見出し画像

"生きる"ということ-生き方見本市KANSAI2019から見えてきたもの-

9月29日
以前、津和野に来られてお話を聞かせてもらった藤本遼さん主催イベント"生き方見本市KANSAI"に参加してきました◎

このイベントに参加して得られたものが本当にたくさんありました。

もっともっと、ひろがっていく予感がする素敵なつながり。
いろいろな方の生き方から学び、考える、自分の今とこれから。
"生き方"というワードにこれだけ多様なひとが集まる場があるということは
自分の今やこれからについて深く考えていて
働くということ、くらすということに対して
立ち止まって考え、模索していたり、ヒントを得たいひとがたくさんいるのだということ。
自分だけじゃないんだなぁ、、とちょっとホッとしたような気もしました。

わたし自身も"これからどう生きていくのか"考えることがよくあって
どこで、どんなひとたちと働き、
くらしをつくって日々を重ねていくかって大事で
津和野で働き暮らすことを決めたのは
直感ではあるのだけれど
ひとこともの街並みに心が動いたから。
くらすと働くがイメージできて
いいなぁ、このまちでくらしてこのひとたちと働いてみたいなぁと思ったところにありました。

"生き方"はひとつではないし
答えもないからこそ
きっとこれからも模索し続けるんだろうなぁと思うのだけれど、でも、そのひとつひとつをいろんなひととともにつくっていく過程を、
始めたり、つまづいたりしながらもそのひとつ一つを味わって楽しんでいけたらいいなぁと思いました。

同い年で静岡で生き方見本市を主催する周くんから聞かれて考えさせられたことがあります。
"ひめちゃんは生き方について問い直したいことってある?"
(ちょっと質問の文言とかはちがうかも、、周くんうろ覚えでごめん😂🙏)

自分はまだまだ生き方といえるほどには年数も経験も浅い人生だと思うのだけど
今の自分のほうが好きになれてる気がするし
今の生き方くらし方に日々、しあわせと充実感を感じています。これからも、もっともっと好きになれるように、自信が持てるように努力したいとも思っています。

もちろんもっともっとゆたかにしていきたい、ひととして成長していきたいという野心も理想も尽きません。
でも、今、ここ、にあるちいさなしあわせも大事に積み重ねていきたい。と思うのです。

先生を辞めて、移住して、そんな大きな決断よくできたねーと言われることもあるけど
でも、この決断に後悔したことはないし、迷いもなかったです。
むしろ、これまでの自分が勝手に自分で自分の人生を縛ってきたことからくる生きづらさから
自分の心に素直になれて生きることが楽しくなりました。
そうすると、見えてくる世界も出会う人たちも広がって、より自分にとって心地よいものがまわりに増えてきてゆたかになりました。

何かのせいにするのは簡単だけど
自分で選ぶということはその分だけ、自分に責任が伴うからこそ、ためらったり時間がかかったり苦しかったりもする。
自分の失敗や勇気のなさ、行動できないことに言い訳してる自分を認めることって難しいし、くやしい。
だけど、やっぱり逃げずに苦しくても自分と向きあいたい。
自分で決めたんだって胸を張っていたい。
自分を大切にできるのは自分だから、自分の心に素直でありたい。
わたしが大切にしたいことです。

"選ぶ"ということに興味があります。
きっと、そこには、その人が大切にしたい価値観みたいなものだったり、なんでかわからないけど言葉にできない心の動きのようなものがあったり
その人らしさがでるから。
その違いがおもしろいなぁと思います。
ちがうからいいんです。わかりたいと思う。
似てる!!とか共感する!!!ってことはあっても
ひとりひとり発するものはやっぱりどこかしらちがうものがあって
まったくいっしょってことはなくて
ことばの選びかたひとつからもその人の想い、大事にしていることが見えて
ひとと話すのって
わかるのっておもしろいなぁと思うのです。
ひととまなびの共通性って、
わたしがひとと学びに心ひかれる理由はここかなぁと思ったり。

これからのわたしの生き方も
きっと変わっていくのだろうけど
せっかく育んでもらった生命
受け継がれてきた今を、思う存分楽しんで
力強く生きたいと思うのです。
"もっと生きたい"と強く思った
そんな素敵なイベントでした。
参加できて本当によかったです。

いちばん心にのこっているのは人生相談に乗ってくれるふしぎなお花屋さんとの出会い。
人生相談というよりはお花やさんのコンセプトやどうしてそんなお花屋さんを始めようと思ったのかに惹かれて行ったのですが、
"好きなこと(お花)に出会って、それで社会とつながれるようになった"というお話だったり
"実際に経験したからこそ語れること伝えられること、できることってある"
ほかにもたくさんお話聴いてもらって、対話してすごくすごく楽しかったし、心にくるものもありました。なんだか、ひとことでは表せない不思議な感じ。でも、話し終えた後は心が軽くなっている自分がいました。
話すって大事だなぁ〜。不思議なご縁です。
そのあと、お花屋さんが先生になりたい大学生をつないでくれたり、、これまた不思議なご縁。でも、そういうのがうれしいし、いいなぁと思います。
素敵な出会いに心から感謝を。
お花もとっても素敵です。帰ってすぐ飾りました◎
やっぱり、お花はいいなぁ〜〜

ひとりひとりが
それぞれに生き生きと輝く姿があふれる時間と空間が広がっている、そんなイベントでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
日々のこと。ゆるゆる綴っていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。