見出し画像

台風19号にてダム情報を読む

さてさて。。。
ハギビスさんの来日直前となってますが、、、
 
関東方面のダムを幾つか眺めています。
残念ながら東京都等、幾つかの都道府県のダム情報は扱ってないですが、詳細なリアルタイム情報を確認出来ますね。
東京都に関しては都のホームページからダム情報を確認出来ますが、ちょっと情報量が少ないのとリアルタイム性が薄いので、どうにかしたら良いのにな、とは思います。
 
国土交通省・川の防災情報(関東/ダム)
 
神奈川県の城山ダムなんかを見ると、前日の夕方から調整放流を始めて、いっきに貯水位を下げに掛かって、12日以降の大雨に備えている感じが、グラフから見てとれますね。その後の日付を越えてから雨量の増加と共に急激に流入量が増えてますが、ほぼ同等の放流量で対応している感じで、まだダムで流入を堰きとめる事はせず、下流域の状況を見てギリギリまで放流優先するのでしょう。黄色いボーダーラインが城山ダムの限界ラインなので、これ以上の堰き止めはダムそのものの安全にも関わってくるので、このラインに達すると基本的に流入量と同等を放流する事になって、この時点までくると下流域にも相当の雨量が蓄積されている状態なので、危険度がいっきに高まる。
去年の西日本豪雨で愛媛県の野村ダムが、この状況になって河川決壊の要因になってましたよね。
 
城山ダム
 
神奈川県や埼玉県の一部で、平時の10倍以上の流入量になっているダムが幾つかあるようですが、まだまだ余裕がある対応をしている感じですが、これから夜、そして明日未明に掛けて更に雨量が増えると思いますし、そうなるとダム側も時間との勝負、という状態になりかねないので、そうならないうちに避難の心構えをしておいても良いと思います。
 
ダムの限界値に達してからの〝異常洪水時防災操作〟が始まると、下流域も数十分で水位が急上昇、河川決壊となる危険性が高いと思いますので、ダムが時間稼ぎしているうちに避難、というのが良いのかな、と。
 
というか、そんな状況になる前に、たぶん下流域では避難勧告が出ているとは思いますが、、、
 
東京都のダムは、こちらから確認出来ますが、、、見にくいです。。。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/suigen.html
 
ちなみに貯水率が100%になっても、限界水位にはまだ余裕があるので、ダム毎に定められて限界水位『異常洪水時防災操作
開始水位』を見ていた方が良いかなと思います。東京都だけの情報では、わかりませんが。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
モジュラーシンセのライプや電子音楽イベントの企画をしています。 また、カフェやギャラリー等の店舗内BGMを、モジュラーシンセで奏でる活動もしています。 お気軽にお問い合わせ下さいませ。 P.S. ヨウムを飼ってます。

コメント1件

お役所的な感じでPC版Webサイトは台風来る前に落ちてますね、、、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。