40代からのヴィーナス・ケア

6

<C>にチェックが一番多い方は、ホルモンと自律神経の司令塔、頭ゾーンのケアを

女性ホルモンと自律神経のバランスを整えよう

こんにちは。ウェルネスライフ研究所の神藤多喜子です。

私は女性のデリケートゾーンのケアを“ヴィーナスケア”と呼んでいますが、今までお話ししてきたようにヴィーナスケアとは膣まわりのケアだけではありません。
女性には女性特有のさまざまな不調が起こりやすいこと、毎月生理があること、女性のシンボルであるおっぱいがあることなど、すべて「女性ホルモン」が関わって

もっとみる

<B>にチェックが一番多い方は、おっぱいケアを取り入れましょう

おっぱいも冷えるし硬くなる!
毎日自分のおっぱいに触れてみて

こんにちは。ウェルネスライフ研究所の神藤多喜子です。

私は女性のデリケートゾーンのケアを“ヴィーナスケア”と呼んでいますが、ヴィーナスケアをすることで、自分の身体を知り、身体からのSOSメッセージを受けることができます。

前回のコラムで<B>にいちばん多くチェックが付いた方は、おっぱいゾーンケア不足タイプです。おっぱいゾーンとは、

もっとみる

<A>にチェックが一番多い方は、VIOゾーンケアを取り入れましょう

恥ずかしがらずにケアすることで、不調や病気の予防につながります

こんにちは。ウェルネスライフ研究所の神藤多喜子です。

私は女性のデリケートゾーンのケアを“ヴィーナスケア”と呼んでいますが、ヴィーナスケアをすることで、自分の身体を知ることができます。

前回のコラムで<A>にいちばん多くチェックが付いた方は、VIOゾーンケア不足タイプ。恥骨・会陰・膣まわりなどの性器から、肛門から仙骨までの「VI

もっとみる

ヴィーナスケアのためのセルフチェック あてはまるものはいくつありますか?

自分の身体の状態を知るために、
まずはチェックしてみましょう

こんにちは。ウェルネスライフ研究所の神藤多喜子です。

あなたは自分の身体のこと、女性の身体の仕組みについて、どれくらい理解していますか? なぜ毎月生理が来るのか、生理が来なくなったのか、ちゃんと理解していますか? 

自分のおっぱいや膣まわりも、顔と同じように触れてケアしてあげれば、どんどん愛おしくなり、調子のいいときと悪いときの違

もっとみる

自分の中の“ヴィーナス”と向き合うことで、あなたはもっとキレイにもっと幸せになれます

女性のデリケートゾーンは「膣まわり」だけじゃない!

こんにちは。ウェルネスライフ研究所の神藤多喜子です。

みなさんはデリケートゾーンという言葉を聞いて、身体のどの部分をイメージしますか? 多くの方が膣や会陰(えいん)といった膣まわりをイメージすると思います。しかし、私が定義する女性のデリケートゾーンは膣まわりだけではありません。

女性を象徴する「おっぱい」や「子宮」、そしてそれらの司令塔であ

もっとみる

女性の中にある「ヴィーナス」に向き合おう

膣トラブルや尿もれなど、人に言えないデリケートな悩みが深刻化してる40代。骨盤底筋群とそれに関わる部位は、女性が女性としての体を正しく理解して、原因をちゃんと知りケアすることで、いつまでも美しく健康で豊かな生活を送ることできるカギとなります。

私たちは「女性性」の象徴ともいえるヴィーナスから着想し、デリケートな部分に向き合うことを「ヴィーナス・ケア」と名づけました。 

女性1人ひとりが自分の中

もっとみる