志島道生

なにものでもないわたしは、なにものにだってなれる、なっていいんだ。