サボりぐせのある私だから出来る、いろんな時短術
見出し画像

サボりぐせのある私だから出来る、いろんな時短術

複業占い師の林知佳です。

私は、 

もともと占いにハマり30万つぎ込み、そして占い師に。今まで約2万件の占いをしてきた経験があります。(カムバック1000万)

その経験から、フリーランスになりたい人、占い師になりたい人、なんか人生疲れてる人に、ちょっと役立つ情報をお届けするnoteです。

本日は、サボりぐせのある私だから出来る、いろんな時短術をご紹介します!

基本的にサボりたい人なので、できるだけ"時短"を心がけて生活しています。

だからこそ分かる毎日のアウトプットの時短術を本日はお届けします。

考えすぎると出来なくなる

「アウトプットができません」と相談を受けることがとても多いけれど、私にはよく分からない感情でした。

でもよく考えると、880日前にnoteを始めた時は、「これでいいのか?」って確証はなかったです。(だからこそ内容ぐちゃぐちゃ/なお今もできてはないw)

ただ、だからこそスタートできたのかな?と!

難しいことはなくて、ただ「やる」or「やらないか」な気がしてるんです。

時短①凝らないでアウトプットする

まず第一に大事なのは、

凝りすぎないことです。

noteは、UIが使いやすいし、軽いので一番重宝してますが、他にもいろんなブログ機能を備えたサービスがあるはず。

とにかく凝らずにシンプルに!

そして文字数を2000文字とか多く設定せずに、難しい時は500文字とかでもOK!

自分への負荷は重すぎない方がいいです。

ちなみに表紙のサムネイルは、

Canvaにテンプレを用意していて、文字はコピペして貼り付けて→体裁整えて→色を変えて終わり(約1分〜2分)

時短②テンプレート化をする

これは以前にもお伝えしましたが、

テンプレート化すると楽にアウトプットが可能です。

このnoteもそうです。

この3章に分けたテンプレートの感じで書かない時もあるけれど、このスタイルが一番書きやすく、そして集中力が切れた時にも重宝しやすい感覚があります。

こちらも参照👇

時短③投稿時間を決めすぎない

これも案外重要なポイント!

ただ投稿時間は決めていた方が、読み手や聞き手の方には親切です!でも書き手としては時間はあんまり決めたくないのが楽にアウトプットできる方法なので難しいポイント!

毎日●時というのもいいけれど、無理なら無理で諦める

それでOKです!

毎日や毎週、月に何回でも「続けてる」ことがとてもすごい!

さいごに

noteや他のアウトプットにかける時間を具体的に●分と決めて、その時間内に行動するのも◎

やってみて習慣化すると、自分の考えや方向性が明確化するかもしれません!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お役に立てたら嬉しいです!スキありがとうございます!
占いで働く人を元気にするメディアを運営中! 仕事の悩みから恋愛相談までなんでも得意です! LINEのDMからお問い合わせは受付中👇 https://lin.ee/oie0tje