見出し画像

執着から生まれる個性

社会人なりたての新人の頃、通勤時間に村上龍の『オールド・テロリスト』を読んでいた。単行本の分厚い本を通勤カバンに入れ持ち運んでいた。

立派で優秀で真面目な社会人は、通勤電車の間は毎日の仕事の予習なり復習をしているのだろう。

2年目以降は余裕も無くなって、本を開く時間よりSNSで情報を得る時間が増えた。

数年後、転職が間接的なきっかけとなってnoteに出逢う。その後は気ままに更新が続いていた。

ある日、閃いたテーマを書き進めるべく朝3時までひたすらに書いていた。それくらい書くことに執着していた。次の日も仕事なのに我を忘れて。

こんな風に寝る時間を削ってまで書いたnoteは、他になかった。普段は割と計画的に書いている。

今の仕事にここまでプライベートの時間を削ってでもスキルを伸ばす行動を起こせた試しがない。本を読むのが好きで、最近は書くのが楽しくなっていた。

この間読んだ本で「仕事で成功した人は共通して強い執着を持っている」という記述を読んだ。個性というのは執着から生まれるのだ。

書くことに強くひかれている自分がいる。目立つために書くとかPV稼ぎのために書くとは違う。まだ言葉になってない自分の中にある思考や思考にすらなっていないモヤモヤを言語化すること。

本を読むのときは、「この本を絶対に読み切る」という強い執着がある。

ドラマとか映画であれば見る機会を逃すと、そういう運命だったのだなとか思うけど、読みたい本に関してはそれはない。

執着心があることは悪いように聞こえるが、それだけの強い思いがあるなら大切にした方がいい。執着は個性になる。そんなことを考えた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートで読みたい本を買います。

よろしければ、ぜひフォローもお願いします。
5
港区のITエンジニア兼、複業ライター。1992年生まれ。noteではエッセイや日記を綴っています。趣味は読書・お笑い・ラジオ。過去記事はマガジンにまとめています。編集・ライター養成講座40期生。彼女と2人暮らし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。