新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型:カエルツボカビ病

本とは本当に不思議なものである。

先日「カエルの楽園」という小説を読んでいた時に、私は「カエルツボカビ病」という病気を目にした。

その文章を引用する。

「カエルツボカビ病ですって!」 ソクラテスとロベルトは同時に声を上げました。カエルツボカビ病は怖しい伝染病で、そんなものが国に入れば大変なことになります。 「その時、元老会議はカエルツボカビ病のことなんかほったらかしで、お祭り広場のハエをプロメテウスが勝手に食べたとか何とか、どうでもいい会議を延々とやっていた」(百田尚樹、2017、152)

ほほう。

まるでこの間までの

日本

みたいじゃないか。

カエルツボカビ病ならぬ、新型コロナウイルスがまさに国内で感染するか、しないかの瀬戸際。

桜を見る会で、ああだこうだ言っていた国会を思い出します。

この本を読んで、国会を見てみるといいでしょう。

カエルの元老会議をそのまんま見ている気分になります。

さしずめガルディアンが、安倍晋三といったところか・・・。

いずれにせよ

「カエルツボカビ病」は、私たちカエルを、どのように脅かすのだろうか。

今日も大学生は憂いている。

🔵メインブログ🔵

引用文献:百田尚樹. (2017). カエルの楽園. 新潮社

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたの日常が少しでも知的になるように。

おなかすきません・・・?
8
大学生一回生。なんとも珍しい「勉強する」大学生。その思索模様をあなたも覗いてみませんか?ちなみに、考えることが大好き。好きな雨は冷雨と星屑の雨。哲学や言語学、社会学や観光学、倫理学を主に勉強。メインブログ➡https://anaximandros1.com/ よろしくお願いします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。