小林 晋也@ファームノートHD CEO

株式会社ファームノートホールディングス代表取締役、北海道帯広市在住。「世界の農業の頭脳を創る」をビジョンに酪農・畜産の技術革新を進めています。日本ベンチャー大賞 農林水産大臣賞受賞、日経ビジネス 次代を作る100人選出。農業や経営・マネジメント、発達心理学について書いています。

小林 晋也@ファームノートHD CEO

株式会社ファームノートホールディングス代表取締役、北海道帯広市在住。「世界の農業の頭脳を創る」をビジョンに酪農・畜産の技術革新を進めています。日本ベンチャー大賞 農林水産大臣賞受賞、日経ビジネス 次代を作る100人選出。農業や経営・マネジメント、発達心理学について書いています。

    最近の記事

    • 固定された記事

    「世界の農業の頭脳」を創り、「人・動物・自然」を大切にしたい。私とファームノートの自己紹介

    こんにちは。ファームノートホールディングスの小林です。私は北海道帯広市に生まれ、帯広市で起業し、帯広市で事業を行っています。24歳から15年社長を続けさせていただいています。 今は100人の仲間と、人と人をつなぐことを目的とした「スカイアーク」という会社と、農業の頭脳を創るチャレンジをしている「ファームノート」という会社を経営しています。 小林 晋也について簡単なプロフィールはこちらです。 名前:小林 晋也 仕事:株式会社ファームノートホールディングス 代表取締役 創業

    スキ
    83
      • ファームノートHD 第5期が終了しました。

        本日でファームノートHD第5期、ファームノート第8期、FDP第2期が終了しました。先ほどまで全社ミーティングを行ってました。 今期は業績も大きく伸張しましたが、それ以上に「人の成長」と「成長ストーリーの具体化」が手に入りました。そして祖業であるスカイアークを事業譲渡するという年でした。 人の成長の側面は、真摯に事業に向き合い、挑戦し続ける人の数が本当に増えたなと感じます。私は「事業の成長を通じて、人の成長に貢献する」ことを目的に事業をやってますので、その取り組みが大きく花

        スキ
        31
        • 事業子会社のスカイアークを株式譲渡しました。

          本日、ファームノートホールディングスは、事業子会社であるスカイアーク社をフューチャースピリッツ社に株式譲渡いたしました。 スカイアーク在任中は大変お世話になりました。皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。 この写真は私が生まれ育った場所に作った初めてのオフィスです。この机と椅子も初めて買った物。いまだに本店登記はこの部屋に残してあります。 スカイアークは私の青春そのものです。2004年に24歳で立ち上げた有限会社スカイアークシステム。20代をすべて事業に注ぎました。結

          スキ
          50
          • スカイアーク・ファームノート代表取締役交代のお知らせ

            明日9/1、グループでの経営体制を大幅に刷新いたします。株式会社スカイアークおよび株式会社ファームノートの代表を交代し、私は株式会社ファームノートホールディングスの経営に専念します。 スカイアークは平栗さん、ファームノートは下村さんに後を引き継ぎます。私はどうするのかというと、グループビジョンである「生きるを、つなぐ。」をさらに前進にさせるべく、全社員の「人の成長」にフルコミットします。また去年8月に立ち上げたファームノートデーリィプラットフォーム社の社長は継続しますので、

            スキ
            35

            ファームノートが、第8回ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞を受賞しました。

            本日、ファームノートは第8回ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞を受賞しました。 「酪農・畜産の生産性向上を実現する牛向けウェアラブルデバイス及び管理システムの開発」(つまりFarmnote Color)として、ビートクラフトさん、ハイテックシステムさん、とかち財団さんと共同で受賞しました。 私は、子供の頃からものづくりが大好きで、特にコンピューターが好きでソフトウェア作りが好きだからスカイアークを立ち上げ、農業との出会いでファームノートを立ち上げた経緯があります。つま

            スキ
            23

            ものづくり企業を経営して思っていること。

            私はものづくりが好きで、ものづくりができる会社を経営させてもらい本当に感謝してます。 父の影響で、子供の頃からコンピュータを触ってBasicでプログラム書いたり、もちろんインターネットに初めて触れた時は衝撃でした。そこからスカイアークを立ち上げてWeb技術でものづくりを始めました。ファームノートもWeb技術で酪農・畜産のイノベーションに貢献したいという思いで始めました。 「生きるを、つなぐ。」はコンピューティングを通じて人・動物・自然をより良くしたいという私のビジョンです

            スキ
            15

            ファームノートサミット、食と農の経営者・生産者コミュニティを創りたい。

            12月17日に、北海道帯広市でファームノートサミット2019を開催します サミットは2014年から今回含めて全9回、帯広・東京・鹿児島で開催しており、のべ3000名を集めるイベントです。実は私が一番力を入れている仕事でもあります。 今回、Rebuildというサブタイトルをつけ大幅にリニューアルします。 その開催趣旨と目的をnoteにまとめておきます。 きっかけ。私たちが生産者へ出来ることは何か?サミットは一貫して「挑戦」と「新しい出会い」をテーマに開催しています。特に

            スキ
            30