見出し画像

【ネタバレあり】集え!うましかの精鋭たちよ!CUE DREAM JAM-BOREE2016に行ってきたぞ!【よしなに】

この記事は2016年8月5日にhttps://solalab.com/で書いていたブログの記事を一部改変し移行したものになります。

注意
下ネタが多数含みます。苦手な方はご注意を。
かなりうろ覚えです。多々、間違っているところがあると思いますが、雰囲気だけでも感じていただければと思います。

CUE DREAM MALL

まずは、グッズ販売などをしているスペース、「CUE DREAM MALL」へ。
実は、30日昼公演の前にグッズ列並んだのですが、捌ける様子がなく途中で断念。だったら、周りを見てたほうが良いなぁと思い、会場付近をぶらぶらしてました。
ブースには、オフィシャルグッズを始めとした、様々なグッズの販売。
北海道内のローソンとのコラボ商品「キューちゃんどらやき」、「ザンギバーガー」、「濃厚味噌らーめん」の販売。
札幌市のパン屋さん、boulangerie coron(ブーランジェリー コロン)とのコラボ商品「Haskapp JAM BOREE 2016」という名前のジャム!
その他にも、北海道の素材に拘ったお菓子を販売している「北菓楼」。
オフィスキューホームページ掲載の熊本支援プロジェクトで紹介された「熊本豚骨ラーメン」を、鈴井貴之さんがデザインしたオリジナルパッケージでの限定販売。
HMVブースでは、アーティストのCDやNACSのDVD販売。モンキーパーマブースでは人気商品の取扱のほか、撮影ブースも!
CUE FAN MOBILEはオフィスキューの公式モバイルサイト。月額300円で様々なコンテンツを楽しめるのですが、その目玉と言って良いのが、タレントによる写真付きの日記「CUE PHOTO DIARY」(通称「フォトダイ」)。今回は、そのフォトダイを、会場にいるみんなでジャックしようという企画がありました。
実際にブースに行って、スタッフの方に写真を撮っていただき(iPhone6だったかな?)、用紙を記入して終了。
実際に公開されるかどうかはスタッフの力量(?)ですが、多くの人がブースにいました。Twitterで繋がっている方で公開されてた方がいたなぁ。
ファンクラブ「ThankCUE」ブースでは、入会更新手続きの他に、ファンクラブ限定グッズの先行販売もありました。ショルダーバッグ、未だにちょっと悩んでます。
そして、写真撮影のブースがまた別に設けられていて、こちらは一枚1,000円(BGサイズ)でツーショット写真が撮れるというもの。
少し覗いたんですが、撮影機材が割りとガチだったので、1,000円の価値は充分あるんじゃないかなぁと思いました。

開演前のお楽しみ

恐らく、殆どがTEAM NACSのファンの方だと思います。
中には、モンキーパーマのキャラクターのコスプレや、舞台の衣装のコスプレなどしている方もいらっしゃいました。
もちろん、市販では売っていないので、全部手作りなんだろう。
みんなすごいなぁ…近くでちらっと見たけど、結構細かいところまで作られてたので、その技術ほしい。
そしていざ、会場内へ。会場内の写真撮影は禁止なので、絵はありませんが、大体6,500人ほどの規模で、
メインステージがあり、アリーナとスタンドの間の両サイドに通路、会場全体の丁度中央付近にサブステージがあります。
モニターはメインステージの後ろに3つ。

森崎商店のオフィシャルグッズ紹介

開演の15分ほど前?ぐらいにモニターに映像が流れます。それが、森崎博之さんによるオフィシャルグッズの紹介。(本会場のみ。ライブビューイング会場ではありませんでした。)
ファンにはお馴染みの、「おいー!」から始まり、一通りすべてのグッズを紹介していくのですが、面白かったのがFANTANのグッズ紹介。
今回のFANTANグッズには、ちょっと変わったものが…
森崎さんも「これはダメだろ〜」と言いながら紹介していました。
それが、FANTANアクリルスタンド。
(FANTANのお二人の写真をそのままスタンドにしたもの。詳しくはTwitter”#どこでもFANTAN”というハッシュタグで検索を!)
老舗のデュオ、ということでファンも多いでしょう。
しかし、面白かったのはここから。
FANTANのアクリルスタンドの使用例として、通常なら、デスクに飾るとか、そういう使用例があるのですが、
トイレタンクの水が出るところに置く
という、想像の斜め上を行く映像が流れました。
アクリル板だから、水に濡れても平気だね★と言わんばかりのスタッフの盛大なボケっぷり。
最高でした。
先程も書きましたが、Twitterのハッシュタグ、”#どこでもFANTAN”では、ファンの皆さんの色んなFANTANが見れます!是非!
文字だと面白くないけど、映像だとほんとうに面白いの!DVDに収録して下さいお願いします。

ウマシカ精鋭は、本当に精鋭揃いでした

オフィシャルグッズの紹介が終わった後だったと思うんだけど、
私が参加した、30日昼・夜の2公演は、ウマシカ精鋭によるウェーブが発生!
誰がやる!とかっていうのはもちろん決められてなかったんだけど、ふと反対側の客席(1階スタンド)を見たら、ウェーブが始まったではないですか!
1階スタンドを一周した後は、アリーナの人もやって下さって…
30日夜にいたっては、2階席までやってくださってました\(^o^)/感動したなぁ!!!!こういうの、いいよね!!!

開演

そして、開演ブザーが鳴り、いよいよCUE DREAM JAM-BOREEが始まります。
オープニングの映像は、とにかくかっこいいの一言。
少しSFちっくで、デジタル感溢れ、宇宙を連想させるような感じの映像が流れます。
出演者の名前が出て、音楽に合わせてそれぞれのキャストが振り付けを披露。
その振付は上半身(腕)だけの振りではありますが、4拍4小節の短いフレーズを踊ります。
振付はすべて同じ。
オクラホマのお二人、大下宗吾さん、北川久仁子さん、小橋亜樹ちゃんがそれぞれ紹介されました。
お待ちかねのTEAM NACSの5人。
NACSは5人揃って、同じ振りを踊ってました。揃うと本当にかっこいい。
過去のライブDVDを見てると、一人ずつ登場していたのですが、今回は5人一緒の登場でした。20週年を意識してるんですかね?
そしてラストは、「生涯現役」。オフィスキュー会長、鈴井貴之さん。
もうね、そこに立っているだけでオーラすごい…。結構離れてるけど、あの方のオーラは凄まじい。
会長が出てきてからは、全員で振りを。今度は、4小節だけじゃなく、そこから派生させた、超絶かっこいい振り付けをお披露目してました。
振りがあったのは、上半身(腕)だけだったけど、その振りが全員揃ってると、本当にかっこいい。
パッと見、難しそうに見えたので、私は祈るように見てました。
もうね、「きゃー!!」どころじゃない。間違わずに無事にやり遂げることだけを祈ってました(特に安田さん)
振りが決まってからはもう拍手。頑張った!よく頑張った!
オープニング映像と、出演者の紹介が終わり、続けて「Party ya!!」へ。
そのまま全員での歌で、ステージを駆け巡って、歌って踊ってました。
個人的にですが、これ、サビの部分はタオル回したい衝動にかられるのですが、別にタオル曲ではなかったんですね…。
曲は月光グリーンのテツヤさんが担当。キャッチーで、ノレる、印象的な曲でした。
最後の決めポーズ、会長はただただそこに立って、両手上げるだけでしたが、かっこよかったですよ!会長!
そして、一曲歌い切るだけで、息切れもしているCUEメンバー…。好き…。


月光グリーン

アーティストは全3組。そのトップバッターを務めるのが、ロッグバンド「月光グリーン」です。
演奏曲は、8月3日にリリースされる新曲「落花流水」を披露。和ロックテイストでめちゃくちゃかっこいい曲でした。
個人的には、フィルインがブレイクになっているところがお気に入り!(伝わらないかなw)


Chima

続いてはちまちゃん!くぁわいいいいいいいい!!!!!!ちっこくて可愛い!!!
アコースティックギタ ーを奏でるシンガーソングライターです。
すみません、曲名が分からなかったです。おそらく、8月3日にリリースされるシーズンアルバム「夏のおはなし」内に収録されてる曲かと思われます。
横揺れのまったり曲で癒されました。
(30日夜公演の時、マイクトラブルがあって最初の方が聞こえなかった…。やり直さなかったから、なんだか腑に落ちない感じ…。せっかくのChimaちゃんの歌なのになぁ。)


綾野ましろ

私、ましろん大好きなの。
ましろんは、今回、8月3日にリリースされるシングル「Lotus Pain」を披露。テレビアニメ、「D.Gray-man HALLOW」のEDテーマ曲です。
作曲は安田顕さんのお兄さん、安田史生さんが担当されてます!
スローテンポで壮大な楽曲になってて、ボーカルにもパワーがあってなかなかいい曲。そして、弦の音が素晴らしい。
以上、アーティスト3組は、それぞれ1曲のみでした。個人的にはもう1曲ずつぐらい聞きたかったんだけど…
それはもうワンマン行けってことかな…。
ましろんの曲はよく聞くんだけど、「Vannila Sky」とかやってほしかった。(私のオススメw)
きっと、会場にいる客層はNACSのファンが多いと思うから、ぜひ、CUEアーティストの曲をもっと聞いてほしいなぁ。

悪童 -episode.0-

ここからは、TEAM NACSが2015年に全国公演した「悪童」のスピンオフ(?)の舞台です。
今回は大泉洋さんの脚本、演出ということで、絶対に笑えるんだろうなとは思っていましたが、笑ったし、泣きました。
「悪童」そのものを知らない人もいると思うので、今回の舞台のキーワードとなる部分のシーンをまとめた映像が5分ほど流れます。
「悪童」本公演は、中学時代に一緒だった卓球部の仲間が、その仲間の一人によって廃墟に集められ、当時の思い出を思い出していくもの。
そして、今回のエピソード0は、その中学時代が舞台となります。
大泉洋演じるエロッチが、中学時代の卓球部の部室にタイムスリップして(夢を見て)。
…という感じに始まります。
映像が終わったら、ライトが当たり、舞台セットはどうやら部室のよう。
舞台中央の机にうつ伏せで、エロッチが白目むいて寝てました。(これが出落ちってやつか…)
エロッチ「ここどこだ?馬鹿田中学の卓球部の部室じゃないか」
そして、なぜここに入れたのか不明だが、
TEAM NACSの舞台「HONOR」で安田顕さんが演じていた「ケンタウロス」(上半身裸で、下半身は馬)が舞台上手から下手に向かって爆走していきます。(ケンタウロス役はNEXTAGEの戸澤亮さん)
それを、原始人みたいな格好をした人たち(NEXTAGEとNORDメンバー)が追いかけていきます。
どうした
ここでエロッチ、「これは夢だな」と確信しました。
舞台中央上手寄りには、卓球台の上に布団を敷いて寝ている、西クン(音尾琢真さん)が。(上手=客席から見て右側)
エロッチはここで起こそうとしますが、その時、
チャック(戸次重幸さん)に続いて、紺ちゃん(森崎博之さん)、巻(安田顕さん)、藤尾(オクラホマ藤尾仁志さん)が部室に入ってきます。
どうやら、チャックが紺ちゃんと巻の卓球のラケットを隠したという。どこにあるか紺ちゃんと巻が問い詰めていました。
チャックがどうしても吐かないので、紺ちゃんが脅すのですが、
「どうしても言わないなら、デコピンするぞ」というセリフが出てこない紺ちゃん。
チャックに助けてもらいながら、なんとかセリフを思い出してました。
そのセリフでチャックが隠し場所を吐くのですが、その隠した場所とは、
「紺ちゃんのおばあちゃんのおっぱいに挟んできた」
…………お前ってやつは
ちなみに、紺ちゃん(森崎さん)の東川の実家には回転ドアがあるようです。(これ、事実だそうですよ。)
玄関開けて、回転ドアがあるんだけど、回転ドアだから回るじゃないですか?
その回った時に、玄関に並べてある靴が全部持って行かれるそうです。笑った。
そして、エロッチも会話に加わっているところに、「西クンを起こそうぜ!」という話になるのですが、
ここで紺ちゃんがペンを出して、顔に落書きをするといういたずらを企みます。
すっかり乗り気な4人と、ちょっと気になる藤尾。
紺ちゃんが色々書いている時に、エロッチが、「西クンwwwww紺ちゃんを睨むのやめてwwwww」と言っていたので、
きっと、落書きをしているそこでは、西クン(音尾さん)が、めっちゃ睨んでたんだろうと。
その落書き、おデコに”東”と書いていました。(西クンなのに)
エロッチ「若干、東クンになってるけどね」
それでも波風を立てるのが嫌いな西クン。落書きされても怒ることはなく、終始ニコニコ。
西クンも起きたので、練習を開始しようとするのですが、紺ちゃんと巻のラケットはチャックに隠されて、今ありません。
それを思い出した紺ちゃんと巻は、またチャックを追いかけまわして、舞台奥にはけます。
それに続いて西クンも、落書きを落としてくると言って、部室を出て行き、舞台上はエロッチと藤尾の二人に。
藤尾が掃除を進めるのですが、エロッチは藤尾に、卓球部の一員である「とん平に会いたい」と言います。
藤尾は「1時間目ならおったけど、そのあとは知らんなぁ。でも部活には来るんちゃう?」という曖昧な答え。
そう言っていると、「とん平来たで!」と藤尾が言い、いよいよとん平登場か!?と思われたその時、
部室に入ってきたのはチャンさん(大下宗吾さん)でした。
韓国から留学してきたというチャンさん。文化祭の卓球部の出し物を早く決めてくれと、催促に来たそうで。
このチャンさん、かなりハマリ役でしたw
喋り方とか片言で、韓国人っぽい感じがにじみ出てて、すごい良かったですw
エロッチ、「俺はとん平に会いたいんだよぉ!!」と言っていると、チャンさんが「とん平くんならさっき見たよ」とのこと。
いよいよとん平か!!!???
出てきたのは、鴨田先生(オクラホマ河野真也さん)でした。
手にはハリセン、髪も薄め…いかにも怖そうな先生。
それを見たエロッチは、「ハゲでデブでメガネだな」とか言いたい放題なのですが、
鴨田先生が持っているハリセンで叩かれるのは、藤尾とチャンさん…
藤尾「エロッチが言ってるから、エロッチ叩いてくださいよ!!!!!」と訴えますが、
鴨田先生「とりあえず、お前ら二人を叩けってト書きに書いてた」ときちんと台本どおりのお芝居でした。
それでもまだ、とん平は出てきてません。
鴨田先生が「とん平なら、今廊下にいたぞ?呼ぶか?」とのこと。
鋭い方なら分かるでしょう。
この段階で、まだ出てきていない、男性といえば…
部室のドアが開き、入ってきたのは、とん平(鈴井貴之さん)でした!
メイクもすごい。昭和のガキみたいなメイク。丸メガネで、鼻垂らしてて…。鈴井さんってこういう、ちょっと変な役、合いますよねw
悪童を見た方はわかると思いますが、とん平がやってたというネタ、「お疲れ〜た〜」もお披露目。
とん平「エロッチぃ〜、また、僕の教科書にエッチなマンガ書いてよぉ〜」とか言っちゃうし、本当、想像通りのとん平でした…
エロッチととん平が戯れていると、鴨田先生が「今日は、卓球部のOBの先輩が来るから掃除をしろ」と。
そのセリフからすぐに、チャックと紺ちゃんが走って部室に戻ってきて「先輩が来たぞ!!!」というので、
鴨田先生を除く、卓球部の部員が、椅子に座り始めるのですが、巻と西クンがいません…。
「それで、その先輩が来たんだ?」と聞く鴨田先生に対し、
チャック(紺ちゃんだったかな?)「卓球部始まって以来の天才、安田先輩です!」
舞台奥にある部室のドアから、安田先輩(安田顕さん)が登場します。
(安田先輩のビジュアルはググってみてね!ロン毛にメガネのキモいやつです。)
「こんにちは、安田です」
「何か質問はありますか?ありませんね。」
半目で、瞼と唇をプルプル震わせながら演じる安田先輩。


【30日夜】
「エッチな話と、お毛毛の話、どっちが聞きたいですか?」
「お毛毛の話ですね。」
「下のお毛毛がなぜ、縮れているか分かりますか?」
「陰毛は生きているからです。」
凄まじい安田先輩ワールドが繰り広げられます。
「なんで台本どおりやらないの!!!???」「陰毛は!!!!!生きてないっ!!!!!!」と言いながら、地団駄を踏み、崩れ落ちるエロッチ。
大泉さんの書いた脚本をことごとく裏切る安田先輩。


【31日昼】
「為になる話とお毛毛の話、どっちがいいですか?」
「今日は最終日なので為になる話をしましょう。」
おっ?今日は為になる話か!
と思ったのもつかの間。安田先輩が素直に為になる話をするわけがない。
「日本はティッシュの消費量が高いです。」
「なぜだと思いますか?」
「それは、日本人はオ○ニーをすr(自主規制」
さすがです。
ついでに言うと、31日公演。
用意した衣装をちゃんと着ない(下半身の衣装を履いていない)安田先輩。
「なんで用意した衣装着てないの!!!???衣装合わせまでしたのに!!!!!」というエロッチに対して
安田先輩は、こう答えました。
「いい質問ですね。」
「なぜ着ないのか。」
「そっちの方が面白いからですよ」
_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> そっちの方が面白いからですよ <
‾Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^‾
「そんなわけで今回は皆さんに紹介したい商品があります。」と安田先輩。
もう、嫌な予感とか、いろいろすっ飛ばして期待しかないんですが、期待の斜め上を行くのが安田先輩。
「簡易トイレ、”またがって”です」
と、衣装の下に隠していたおまるを出演者側に向けて見せます。(客席には後ろを向いている状態)
その様子をすかさず藤尾(画伯)が絵に残すのですが、
なんていうか、見えてる…wwwwwww
本当に見えてたかどうかは分かりませんが、藤尾画伯の絵によると少しだけ見えてる状態でしたw
そんな、安田先輩のザ・ワールドが繰り広げられているところに、
「貧乏人ども!!!!!!」という声が。
みんな大好き、後藤利喜男(音尾琢真さん)が、アリーナ中央扉からトロッコに乗って登場。
お金(お札)をばら撒きながら、「受け取れ〜い!貧乏人ども!!!!ハッハッハ!!!!」と言いながら、ステージ中央へ向かいます。
なんでも、利喜男がこの馬鹿田中学に通っていた頃のこと、
「通知票でオール5ではなく、オール6をくれ」と言ったが断られたため、その腹いせに、親に言って学校を買取り、オーナーとなって、馬鹿田中学という名前にした。
という話でした。
「安田先輩にご挨拶を…」と言い、それを受け入れる安田先輩。


【31日昼】
文字での説明は難しいのですが、利喜男が安田先輩の股間に顔を近づけ、
「昔、安田先輩の布団に寝ゲロしてごめんなさい!!!!!」
というカミングアウトをしてました。
もうやだこの人たち


【30日夜】
事前に、「後藤利喜男がイリュージョンをする」というのを聞かされていた鈴井さん。
ですが、これは脚本大泉洋さんによる復讐(?)でもありました。
後藤利喜男のイリュージョンは実は嘘。本当は、とん平と甘いもの対決をさせるというものでした。
水曜どうでしょうの対決列島を見たことがあるならご存知でしょうが、鈴井さんは甘いモノが苦手。
どうでしょうで色々やらされていた、大泉さんなりの仕返しでしょうか。
ルーレットをまわし、後藤利喜男がダーツを投げるのですが、ダーツの矢が刺さった人が、とん平と勝負することに。
枠的には、チャンさん(大下さん)、鴨田先生(河野さん)、藤尾(藤尾さん)が半分ほどを占めていたのですが、
NACSの5人(ダーツを投げる音尾さん)もしっかり入っていました。
そして、ダーツの矢は、紺ちゃん(森崎博之さん)に!!!!!
食べた甘いモノはキューちゃんどら焼き(あんこの量が鬼)×2個
結果的にはとん平が勝ちましたが、とん平も紺ちゃんも、目が死んでましたwwwwww
(台本通りのことを)一通りやった利喜男様。ここで舞台袖へ。
利喜男が舞台からはけたあと、卓球部の部室にはバドミントン部の女子が!!!
小橋亜樹さん、北川久仁子さん、綾野ましろちゃんの3人がセーラー服で登場。
中学時代に憧れていた宮原都の登場ということもあってテンションの上がるエロッチ。
文化祭のステージでは毎年色々なゲストも来るけども、生徒もステージで歌う。
男子の参加者がいないから困っている→卓球部の誰か、参加してくれませんか?という流れ。
エロッチはましろちゃんに話しかけますが、どうやら噛み合っていない様子…
宮原都役は、実は小橋亜樹さんというオチでした。
ここでおもむろに安田先輩がましろちゃんに近づきます。
「いい歌、歌いますね」
「いつも兄がお世話になってます」
そういいながら、じりじりと近づく安田先輩。
(……嫌な予感しかしない)
その時、急にましろちゃんに襲いかかる安田先輩。
キャスト全員が引き離します。
エロッチが、”またがって”をエサ(?)に舞台袖に投げ、安田先輩もそれを追う感じで舞台袖へ。
おまわりさん、こっちです
(……ましろんのセーラー服、げろ可愛かった。)
これからバドミントン部の練習ということもあり、女子3人はここで部室から出ます。
北川さんが生徒会なので、チャンさんもその打ち合わせと言い、このタイミングで出ていきます。(鴨田先生もこのタイミングだったかな?)
文化祭で歌を歌うということに対して、すっかりノリ気のチャック。
しかし、紺ちゃんは「巻を探しに行ってくる」と言って部室から出ていき、
バドミントン部の覗きをしたいとん平は「もう我慢出来ないよぉ〜」と言い、とん平を追いかけるようにエロッチも部室から出ていきます。
部室に残ったのは、藤尾とチャック。
チャックは「ちょっと西クン探してくる!」といって、藤尾は誘わず…。(藤尾かわいそうw)
藤尾「俺も誘えや!!!!」
で、暗転します。
シーンは変わって、とん平の覗きを止める、エロッチのシーン。
悪童本公演では、「とん平が、飛び降りて大怪我を負った」という話になるのですが、
今、エロッチは夢を見ています。
とん平のこの先の未来を止めるために、必死に説得しますが、とん平は諦めてくれません。
そして、学校の屋上。なんと巻が紺ちゃんに腕を支えてもらって覗きをしてるではありませんか。
「おおぉぉおぉお!!!!すっげぇええぇぇ!!!」って言う巻の表情(眼力?)が最高でしたw
そこに、とん平とエロッチが来て、「お前らも覗いてたのか!?」とエロッチが言います。
覗いてないとは言いますが、明らかに覗いているのはバレバレ。
ここでとん平、「ずるい〜!」と言って、フェンスを越え、覗こうとしますが、
巻の「バカな真似はやめろ!!!!」で、とん平が落下してしまいます。
それを追うように、巻まで落下。
悪童本公演では、
巻は屋上ではなく、下の方(学校)にいた→覗きをしているとん平が、自殺をしようとしているのでは…と思い、「バカなことはやめろ!!!」と言う。
つまり、本公演ではとん平だけが落下したとされていますが、ここでは巻まで落下したことになっています。
それを受けてエロッチが「俺は歴史を変えてしまったのかもしれない」と言って、暗転。
場面は変わって、西クンが卓球部の部室に一人でいます。
そこへ、チャックが入ってきて、「探したよ!西クン!一緒に文化祭で歌を歌おう!」といいます。
西クンにとっては急なこと。何が何だか分からない状態で、「僕は…」と言いますが、
それを遮るように、チャックは「もうエントリーしてきたから!」と。
「西クン、ギター弾けるよね!?曲は僕が書くから大丈夫だよ!」
それでも西クンははっきりと断れません。
チャックは話を続けて、西クンを竜宮(レジャー施設。悪童本公演では廃墟となっている)に誘いますが、西クンは親に竜宮に行くことを禁止されています。
「あ、西クン、竜宮に行くのダメなんだっけ?ごめんね!」
「じゃ、文化祭、よろしくね!」
と、西クンが殆ど何も言えないまま、チャックは部室を出ていきます。
「もう、なんだよ。みんな勝手だよ。」
「ふて寝だふて寝!!!!!」
と言って、西クンは卓球台の上の布団で眠ります。
舞台セットはそのままで、シーンが変わって、心電図の音がなる病室へ。
西クンの奥さん(NEXTAGE田中温子さん)が卓球部の4人(紺ちゃん、巻、チャック、エロッチ)を病室に案内します。
眠ったまま目を覚まさない、西クン。
「何度か手術を受けて、最後の手術は成功したのですが、目を覚ましてくれなくて…」
「きっと、皆さんとの夢を見ているんだと思います。」
奥さんのその言葉に、涙を浮かべる4人。
それぞれが声を掛けますが、西クンは目を覚ましてくれません。
チャックは西クンの体を揺すりながら、「今度は僕が曲を書くからって、言ったじゃないか!!!!」と泣き叫びます。
それでも、西クンがここで目を覚ますことは、ありませんでした。
田中さん、めちゃくちゃうまない?初めて見たけどすっごいうまいって思った!声も綺麗だし、美人さんだし!

馬鹿田中学学校祭 馬鹿中ライブ

しんみりとしたシーンが一旦ここで終わり、馬鹿田中学の文化祭が始まります。
MCは北川久仁子さんとチャンさん。


ススキノ酩酊物語 / 宮原都(小橋亜樹さん)

アリーナ席中央上手側扉から、お着物を着て登場!なまら綺麗でした!
それにしても、宮原都って中学生の設定なのに、ススキノで飲んでる歌じゃんこれwwww
小橋亜樹さんの実話で作詞された歌。酔いすぎて勘違いしてしまう、というエピソードです。
演歌なんですが、そこは演歌歌手っぽく(?)Aメロではお客さんと握手しながら歌をうたうという、こだわりっぷりw


僕らの時代 / チームワンツー(森崎博之さん+安田顕さん)

今回のCDに入ってる中で、わたし的に一番好きなのが、「僕らの時代」。
安田顕さんの作曲ですが、アレンジが本当に素晴らしいと思います。
登場はなんと、2階席の奥から、台車でステージ側へ。
上手側が森崎さん、下手側が安田さんでした。
衣装もB-BOYっぽい感じで、今まで見たことないようなワンツー…あぁ、ワンツー尊い…。
歌詞は覚えていないようで、あからさまなカンペがありましたとさw


起きないあいつ / FANTAN(戸次重幸さん+大泉洋さん)

老舗のデュオ、という紹介で登場したのが、FANTAN。
ワンツーの登場もびっくりしましたが、FANTANはやってくれました。
ステージ両サイドに、大きなバルーンがあったのですが、実はそれは気球。その気球によって、登場してくれました ゜( д ゜ )
(どっちがどちら側っていうのはすみません、忘れました…。)
私は会場参加した30日2ステージ、昼が下手側、夜が上手側だったので、どちらもかなり間近で拝めました。
そして、目が合ったと、信じたい。
FANTANにここまで「キャァァァァァアアァァ!!!!!」なんて言うと思ってなかった…。恐るべしFANTAN。


君が好き / 藤尾・陰気ライミ(藤尾仁志さん+河野真也さん)

今回の沼曲。藤尾さんが、奥様(ともちゃん)を思って作詞作曲された歌です。
藤尾さんが歌っているってだけで面白いんですが、冷静に曲だけを聞くと、かなりの名曲だと思います。
サビの、「ますます綺麗」の高音の部分なんて、天才かよ…って思いましたよ。
曲中は、藤尾さんの後ろにただただ立ってる河野さんの表情とツッコミが面白すぎたw
ちなみに大泉さんからのオファーで曲を作ったのですが、
曲を送るときに音源ではなく、動画で送ったそう。その動画が公開されました。
松岡修造に見えたのは私だけじゃないと信じてる。


TEAM☆NACS メドレー(Daydreamer~そんなのNACS応援歌~おねがい!NACS SUMMER) / TEAM☆NACS

2年に一度の限定アイドルユニット、TEAM☆NACSがここで登場。
会場のテンションがすごかった!これがアイドルの力…
個人的には応援歌とNACS SUMMER聞けたのがすごく嬉しかった\(^o^)/


ぼくらのキセキ~five goes on~ / TEAM☆NACS

森崎さんが、「この曲は琢真が作ってくれたんだよね」と言って、音尾さんに曲紹介を。
後ろのモニターには、今までの舞台などの写真が…。写真を一緒に見ると、なんだか泣けてきますね…
歌詞には、今までの舞台のキーワードが散りばめられていて、音尾さんのセンスを感じます。
キセキは軌跡であり、希跡でもあるんだろうな。


ナックスハリケーン / TEAM☆NACS

僕らの一番好きな曲きたぜ\(^o^)/
なんといっても見どころはダンスだと思う(超個人的)
あの、安田さんが、踊ってらっしゃる…!目の前で…!感動!
客を煽るのも上手だし、本当にアイドルじゃんって思いましたwwww
次会えるのは2年後かぁ…。


手漕ぎボートは海を越えて / 鈴井さんと大泉さん(鈴井貴之さん+大泉洋さん)

「水曜どうでしょう」も20年続く番組です。
出演者二人によるユニットでしたが、もうね、笑ったり泣いたり忙しい曲でした。
大泉さんの歌から始まり、2番目は鈴井さん。
間奏は二人でモニターの映像を見て、
鈴井さんがモニター側に、大泉さんが客席側に向かって歌を歌ってるんです。
この、互いに背中を向ける演出に私の涙腺は崩壊しました。
そして、最後、映像には「水曜どうでしょう」のディレクター、カメラマンの名前が。
この二人がいてこそ、でもあるので、なんかすごい嬉しかったです。
私はライビュでボロ泣きでしたw


WEST CHUCK STORY / チャックと西クン(戸次重幸さん+音尾琢真さん)

馬鹿中ライブのラストは、卓球部の二人による歌。これは芝居で二人が約束していた流れ。
チャック「もし、友達が転校してしまったら…」という思いで書いた曲だそう。
モニターの空をバックに歌ってたんですが、チャック(戸次さん)の声が特に、「空に似合う」んです。
サビの部分は特に、大声歌いたくなるようなメロディー。
この曲、芝居パートでは、ピアノだったり、オーケストラだったりにアレンジされてるんです。
私がこの曲に抱いたイメージは、”綺麗”だったなぁ。
音尾さんのギターが聞けたのも良かった\(^o^)/もっと聞きたい\(^o^)/

【31日昼】
舞台に出てくる前、戸次さんが音尾さんの持っているギターのネックに手をぶつけて
チューニングが狂ったというハプニングが起きました。
残念っぷり発揮ですねw


森崎先生によるフォークダンスの時間

馬鹿中ライブが終わり、校庭へと集められた3年生(という設定)。
ここからは森崎先生(森崎博之さん)による、フォークダンスの時間です。
「こんにち歯っ!!!!」
なんて、私は知りませんでしたけど、知ってる人どれぐらいいたんだろうw
どうやら、オファーがギリギリで…一週間で作ったそうです。
「レッツ!!キッス!!!歯を出して!!!!前!後ろ!前前前!!!」
すさまじい歌詞である。
会場が一体にれるフォークダンス。31日のライビュ(札幌)でも、みんなで踊りました\(^o^)/
そして、暗転。


悪童 -episode.0-(2)

ここからは芝居パート。中学の卓球部の部室に呼ばれてきた、巻とエロッチ。
卓球部の部室を見渡して、「ここでよく、西クンが寝てたよなぁ。」と卓球台の布団を見ます。
そこには、西クンの姿はありません。
まもなくして、チャックが来て、少し遅れて紺ちゃんも来ます。
紺ちゃん、巻、エロッチの3人は、チャックが呼び出したと思い、なんの用があって呼んだのかを問い詰めますが、
チャックは「呼んだのは僕じゃないんだよ。」といいます。
「呼んだのは西クンなんだ。」
「西クンの奥さんから手紙を預かってきた。」
「西クン、皆に読んでもらおうと思って、手紙を書いてたみたい。」
「せっかくだから読むね」
といって、チャックは話を進めますが、巻は「やめろ!」といいます。
西クンが書いた手紙を、西クンではなく、西クンの奥さんが送ってきたという。
紺ちゃんは怒鳴る巻を説得「せっかく西クンが俺たちに宛てて書いてくれたんだ。聞こう。」
そして、チャックは西クンの手紙を読み始めます…

手紙の内容は詳しく覚えていませんが、藤尾ってやつがいたということ(何故かここだけははっきり覚えてるw)
「また、皆で卓球がしたい」ということ。
「以上が夫が書いた手紙です」
「ここからは奥さんの手紙なんだ」
坦々を読み進めるチャック。
他の3人はどういうこと?といった感じの表情でチャックを見つめます。
どうやら、西クンは手術には成功したものの、まだ手が自由に使えず、奥さんに代筆を頼んだということらしい。
西クン、生きてるの?といった顔でチャックを見ます。( ゜д゜ )
「死んだみたいになってんじゃんかよ!!まず、無事だってことを報告しろよ!」というエロッチ。
「西クン、もうすぐ来るよ?」というチャックのセリフで、音楽(WEST CHUCK STORYオーケストラArr)がなります。
部室の扉が開いて、そこには松葉杖をつきながらも、笑顔の西クンが…
おでこに包帯を巻いていたが、それを取ると…「東」という字が!w
そこからはセリフはなく、卓球を始める5人の姿。
西クンはまだ動けないので審判ですが、5人の笑顔はほんとうに素敵だった。
脚本は大泉洋さん。素敵な話をありがとう!
悪童本公演を見ていない人は、是非、DVDでチェックを\(^o^)/


CUE ALL STARS MEDLEY


大一輪

キタ━━(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)━━!!
めっちゃ盛り上がる曲キタ━━(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)━━!!
「そーれっ!」の時に会場全体が一体になれるの本当好き…


【30日夜】
大一輪の歌い出しは戸次さんですが、ここで事件が…
歌い出しの時にちょうどカメラがあったので、カメラに向かって一生懸命歌ってたら、
二手に分かれて全員乗るはずだったトロッコに置いて行かれるという大失態。
トロッコはもう出発してるし、演出もあるので、今から乗るのは難しく、センターステージは戸次さんのワンマンショーでした。
私なんて、もう戸次さんしか見てないwwww面白すぎるwwwwww
「さぁ、でっかい一つの輪を作れ〜」のとこで、輪を作ってる戸次さん。
一人で。
輪を
作ってる。
戸次重幸(42)
最高wwwwwww


月の裏で
つぼみ
ハナ

すみません…実はこの3曲、初めて聞きました。(”つぼみ”と”ハナ”は曲のタイトルだけ知ってたんだけど、”月の裏で”は他の方のレポで初めて知りました。)
なので、これといった思い入れはなく、盛り上がるときは周りに合わせて、しっとりしたのはしっとりと聞いた感じです。
”つぼみ”はなんかすごい人気あるよね…。ちゃんと予習しなかった結果がこれだよ。


Calling You

キタ━━(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)━━!!
この曲も好き━━(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゜∀゜)━━!!
サビの振付もみんなで踊ったの楽しかった!周りがみんなベテランの子NACSさんだったから見よう見真似でしたw


仲間のうた

本編ラストは「仲間のうた」。森崎博之さんの作詞作曲です。
今回のジャンボリーのテーマが【仲間】。
繰り返し繰り返し歌われている「君がいるから」「僕がいるから」というのには、なんだか色々こみ上げてくるものがありますね。
森崎さんっぽい歌だと思ったし、それを一緒に歌う、聞ける空間に居られたのが、幸せでした。



【31日昼】
樋口了一さんと古澤剛さんがスペシャルゲストとしていらっしゃってました。
九州を襲った地震。樋口さんは熊本在住だそうで、被災者でもあります。
それでも歌を作り続け、今回はそのチャリティーソングを届けに来てくれました。
iTunesなどで配信されるので、是非買って下さい。と呼びかけてくださいました。
全額が復興支援へと結びつきます。
そして、もう一曲「1/6の夢旅人」も演奏してくださいました。
水曜どうでしょうではお馴染みの曲。あの名曲をご本人の歌声で聞ける日が来るとは…
九州、そして東北も忘れてはいけません。まだまだ復興の最中です。
自分にできる範囲で、なにか力に慣れることがあれば、協力していきたいと思いますし、
見ず知らずの誰かに、自分の思いが届くって、本当に素敵なことだと思うんです。
今回のジャンボリーのテーマは仲間。
ここにも、仲間を感じるシーンがたくさんありました。


ハッスルマッスルブギ / マッスルブラザーズ(安田顕さん+音尾琢真さん)

この曲がなければ終われないでしょう。黄色いパンツのあの二人。
登場はなんと、センターステージ両サイドから、飛び出してきました。
おおぉぉ…大丈夫かな…怪我してないかな…(安田さんは最終日、ちょっと怪我したみたい…)
安田さん「俺達の名前を言ってみろ!!!!」
会場「マッスルブラザーズ!!!!!」
このやり取り本当好き…
知らない人から見るとやばい集団だよねこれ。マッスルブラザーズってwwwwwってなるよね。


【30日夜】
安田さん、センターステージから上手側を通ってメインステージに戻るんですが、
自分の脇毛を脱いて客席に投げてた(振り)
私はそれをキャッチした!!!!幸せ!!!!国民でよかった!!!!!


エンディング

さて、CUE DREAM JAM-BOREE2016も終わりに近づいてきました。
安田さん「人を笑わせるためなら、僕は、何でもします!」
この言葉が脳裏に焼き付いて離れません。なんでもするって言ったね!?(゜∀゜)
そして大泉さんの「あなたがたがいて、初めて完成するんです!」という言葉。
これはファンのことをすごく信頼しているんだろうなぁと思いました。
今まで色んなイベントや、ライブに参加してきましたが、
ここまで演出にこだわったり、楽しませようといろいろ考えてくれたり、会場が一体になったり…というイベントを
私は他に知りません。
総合プロデューサーの大泉洋さんはじめ、
タレントの皆さん、スタッフの皆さん、そして全国のうましかの皆さん、
本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。


おわりに

ここまで読んでくれたあなた。どうもありがとうございます。
まとまりきってないし、無駄に長ったらしくてすみません…もうかれこれ10時間ほど書いてますwwww
初めてのCDJ参加でしたが、これ、初めてでもすっごい楽しめて、笑ったし泣いたし、忙しかったです。
会ってくれた皆さん、30日夜終演後にザンギ会(という名の飲み会)に参加してくださった皆さんもありがとうございます!
今回、きたえーるに来れなかった方も多くいらっしゃると思いますので、今度は是非、現地で楽しんでいただきたい!
これから、NACSは20週年イベントもあるし、CUEタレントはテレビやラジオ、イベントとかでも色々拝見できるでしょう。
12月にはDVDとBlu-rayも出ますしね\(^o^)/
いつもの日常が戻る…という言い方はアレかもしれませんが、常に楽しみを作ってくれるオフィスキューさんですから、
待っていればまた、とんでもないもの投下していくかもしれませんねw(壁ドン第2弾来い来い)
さて、あまり長くなると読むのも疲れると思うので、この辺で。
また2年後にバカ騒ぎしましょう!したっけ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーーー!ありがとうございます😇🙌
1
web designer & corder / freelance / contact : solalab.com mailform or DM / love : music & game & virtual you tuber 強く生きたい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。