ATELIER VERT et NOIR  松島志織
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ATELIER VERT et NOIR  松島志織

リカオンと狼犬

画像1

羊毛で小さな犬を作っています。
最近はサイトハウンドや猟犬を作ることが多いです。

クラフトフェアまつもとに初めて出展した時の応募作品はリカオンでした。
狼犬と暮らしていた女性とフェアの会場で出会い、狼犬を作るようになりました。

クラフトフェアで様々な方と犬について話をし、それが次の製作へとつながっています。

フェルトと木工

画像2

長野に移住して10年になります。
母は羊毛を紡いで織り、私は特殊な針で刺して固めてフェルトの犬を作っています。

出展する母の付き添いで訪れたクラフトフェアまつもとに感動し、フェルトに本格的に取り組むようになりました。

シェーカー家具好きが高じて、移住後に上松技術専門校で家具作りを学びました。

理想の犬

画像3

昨年、工房の看板犬だったエルがなくなりました。
クラフトフェアやクラフトピクニックでエルに会いにブースに寄ってくださったみなさん、ありがとうございました。

エルは保健所で殺処分寸前だったところを保護され、我が家の愛犬になりました。

凛として美しい犬でした。

エルのような美しい作品を作りたい、エルの写真に見守られながら作業に取り組む毎日です。

犬と椅子

画像4

犬の絵や写真、椅子を見ることが好きで、展覧会巡りが趣味です。

応挙、芦雪、若冲、桜谷や栖鳳、橋本関雪の「唐犬図」、南蛮屏風など日本画の犬や、昔の壁画に描かれた犬に心惹かれます。

松本のグレインノートでの椅子展、子供椅子展は毎年楽しみです。

信濃美術館での「美しい木の椅子展」、「ウィンザーチェア」や小海高原美術館でのフィンランドデザイン展のような展覧会が再び長野で開催されないかと願っています。

コロナ禍で展覧会に行けないので、しばらくは本で我慢します。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!