見出し画像

「エンジニアにとって魅力的な会社」の定義を模索してみました。

こんにちは! ユニラボ採用チームです。

採用の中でも最難関と言われる「エンジニア採用」。適切に会社の魅力を発信し、技術やカルチャーを知ってもらうことからはじめないと、良い採用活動は出来ません。

弊社ユニラボでは、より会社としての技術力を高めていくためにもエンジニア採用に力を入れています。今回は、ユニラボの考える「エンジニアさんにとって魅力的な組織」についてまとめました。

開発だけではなく、ビジネスへの提案ができる環境

転職活動中のエンジニアさんにお話を聞くと、時折聞くのがこの話題。

「せっかく事業会社にいるのに、”社内外注”みたいな雰囲気になっちゃっていて……」
「エンジニアはビジネス側の決定を形にするだけになってるなあ……」

もちろん、技術を磨き開発に専念したいエンジニアさんも多くいます。ただ、それと同じくらい「技術側からビジネスサイドへの提案をしていきたい」「事業に対して価値貢献したい」と真剣に考えているエンジニアさんが多いのも事実です。

スクリーンショット 2020-09-15 14.12.34

採用を行う際のアピールとして、「ビジネスサイドとエンジニアサイドの協力体制」は一つ重要なポイントになりそうです。

例えば、「エンジニアチームの中での上下関係が少なく、一人一人のアイディアが尊重される」「プロジェクトマネージャーがエンジニア出身なので、ビジネスサイドとのつながりが強い」……など、ビジネスチーム/エンジニアチームの連携に力を入れている会社は、積極的に発信していくのも良いかもしれません。

ユニラボでの実例として、ビジネスサイドとの繋がりの強さを象徴するエピソードを一つ。

現在ユニラボでは、エンジニア発案でサイトの読み込み速度を早くする提案をビジネス側に行い、実際にプロジェクト化し開発を進めています。読み込みが遅いとサイトの検索順位が下がったり、ユーザーの離脱率が上がりますが、ビジネスサイドはその重要度に気づいていませんでした。

こうしたエンジニア目線からの開発がサービスの改善につながっている例が多くあります。

入社後の活躍を会社が支えてくれる

スクリーンショット 2020-09-15 14.12.40

どれだけ優秀なエンジニアさんでも、開発環境や社内の協力体制が変われば仕事のやり方も変わってきます。重要なのは、新しい環境にどうやって適応していくか。そして、会社がどの程度オンボーディングに真剣に向き合っているか。この二つも、エンジニアさんが働きやすい環境にしていくために重要です。

例えば弊社ユニラボでは、メンター制度を導入しています。

これはただ、「仕事を教える人」という位置付けではなく、「社内の頼れる友人であり先輩」として新しいメンバーを支えるために導入したシステムです。

メンターは入社直後に紹介され、ちょっとした相談や、分からないことをサポートします。また週に一度、1対1で仕事内容や雑談などをカジュアルに話す環境を用意しています。

他にも、エンジニアチームでは一緒にランチに行くことが多いので、そこでいろんなエンジニアの方と話してコミュニケーションを醸成しやすい文化があります。

エンジニアさんを尊重し、大切にし、ひとりひとりが最大限の力を発揮できるよう力を入れている会社はエンジニアさんにとって魅力的なのではないでしょうか。

「技術を磨く」そのさきが見える環境

ユニラボでは、エンジニアさんに会社の魅力をお伝えするときに「技術で何かを成し遂げることを大切にしたい」という思いをお伝えしています。

スクリーンショット 2020-09-15 14.12.48

「自分の開発したものが、どのように事業の成長にヒットするのか?」ということを常に示し、プロダクトやサービスをよくした先でユーザーの喜びを見ることができる環境は魅力的なのではないかと感じています。

冒頭でも述べたような、「ただただ開発を続ける」だけでなく、組織として全体の方向性を見せていくこと。また、そのためにエンジニアさんの力が必要であるとまっすぐに訴えられている会社は採用に強い傾向があります。

エンジニアの評価をエンジニアが行う

スクリーンショット 2020-09-15 14.44.16

例えば採用担当者やプロダクト・プロジェクトマネージャーがエンジニア出身である場合、その人がエンジニアの評価に加わっていることは非常に大きな魅力です。

非エンジニアのメンバーもエンジニアの技術や努力を理解できるよう勉強していきますが、やはり「技術のことは技術がわかる人に聞く」ことが一番です。

エンジニアの働きを正当に評価できるメンバーの支えがあることは、エンジニアさんにとってとても良い環境なのではないでしょうか。


「そんな会社で働きたい」エンジニアさんへ

今回ご紹介した”エンジニアさんにとって魅力的な環境”は以下の4種類です。

・開発だけではなく、ビジネスへの提案ができる環境
・入社後の活躍を会社が支えてくれる
・技術を磨いたその先が見える環境
・エンジニアがエンジニアの評価を行う

実はこれ、弊社ユニラボには全て揃っています。

こちらが弊社のエンジニア向け採用ピッチ資料です。自社の魅力・課題含め、多くのことをお伝えしています。もしご興味があれば、ぜひ弊社に遊びに来てください。

あなたにお会いできるのを、楽しみにしています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
25
株式会社ユニラボの”まっすぐ”な日々をお届けるコーポレートメディアです。私たちは「受発注を変革するインフラを創る」ため、アイミツというBtoBのマッチングサービスを開発しています。エンジニア、営業、コンシェルジュ、マーケティング、人事など、皆でユニラボの魅力をお伝えしていきます。

こちらでもピックアップされています

unilabo for recruiting
unilabo for recruiting
  • 5本

ユニラボの採用広報用コンテンツ。ユニラボに興味がある方に向けて、会社の魅力も課題もすべてお伝えします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。