとは少々使い勝手が違うので、困惑される方もいらっしゃるかもしれません。我々もまだ探り探りの状態です。

しかし、この案件はローンチから数ヶ月で飛んでしまうような案件ではなく、1年、2年と続いていく案件になります。

現在、アメリカドルのステーブルコインであるUSDTが仮想通貨業界でも大きく流通しているように、この中国人民元のステーブルコインであるGPEも今後大きく飛躍していきます。

今の段階で、運用を始めることで、2019年の内に投資原資を回収し、2020年、2021年と複利運用で大きな資産を築いていける案件ですのでこの機会にぜひともご検討をお願い致します。

運用に関してわからないことがありましたらこちらのサポートLINEに連絡してください。まだまだ情報が少ない状況ですので一緒に情報共有をしていきましょう。

IDでの検索はこちら:@889bixcu

画像1




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。