海で溺れて

なぜ絵を描くの?と聞かれる

わからない

わからない。絵を描くということがなんなのか。


何をしたら絵を描いたことになる?

線を引いたら?陰影をつけたら?面の切り替わりを意識したら?無我夢中で筆を打ちつけたら?

なんで俺はそれが楽しいの?いや、楽しいのか?

絵を描いていると、常に自分と話している。でも自分と話しているはずなのに、いつもより1人だなと感じる。

海の中を潜ったり太陽の光を見たりして、どこに進んでいるかもわからず泳ぐ。ほとんど溺れてるみたいに

誰かが「ここに進んだらいいよ」とか「こうやって泳ぐんだよ」って教えてくれたらいいのに。


誰かに突き落とされたみたいに、気付いたら海の中にいて、ただ溺れたくなくて泳いでいた。

だから「やりたいことがあっていいね」とか「絵が好きなんだね」っていうか、それしかないんじゃないかと思う。

絵が好きなら毎日描けばいいんだけど。描いてないな。好きじゃないのかな。でも絵が描けないって言われたら、どうしよう

困るな


絵を描いたらみんな笑ってくれたとか、そういう素敵なエピソードがあったらいんだけど。中学のころ描いていた漫画ノートは鉛筆で潰されて悪口書かれてたから、違うかもね。あ、でもあれから漫画描いてないな。

そいつのせいで漫画描くのやめたみたいに思われたらいやだな。


チョコレイトで働きたい。

働くポジションがなくて、そんな組織を自分で作り始めた。

どんどん理想の環境に近づく。高校で教育系のワークショップを毎週やっていた時と似た感覚。

本当は学校でワークショップなんてやっちゃダメだったんだけど、ちゃんと結果も残して許してもらえるようになった。みんな楽しんでたみたいだったけど、俺がやりたいことってそういうのを体験する方なんだったよね。享受するのが好きなのと、作るのが好きなのって似てるみたいで違う

コンビニを考えた人はどういう気持ちで始めたんだろう。お店にもっといろんなものが揃ってたらいいのにって思ったのかな。でもそのお店作っちゃったら別に買い物行かなくていいね。

「不満があるなら自分で解決すればいい」と誰かは言う。そうなのかな。そもそもそんなこと誰か言ってたのかな。自分で勝手に言い出したのかな。

俺は企画屋なんだよ。クリエイターもやりたいんだよ。別に、起業家になりたいわけじゃないから、お願いだから誰か代わりにやってくれ。

「それどうやって実現させるの?」とか「人はどうやって集めるの?」とか知らねーよ、こっちはただその環境で遊びたいだけなんだよ。小学校の遊びの延長やりたいだけなんだよ。なんだよ目的意識とかクソ知らねーよてめーが考えたいだけだろうが。消費者のニーズとか知らんがな。おままごとする時遊び相手のニーズとか探るな。プラスチックの包丁でマジックテープでくっついてるにんじん切るのにニーズとかないだろ。いやあるか


誰かが、「お前いつも大きなことをしてやろうと思ってるだろ。身の丈に合うことをした方がいいよ」と言っていた。それも本当に言ってたのだろうか。なんか勝手に解釈したかもな

別に大きなことしたいなんて思ってないよ。じゃあ身の丈を教えてくれよ。この服着てたらいいよって毎日誰かが教えてくれたらいいのに。

服を作っている人は、なんで服を作っているんだろう。自分に似合う服のために作っているのかな。でも、ずっと服作ってたら、その服着れないね。


なんでこんなことしてるんだろ。

海の中で溺れていても、誰かが岸辺まで連れて行ってくれるわけじゃない。

海の中にいる自分がなかったことになるわけでもない。

ただ、この海から出られるように、途中で死んでしまわないように、溺れ続けるしかないのかな

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
グラフィックデザイン専攻の美大生いちねんせい