見出し画像

「これやって」とお願いが苦手な人ができるようになる方法

こんにちは。林知佳です。
現在ドバイ4日目の朝!あとちょうど1週間こちらにおります。

海外には何週間かいくことが多いですが、ここまで長いステイ生活は、実は大学ぶり!

ということで、今回初ではなかろうか!日本食を作って食べました

これに加えて、お米も炊いた・・2週間ぶりですら、身に沁みました。。心に沁みました。。

あああ・・日本食幸せ・・💓

はい、そんな本日は

実は、甘えること、お願いすることが苦手な私なんです。
「これ言ったらダメかな?」と思っている間に勝手にやってしまう。

コミュニケーションめちゃ下手だな・・と思うわけですよ。

これはもう変わらない元々の素養、だからこそ少しの努力が必要だと思うんです。

モヤモヤしたまま相手とコミュニケーションを取るのは勿体無い。

とはいえ今も下手なので(笑)
下手なりに、これやればいいのでは?ということをお伝えします。

①「〜だったらいいな」より「〜したい」を大事に

まず一番大事なことは、自分が傷つかないコミュニケーションをしないということです。

相手の希望を考えて提案すると、相手に断られるかもしれないリスクがあるのに、なんとなく自分を守った気になりませんか?

また前置きも
・「もしよかったら〜」
・「予定が合えば〜」
・「忙しくなければ〜」

これも自分を守るためのワードを使いすぎると、結果的に自分の首を絞めます。

自分の意見をストレートに言うことが一番ではないけれど、自分を守るために言っている言葉が、良い結果を生んでないと気づくと楽になります。

②小出しのコミュニケーションを大切にする

もう無理だ・・と思ってからでは遅い!
我慢の連続をするのではなく、小出しで自分のことを伝えてみましょう。

一つ一つの我慢が、相手のことを嫌いになるきっかけだったりするんですよね。

そしていらないレッテルをこちらから貼っている可能性も。

「なんかあの人嫌だな」と思い出したら止まらない感情。。

これを止めるのは、小出しのコミュニケーションです!小出しにすれば、相手を嫌いにならぬまま、止められます。

③テキストコミュニケーションも併用

最近感じるのは、テキストも大事ですよね。

でもテキストコミュニケーションでは、お相手との感覚の差もあるので、気にしすぎないがベスト!

軽くジャブを入れるのは、テキストコミュニケーションも良いこと。
気にせずに気軽に!その一歩が大事かも!

またこれは素養もあるけれど、話すのが得意、テキストコミュニケーションが得意と色々とあると思います。

その特性に気づくのも結構大事なことだったりしますよね。
そして気づくと気づかないでは、しんどさが全然違うので、特性に気づいてみましょ!

では、ドバイでいろんな価値観を手に入れて、またパワーアップして過ごしていきたいと思います!

また明日〜!

--
無料でCanva講座を行います!ペライチでポートフォリオを作りたいアナタカモン!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!