見出し画像

1ヶ月かけてミニマリズムってるけど効果ヤバいな

控えめに言って効果が絶大です。控えめだぞ。控えなかった1/1スケールの表現を人類はまだ発明できていない。それくらいすごい。ごめん自分でも何言ってるかわかんない。

断捨離とは、いま持っているものを

・捨てたり
・減らしたり
・やめたり

することで、心身のクリーンアップとデフラグをしましょうというもの。要はキレイにスッキリさせるってこと。

そしてミニマリズムは、この場合ではシンプルで洗練された生活を心がけることを言います。実は芸術由来の言葉なんだけど気にしないで。

断捨離は誰にでも簡単にできるし、ミニマリズムのエッセンスを採り入れることはたぶん多くの人に有益なので、シェアしてみますね。

ぜひやってみて。

“やらないこと”を決め、ツール類を処分したところ、

“やること”が多すぎて何も手につかない私は、”やらないこと”を決めました。リソースの分散を抑え、やるべきことに集中するためです。

・webデザイナー・コーダーを目指す転職活動
・読書
・ピアノ
・web上での情報発信

これらを”やること”に定めました。

(いやまだ到底定まってない気もするんだけど)

一方で筋トレ、DJ、カメラ、スノボ、ボルダリング、英語学習といった半端に終わっているものは”やらないこと”とし、ツール類を処分しました。戻る手がかりを残さないことで、踏ん切りをつけるためです。やりたくなったらまた買えばいい。

で、これがまたすごいよかったわけさ。

これがミニマリズムってやつか……

処分したものは、どれもが、かつてやりたいと思ったことに関するツールです。

だから「(処分したことで)後悔するものが一つくらいは出てくるかもなぁ」って思ってたんですけど、ぜんぜんそんなことありませんでした。

むしろスッキリしたさ。後戻りできなくしたことで。

やりたいことが多すぎるときは、「今日はあれをやって、これをやって、明日はこれをやって、今週はあれができなかったから来週やって」と、その采配に非常に苦労していました。いわゆる”決断疲れ"ってやつですね。

でもいま、その必要がないの。だってピアノか読書かwebの勉強しかないから。

(これでも多い気もするけどな……!!!!)

おお、これがミニマリズムかと。いや、”ミニマリズム"という語義通りの体験とはちょっと違うかもしれんけども。

必要なものだけを残して手放す。無闇に持たない。そうすることで、やるべきことだけに自然と集中しやすくなる。

ミニマリズムのエッセンスに触れた私はさっそく調子に乗りました。

いいぞ。もっとやる。

画像1

せっかくなのでもっとやった

うおォン。俺はまるで人間衛生センターだ。

味をしめた私は、他にもさまざまなものを断捨離しました。

・押し入れに溜め込んでいたゴミ、不要物、コレクション
・HDDやDropboxの不要データ
・使用していないwebサービス、月額サービスのアカウント削除
・SNS上の心を蝕むフォロワー、フレンドの解除(関わりの薄い人も)

画像2

押入れから出土した古代人の遺物。当時の生活が窺える。誰が古代人だ。

断捨離は現在も継続中。次に着手するのはコスプレ衣装の断捨離です。たぶんもう着ないやつがけっこうありますww

ミニマリズムってみて、実際どうよ

とにかく心が穏やかです。

まず、積みタスクが解決されスッキリしました。ここで言う積みタスクとはほとんど、押し入れに押し込んで見て見ぬふりをしていた不要物のこと。控えめに言ってゴミです。

ゴミの放置は積みタスク(やるべきこと)の放置に他なりません。そして、積みタスクを「いつかやらなきゃ」と思っている間、ずっと心にデバフとか、スリップダメージが入っていたわけです。

積みタスクの解決により、部屋にある無駄なモノが減りました。言い換えると、部屋にいる間に目に入る情報も減りました。思い返せば、ゴチャゴチャした部屋は非常にストレスフルだったわけ。

"部屋の散らかりは心の散らかり"とはよく言ったものですね。

部屋にある無駄なモノが減り、無駄な情報が視界に入らなくなったことに加え、スマホやSNSからのデジタルな情報も整理し、厳しく制限したことで、やるべきことに集中しやすくなりました。

逆に、やるべきことのトリガーになるものは積極的に見えるようにしています。たとえば本棚は大きなものを買って、ピアノと同じ部屋の見やすいところに配置しています。

画像3

断捨離は誰でも簡単に始められる

断捨離ならではの特色としては、足し算ではなく引き算が中心だってところでしょう。

・捨てる
・減らす
・やめる

っていう引き算をすることで効果を得る行為なので、誰でも簡単に始められます。

さらに、これだけの効果があるうえ、コストがほとんど掛かりません。ゴミの処分費用とか多少の資材は必要ですが、それは値段のつく不要物を売ったお金で間に合ったり、むしろお釣りが来ることもあります。

さらに断捨離は、一度やってみたら、効果がかなり長く続きます。

いや私もやって1ヶ月だけど。手放したら、もうないんだもの。入ってこない限り。しかも、"余計なものを入れない"っていう姿勢を作ることまでセットなわけで、効果はそりゃもう長続きするはずです。またとっ散らかった状態にならない限りは、効果は永続します。

かたや、一般的なストレス解消や心身のリフレッシュといえば、費用が必要なうえ、効果も一時的です。すぐまたやりたくなります。

それを考えると、すぐ誰でもでき、効果が長続きする断捨離は、費用対効果が非常に高い行動だと言えます。

画像4

じゃぁ私は“微ニマリスト”になるわ!

わたし"微ニマリスト"になろうと思います。ミニマリストの世界観に倣うことで得られるものが大きいと感じました。

とはいえ、ステレオタイプのミニマリストみたいに、真っ白い部屋に住みたいとまでは思いません。あれはさすがに刑務所みたいに見えるさ。

もうちょっと活力のある感じでいたいです。俗物でもありたいわけ。もうちょっとラブライバーっぽくしたい。

だからほんの少しだけ、ミニマリズムっていく。”微ニマリスト”です。

・この状態を維持し、ていねいな暮らしをしていく
・やるべきことを絞って、集中して取り組んでいく
・でも欲望には正直に生きる

このようなライフスタイルを作っていこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あなたの生活や人生にプラスになる、良質な記事の執筆に務めています。 しかし残念ながら、その努力を私自身の生活の足しにできているかと言うと、疑問です。 気持ちばかりでも構いません。あなたの人生にこれだけプラスになったよ、という金額をカンパしていただければ幸いです。

あざっす!
9
私だ。女装男子です。月4-5冊ほど読書します。海外ベストセラーの邦訳書が中心。最近は世界史と自然科学も読みます。noteでは、読んだ本の感想と、読書にまつわるライフハックについて書いています。html, css勉強中。

こちらでもピックアップされています

コラム
コラム
  • 6本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。