2019.7.4 新しいビートとは?

ここ最近、ビートについて考えている。

ビートが始まると、まるで暗闇の電球に集まる虫たちのように吸い寄せられる人々、、、

これは、習性なのではと思うようになった。
昨今、様々なビートが世界の音楽の先端を席巻している。

これまで、僕の歌うものには合わないだろうと、決めつけていたが、ここ歌声紀行で自分自身のフィジカルが整うにつれて、どうすれば自分の作るものが届きやすくなるのかを考えはじめた。

そして、僕の音楽に足りないビートという思考に取り憑かれた。

ただ、これまでに存在するビートで良いのか?
という気持ちがある。

僕のスタイルに合う、まったく新しいものはないだろうか、模索している。

音波だったり、映像、視覚的、触覚的、周波数特性を使ったビート。全く新しいイノベーションに胸を馳せる。

こういうことも、一人ではなく、研究チームで行えば効率的なのにな、と思ってしまう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
シンガーソングライター、文筆家。NHK Eテレで放送中の「2355」では、『顕微鏡で覗く世界』『小さな恋の物語』『球だから』等のヴォーカルを担当。noteのコンテンツ_歌声紀行~グラミー賞が獲れるまで~/世界はおやすみ/窓越しの世界/アルゴリズム/SasakuRadio!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。