2021_雑文(良きも悪しきも正も邪も混ぜ込みます)

301

ツイキャスPremium配信、再販してみるTest

ツイキャスPremium配信、再販出来るみたいだから
やってみましたw 値下げもしつつw

2021年7月25日(日) 16:45
【配信】U-ya Asaoka 18th 7/25 夜公演
https://ja.twitcasting.tv/uyax_asaoka/shopcart/84626

視聴期限: 購入後7日間

2021年7月25日(日) 12:45
【配信】U-ya Asaoka

もっとみる
( ゚ ▼ ゚)┘ヤッタ!

1日目〜冷戦最中のワンオペでわかったこと〜

離婚届を取りに行くほどブチ切れて
今までなら
「でもやっぱり3人仲良くがいいよな」と
「私だって未熟なところあるしな」と
自分から歩み寄っていた数々の喧嘩とは違い
「もう旦那にエネルギーを割かない」
「自分からは彼には働きかけない」
「私は私の人生だけに集中しよう」と決めて
彼と一線を画した生活を始めてみた。

仲直りはしたいと思った方がすれば良い。
したいと思っているのに謝れないのは
いらないプ

もっとみる

道具のメーカー「PREDUCTS」 はじめます

この度デスク製品を開発し、世に送り出す事になりました。

ブランド名をPREDUCTS(プレダクツ)といいます。このブランドのための新たな会社も立ち上げました。

12月中旬に発売・発送開始の予定で準備しています。昨年の5月からはじまって約一年半。ここまで長かった…

このnoteでは、なぜデジタルのデザイナーの私がリアルなプロダクトのメーカーを立ち上げデスクを開発するに至ったのか、デスクの紹介と

もっとみる
うれしいです!

変われない自分が嫌だった。

良記事なのでページでShare致します( ´ ▽ ` )ノ

よろしければSHAREお願いします!( ´ ▽ ` )ノ

「誰も信じられない」状態は、三項関係を使ってほぐしていく

医療者として働いていると、患者さん自身が希望して治療に来たにもかかわらず、「治療を受けたくない」と言ってるかのような態度をとられた経験が1度はあるのではないでしょうか。

僕が精神科で働いていた頃を思い出すと、何度もそういった経験がありました。モヤモヤしたり困惑したりして、難しさを感じていました。

長年働く中で、そういう態度の背景には「誰も信じられない」という思いがあることに気付きました。精神的

もっとみる
嬉しいです⭐︎

DM見てるよ、全部読んでるよ、あんたのことちょっとは知ってるよ。

 

あたい、もちぎ。

Twitterでものを書く人間。

そしてTwitterで人と繋がって、生きている人間。

Twitterーーそこには他のSNSと同じようにDM(ダイレクトメッセージ)の機能もあるが、あたいはそれを誰からでも送られるように常時開放している。

というのもそうしなければ、誰かがあたいにものを伝える時に取れる手段が、公開された形のリプライか、あるいは企業のような直接的に連絡手

もっとみる
スキありがとうね👄チュッ

「休み」はエネルギーコントロールという観点から3分類できる。「おうち入院」のすすめ。

「独自の因果律」を持っているから面白い人の紹介シリーズ。自衛隊のメンタル教官だった、下園先生(公式サイト)だ。ネット上にもいろいろ情報はあるし、書籍も出ているが、私が下園先生を知らない人に説明するならこういう内容で説明する、という観点でまとめる。

休み方は3種類ある、3つのR。Refresh(リフレッシュ)、Relax(リラックス)、Rest(レスト)

ここにインタビューがある。2021.1.

もっとみる
読むだけじゃなく、「スキ」までありがとうございました!

「もの」と「こと」について。世界を切り取る二つの見方

「自己と時間」(木村敏 著)という本をちょっと読んだ。おもしろかったので、考えたことを書いてみる。

この本では「もの」と「こと」という概念を扱っている。たとえばスマホは「もの」だが、スマホを使ってなんか調べるのは「こと」である。

・もの=対象…客観的に切り取ったもの

・こと=経験…主観的に感じ取ること

こんな感じ。

自分という人間も、写真におさめられたり、名前をつけられたり、人数としてカ

もっとみる
ありがとう

未来の手触りは優しい。 スマートホームデバイス「mui」がお店にやってきた話

デジタルなアイテムが大好きだ。

スターウォーズをはじめとするSFもので、未来の世界にワクワクしながら成長した自分は、iPhoneのようなスマートフォンの誕生に狂喜し、スマートウォッチ、スマート照明等にも食い気味に飛びついてきた。
そこで満たされる未来へのあこがれは、興奮とともに急速に世の中に広がり、いまや日常になりつつある。

ただ、デジタルなあれやこれやが増えるたび、通知やブルーライトに目をや

もっとみる
共感いただけたことに感謝いたします😊