あまのじゃくの飼い方
天邪鬼3

あまのじゃくの飼い方

      1

 夏休みも半分をすぎたある日、タカキは家の庭で一匹の天邪鬼をみつけた。
 自由研究をなににしようか迷って、植物の観察日記でもつけようかと、庭を見回していたところだった。
「あんらめずらしい。あまのじゃくじゃないけ。このあたりにもまだいたんだなあ」
 縁側でお茶を飲んでいたばあちゃんが、湯のみから湯気ただよわせながらそう言った。
 あまのじゃくって言うのか。タカキはかがみこみ、そのちいさな鬼をよく見てみた。これは自由研究にいいかもしれない。みんながあつかわないような題材を選びましょうって、富子先生も言っていた。
 天邪鬼は池の水辺にのびてひくひくとしている。どうやら衰弱しているもよう。なにか食べ物が必要だ。タカキは冷蔵庫をのぞきこみ、なにかないかと物色した。とりあえず朝ご飯の残りの玉子焼きと、シャケの切り身を失敬だ。
「それ、あまのじゃく。エサだぞ」
 タカキは玉子焼きとシャケの切り身を差し出すのだけれど、天邪鬼はぷいと無視した。
 これは食べないのかなと思って、またキッチンを物色する。食パンを一枚と、バナナを失敬。天邪鬼にやるのだけれど、天邪鬼はこれまた無視。一体なにを食べるんだろう? ドッグフードに手をかけると、ペロがわうっとほえて抗議した。ごめんと謝りながらまた失敬。天邪鬼は完全無視。
「タカキ! 食べ物で遊んじゃいけないっていつも言ってるでしょ!」
 お母さんの雷が落ちた。
「……怒られちゃったじゃないか」
 玉子焼きと、シャケの切り身と、食パンとバナナとドッグフードとポテトチップスとバニラアイスとお徳用カニ缶に囲まれて、タカキはがっくり肩を落とすのだけれど、天邪鬼は知らん顔。
「食べたくないなら、べつにいいよ」
 タカキが片付けようと手を伸ばすと、さっとその手から玉子焼きをさらう天邪鬼。シャケの切り身も食パンも、バナナもドッグフードもポテトチップスアイスカニ。一切合切手を伸ばし、もぐもぐ一気にたいらげてしまうと、また知らんぷりして眠りだした。
 タカキは二階の自分の部屋からノートをとってくると、表紙に『あまのじゃくの飼い方』とタイトルをつけた。
 それから『エサのやり方』と章を作って、ちょっと考えてから書きこんだ。
『エサをやろうとしないこと』

「タカキ、ペロの散歩に行ってきて」
 お母さんに言われ、タカキはペロを連れて外へ出た。
「あまのじゃくも元気になったなら、散歩へ行こうよ」
 タカキはそう言って誘うのだけれど、天邪鬼はひたすらだるそうに、後ろ手に手を振ってみせるだけ。
「しかたない。ぼくたちだけで行こう」
 とペロに言って、タカキはくるりと背中を向ける。すると後ろからだだだと一直線に、駆けてくる足音は天邪鬼のもの。
 足下にペロと天邪鬼を従え、タカキはその場でノートを開くと、『散歩のしかた』と章を作って、考え考え書きこんだ。
『散歩をしようとしないこと』

 夏の日差しは気持ちがいい。タカキたちは公園まで来ると、フリスビー遊びをした。
 ペロがキャッチしようとするのを、横から天邪鬼が取ってしまうので、ペロは不満げ。天邪鬼は取ったフリスビーをなかなか返してくれない。『フリスビーの返してもらい方』の章は、『フリスビーを返してもらおうとしないこと』になった。
「おいあまのじゃく。順番を守ってよ。ペロは友達なんだから」
 不満げなペロをなだめると、タカキは天邪鬼に向けて笑いかけた。
「仲良くやろうよ」
 そう言ってタカキが手を差し出すと、天邪鬼は脱兎で逃走。あっという間にちいさな点に。
「じゃあいいよ。仲良くしないでいい」
 天邪鬼はダッシュで戻ってくると、伸ばしたタカキの手をとって握手。
 タカキはノートを開くと、ペンを走らせた。
『仲良くなり方』と章を作って、ぴしりと一行、書きこんだ。
『仲良くなろうとしないこと』

 そんなこんなで、夏休み明けの学校で、タカキは『あまのじゃくの飼い方』を自由研究の成果として提出した。なかなか面白い題材をみつけましたね、と富子先生はタカキを褒めた。
「先生も、来年、定年退職したら、故郷へ天邪鬼でも探しに行こうかしら」
 富子先生は言った。
「でも、もうちょっとクラスのみんながまとまってくれないと、心配で定年もできないわね」
 富子先生は吐息をついた。

      2

この続きをみるには

この続き: 7,611文字

あまのじゃくの飼い方

針とら

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小説家。児童小説中心に活動してます。 「絶望鬼ごっこ」シリーズ(集英社みらい文庫)、「死神デッドライン」シリーズ(角川つばさ文庫)、「恐怖の帰り道」シリーズ(学研プラス)など。 noteでは雑記とか創作論とかプロットとかをちょろちょろと書いてます。