新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

全員10万円現金給付を受け取って使い切れ

どーもこんにちは最近Twitterのアカウント名を「クロワッさん」改名しました。クロワっさんです。最近はと言うと僕はコロナの感染者疑いになり、一週間以上は自宅に缶詰になっておりました。その際に暇すぎて曲を作りさらにはウケ狙いで動画をアップロードしたりしておりました。皆様の退屈しのぎになるような動画だったなら嬉しいです。リンク:https://www.youtube.com/watch?v=8e-nRRQRW9g

さて今日はオーディオの事でも音楽のことでもなくて、つい最近決まったほとんどの国民を対象とした10万円の現金給付について少し話そうかなって思いました。純粋にみんなも10万円手に入れたら何に使うのかな〜って思ったりしてるんですが。僕は正直生活が困窮しているわけではなく、貯金を切り崩していけば3ヶ月くらいは食べていける状態であったため、今回の10万円の現金給付などは受け取らなくてもいいかなーめんどくさいしーとか考えておりました。しかしながら今日、こう言う有事の際に話題に事欠かない橋下徹さんに関連する記事を見ました。

スクリーンショット 2020-04-23 20.48.25

正直、橋下徹さんのことは好きでも嫌いでもないって言う感じの意見なんですが、これに関する考えは1ミリも同意が出来なくてびっくりしましたww

まあ!橋下徹さんの発言に関してはあんまり触れるつもりはありません。かのヒトラーも歴史上最悪な人物という人もいれば逆の考えを持つ人もいますし、正しいかどうかは100年後くらいに分かることでしょうし。ただこの記事で触れられているような「10万円を受け取れる人を制限する動き」は適切ではないんじゃないかと思い少し仕事をサボって自分なりに調べていました。結果から言うと橋下徹さんの考えは30%くらいは正解ともいえる部分があるかもしれないかと(ただ70%誤りな時点でトップとしてはお察しですが)。

今回の10万円の現金給付は今生活が切迫しているフリーランスや個人事業主の方からしたら明日を生きる飯代になり得るものでしょう。しかしそれ以外の人たちってこの10万円を貯金に回す可能性があります。この貯蓄に関して結構記事にしている人もいると思うんですが、これが結構後々よくない方向に傾くかもしれないんです。今新型コロナの影響で経済的に大打撃を受けていることは皆様もご存知のことだと思うんですが、何が大打撃かって言うとお金の流れが完全にストップしていることだそうです。サービス業や観光業への休業要請、必要なこととはいえ外出自粛により小売業者にも影響が出ていると聞きます。そして仕事が出来なくなった方々は必要以上の出費は避けるようになり全然お金が回ってないそうです。

当たり前ですけどお金って国中を巡っている状態が一番好ましい状態であることは皆さんも学校で習ったと思います。みんなが積極的にお金を使い、それによって国は十分な税収が得られる。銀行が利用者の貯蓄から企業に融資をし、企業がその金でさらに市場を豊かにして、労働者がそこから発生した給料でまたさらに違う場所でお金を使う。そして残った給与の一部が銀行に貯蓄としてはいる。そう言う流れるような構造が出来ていると学生の時に習いました。しかしこの経済が止むを得ずストップしている状態。そこに大量の税金をかけて全国民に配られる10万円。これがみんなの貯蓄に回ってしまっては今の状況は全く変わらないんじゃないかなって思うんです。

そもそも限定的な人対象の30万円給付や和牛券やお寿司券による保証が全国民一律10万円給付よりも先に候補に上がった理由がこの貯蓄にあるそうです。和牛券やお寿司券などの期限付きの商品券を配布することは、それによって無理やり市場での消費を促し、貯蓄に回るお金を無くす意味合いがありました。そのため僕たちの訴えで10万円現金給付が決まってもそれを貯蓄してしまえば、大きな税金を使った割に経済効果は小さく、今後また訪れるであろう有事の際には今回のような現金給付は最悪二度と実施されることは無くなると思います。(多分ね!)「風が吹けば桶屋が儲かる」でしたっけ?一人一人がする消費はたかが知れているかも知れませんが、その一つの消費に関わる数々の業種の方はそれだで仕事が出来てお金も産む事ができます。

橋下徹さんの「公務員は10万円受け取るな」発言ですが、今生活が困窮しておらず先の給料もひとまず安定していて、「10万は取り敢えず貯金して、騒動が収まってから家族で遊園地にでも〜」とかお考えの方は確かに10万を受け取っても今の経済を助けることには何も役に立てないかも知れません。橋下徹さんは「最前線で戦っている人にだけ給付されるのが礼儀」的な発言していましたが、そんな感情論では到底単位はもらえません。例え公務員であっても受け取ることが出来るべきですし、受け取ったからには貯蓄ではなく出来る限り使い切った方がいいと思われます。ありがちな公務員叩きに走り現金給付の意味を履き違えた発言を彼はTwitterにしてしまったのです(笑)と言うことで橋下徹は後で補修なw

僕は経済専攻で勉強していたわけではないですし、なんなら最近皆さんが京都産業廃棄物大学と揶揄するキョーサンの中でも最低の就職率を記録した(ぼくの代では)文化学部出身です。なので別にこれを鵜呑みにする必要はないですし、何より今この状況でも営業をしなくてはいけない業種の方々は10万円を使う暇もないくらい忙しい方々ばかりだと思います。なので余裕のある人はぜひ10万円を受け取って使い切りましょう。エロビデオ買うでも、CD買うでも、かねてより気になっていたギターを買うなり、もちろん明日からの飯代にするのも十分経済効果があると思います。みんなで一緒に10万円消費しようぜ!(書き終わってから思ったけど通販の方が好ましいかも。それかご近所に懇意にしてるお店があるならその店で10万使うのもあり)

僕は普段ミュージシャンしててひとりでも多くの人に自分の曲が聴かれることを思って地道に活動を5年くらいしております。そんな僕にとって怖いのがCDショップやライブハウス、楽器店までもが廃業してしまうことです。それだけでなく本屋やゲームショップ、おおよそ娯楽として数えられるサブカルな文化が今大打撃を受けているのでコロナが終息するころには滅んでいる可能性があります。

なので僕は10万円を受け取ったら新しい機材を買ってこれから作る新しい曲の糧にしようと思います。10万も使えばそこそこいい感じのものが揃られそうなので。皆さんもお勤めの会社からの給与保証だのなんだので棚ぼた的にまとまったお金が手に入ったらジャンジャン使って行ってください。今後の食費や生活必需品、そして余裕があればぜひ、本や楽器、ゲームなどサブカルチャーなものを支える使い方してみて下さい。20年後の日本が良くなっているかも。

あと皆さん選挙行きましょう。じいちゃんばあちゃんの時代は終わり。これから僕らの時代にしましょう。正直消費が落ち込んだタイミングでその分どんどん増税していくような税収制度は完全に破綻しております。個人的には期間限定であらゆる税金を減税してその間に大きい買い物を促す事ができれば良いなあと思うんですが、その減税で浮いた分が全て消費ではなく貯蓄に回ってしまう可能性を考えるとなかなか難しいのかなって思います。何より今のままではダメだと今回のコロナで気付けました。初めから思ってたつもりだったけど、思っているだけでした。みんなが能動的に動くべき瞬間が今な気がしています。地域によって深刻度は違うと思いますが、一国民として一緒に耐えて乗り越えたいなって思っています。

なんかホリエモンとかがこの記事読んだら「こいつ頭悪そうで笑う」って晒されそうですねw  頭の悪さについては僕も悩んでいるので、これ読んで「何こいつ?」的な意見は全然気にしないです。馬鹿だからしょうがない。ではでは皆さん最後まで読んでくれた方々ありがとうございました。よかったら10万円を貯蓄以外で何に使うか教えてね。

じゃあね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
ぺろぺろっ。何でも書きます。日頃から何かしら考え事してるので忘れないうちに書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。