もうやめよう

うた

誰かに

私の声が届けばいいなって

期待するのはやめよう



近くに居てくれる誰かに

私の気持ちを知ってほしいと思うのもやめよう


お前は人を不幸にしかできない

なんで産んだんだろう

兄貴にはできるけどお前には無理

誰からも愛されない

お前には無理

お前には無理




眠れる森の美女のように
王子が現れて私の母親の呪いを解いてくれる人がいるんだとどこかで思っていたけれど

30手前にして気づいた

そんな人は居ないと


魅力的になったら居るのかもって期待したけれど、魅力がない。


自分の人生の当事者になって
手に入れたのがこれ


悔しい

これが今の一番の最善の選択なのが悔しい

変えたい

母親に殺されても変えたい


変えよう

変化しよう

美しくなる

したたかに。
たおやかに。

もう家では話さない。


もうやめよう。

人のせいにし続けるこの人生。