見出し画像

ユニラボのエンジニアは"チーム"。採用担当エンジニアの考える、良い組織・良いチームとは

「うちのエンジニアはレベルが高い」。ユニラボの採用担当である二村は自信を持ってそう言い切ります。

ユニラボは、BtoBの受発注を支えるサービス「アイミツ」を開発している会社です。

取り扱っているデータ数は10万件以上。右肩上がりの成長を支えているのは、間違いなくユニラボのエンジニアチーム。

レベルの高いエンジニアを採用することや、入社したエンジニアを支え活躍してもらうための準備を整えることは多くの企業にとって難関です。

それを担い、開発と採用両面で活躍しているのが弊社の採用担当である二村。二村は元々、エンジニアとして数社を経験し様々なサービスの開発に携わってきました。

なぜユニラボのエンジニアチームは雰囲気がよく、レベルが高いのか? その秘密を教えてもらいました。

ユニラボのエンジニアは“チーム“。人を想い、組織を作る採用担当の裏話

画像4

――まずはユニラボのエンジニアチームについて。チームを一言で表すとどんなチームでしょうか?

「一言で言うと、まっすぐ・堅実なチームです」

――おお!素敵ですね。もう少し具体的に聞かせてください。ユニラボのエンジニアチームの特徴はなんだと思いますか?

「まずは、上下関係がなくフラットであることが良い雰囲気を作ってくれているな、と感じます。ビジネスサイドや上司への忖度がないんです」

――確かに……ユニラボのエンジニアチームは、ビジネスサイドに「こんなこともできるよ!」と働きかけをしてくれますよね。

「たとえば、ユニラボのエンジニアチームは、ビジネスサイドの”これを開発してほしい”という依頼を待つのではなく、自分達から出せるアイディアはどんどん伝えられるチームです。むしろ、自分たちから”こんなこともできるよ”と伝えて、ビジネスサイドの皆さんんから”そんなことできるんですか!?最高!”というコミュニケーションをとることも多いですね。

 また、エンジニアドリブンな組織を作るために、しっかり”言いたいことは言う”チームであることは特に意識しています。あとは、2名のベトナム人エンジニアを含む国際的なチームであることも、フラットなチーム作りの良い要因になっているかな、と」

――フラットかつ国際的。多様性と雰囲気の良さを併せ持つチームを作るために工夫していることはありますか?

「入社したメンバーがしっかりと馴染んでいけるように、メンター制度を導入しています。ユニラボが開発するアイミツのシステムは、規模が大きく複雑です。そうなると、どんなに経験を積んできたエンジニアさんでも入ったら必ず戸惑いがある。そういうものを解消して、安心して頑張ってもらうための制度です。わからないことがあるときに、誰に何を聞けばいいのかわかることや、悩みにただ共感するだけでなくサポートしてくれる人の存在ってすごく重要なんですよね」

――メンター制というと、チームの先輩がサポートする、という感じですか?

「実はユニラボでは、チーム内の先輩ではなく”別のチームの先輩”がメンターとしてつくことになっています」

――珍しいですね! どんな意図があるのでしょうか?

「メンターに求められることは、ただ”頑張れ!やってみよう!”ではなく、一緒に解決まで動くこと。言うなれば社内の友達になってもらうことです。その時、チームの中で固まるのではなく横断的に関係を持つことで、視野が開けたりフラットな関係が保ちやすくなるんですよね。
 メンターは、新しく入ってきてくれた人の年齢や経験を見て、私が任命しています」

――採用担当でありエンジニアだからこそ、新しいメンバーの適性などをみながら任命できるんですね。なるほど。エンジニアのレベルの高さもユニラボの特徴ですが、具体的にどんなシーンで「うちのエンジニアのレベルは高いな」と感じますか?

「コードの話だけでなく、全体の設計について議論できるメンバーが多い点でしょうか。エンジニアのキャリアを考えた時、開発のスピードやコードについては一定レベルまで腕を磨くことは可能です。ただ、そこから設計や全体像を見渡す部分までできる人は限られてくる。ユニラボには、ただ開発を行うだけでなくより高いレベルを目指し議論できるエンジニアが多いです」

――最近はエンジニアさんの定例で、勉強会が自主的に開催されていますよね。

「そうですね、定例はもともと『最近どう?』みたいな雑談をして親睦を深める場所だったのですが、最近はメンバーが自主的に勉強会を開くようになっています。ユニラボはPMにエンジニア出身者もいますし、ビジネスサイドから仕事を依頼されるだけでなくもっと多くのことにチャレンジし発案できる環境が整っていると思います」

――もっとエンジニアさんにクリエイティビティを発揮してもらうためにも、採用頑張らないとですね!

「インフラを作りたい」。自身の苦い経験をもとに、ユニラボへ

――採用担当とエンジニアの二つの職務を担う二村さん。そもそもユニラボに興味を持った理由はなんだったのでしょうか?

「”受発注を変革するインフラを作る”という明確な課題にワクワク感を感じられたのが大きいです。これはユニラボのエンジニアに共通することではあるんですが、やはりただ開発をするのではなくその先の大きな目標に向かって頑張りたい、という人が多いんですよね。私自身も、その場限りでなく長くずっと使っていくサービスを大切に作っていきたい、という思いがあったので、ユニラボのビジョンに惹かれました」

――ユニラボにとってインフラとは、”ここを使えばなんでもわかる”という世界観を示していますよね。開発しているアイミツは、BtoBサービスの見積もりに関して”アイミツを見れば全てわかる”というインフラになることを目標に開発とサービス展開をしています。二村さん自身、このような”受発注”について思い入れがあるのでしょうか?

「発注をするときってすごく難しいんですよね。会社単位の仕事の発注だと、300万とか400万の大型発注をすることも少なくない。そんな中、決定打がなくて自信をもって決められなかった経験が今までのキャリアの中でありました」

――自信をもって決められない、というと……

「たとえば、誰か友人の紹介や使ったことのある知り合いからのレビューがあると何かサービスを選びやすいですよね。でも、そういう口コミなどが身の回りにない場合は悩んでしまうことがほとんどです。結局、いくつかの会社の見積もりを取っても、違いなどが明確にわからず、真ん中の値段のものをなんとなく選ぶ、みたいなケースに直面したことがあって(笑)」

画像3

――なるほど……! たしかに、そこで悩んでいる人や会社さんはは世の中に多いですよね。

「そういった課題を解決するために、アイミツを開発しています」

――エンジニアの1チームでリーダーもされている二村さん。お忙しいと思うのですが、1日のスケジュールはどんな感じでしょうか?

画像2

「私はアイミツをより使いやすくするためのグロースハックチームを見ています。採用の業務も忙しく、面接・面談などの対応も行なっているので、今はチームが自走できるようにサポートしているような立場ですね」

――お、お忙しい……!

「とはいえユニラボはかなり有給が取りやすい環境だと思います。福利厚生の一環で、大切な人と過ごす時間に使ってもらうための特別休暇、”ユニラブ休暇”があります。こちらの取得率はほぼ100%。会社のベトナム人エンジニアさんも、ユニラブ休暇を利用して母国に一時帰国されていましたよ」

――エンジニアさんって「忙しい!大変!穴は開けられない!」というイメージでしたが、みなさんでカバーし合いながらメリハリあるお仕事をされているんですね。

「メンバーがみんな、全体を見られてフルスタックエンジニアに近いおかげでしょうか。開発のバランスは取れていると思います。誰かに頼んだり、補い合ったりはしやすい環境ですね」

これからますます成長する会社を担う。採用担当エンジニアが作りたい組織像。

――アイミツの利用者数、取扱データ件数は右肩上がりになり、組織としてももっともっと成長したいタイミング。採用担当として、どんな組織を作っていきたいですか?

「私が理想としているのは、正しいものを正しく作れる組織です。組織のビジョンやチームの考え方に共感し、ともに推進してくれる人たちが集まった組織を作っていきたいですね」

――エンジニアとして、採用担当として、「こんな人と働きたい!」という像を教えてください。

「技術は手段だという心得がある人、でしょうか。もちろんエンジニアである以上、技術が好きというのもすごく大切な素養です。一方で、ユニラボにおいては技術を使って何かを成し遂げたい!という思いの方が重視されます。技術の幅を広げ、追求すると同時に、それを使ったより遠くの目標に向かって歩める人、ですね」

――技術は手段、その先のビジョンの方がより大切、ということですね。

「そうです。なので、”どうしてもプロジェクトマネージャーになりたい”とか、”どうしてもあの役職に就きたい”というよりは、”受発注を変革するインフラを作る”ことにワクワクする人の方が楽しく目的を持って働けると思います」

画像1

――エンジニアチームはユニラボの要です。ユニラボ全体に、エンジニアチームはどんな影響を与える存在でありたいですか?

「ヒットを積み重ねることも大切だけれど、エンジニアチームからホームランを狙えるようになっていきたいですね。エンジニアだからこそ、持っている知識や、技術的なアイディアによってホームランを作ることができます。ユニラボは今まさに、大きくなっていくフェーズ。組織がどのように成長するのか間近に見られることは、エンジニアにとってはすごく貴重な経験です。エンジニアがイキイキと仕事をして、組織が育っていくのに貢献している実感を作れるようなチームを作りたいですね」

――ありがとうございました!

* * *

ユニラボにとって、エンジニアの人たちは「コンシェルジュ」のような存在です。聞いたら丁寧に答えてくれて、痒い所に手が届く動きをしてくれる頼れるパートナー。

フラットな関係の中から生まれる良いアイディアや高め合う意識が、より良いサービスを作っています。

ユニラボでは、レベルの高いチームの中でアイディアを出し、チームを引っ張ってくれるエンジニアさんを募集中です。Vue.js、PHPの開発に自信がある方、マネジメントにチャレンジしたい方は是非お気軽にご連絡ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
株式会社ユニラボの”まっすぐ”な日々をお届けるコーポレートメディアです。私たちは「受発注を変革するインフラを創る」ため、アイミツというBtoBのマッチングサービスを開発しています。エンジニア、営業、コンシェルジュ、マーケティング、人事など、皆でユニラボの魅力をお伝えしていきます。

こちらでもピックアップされています

unilabo for recruiting
unilabo for recruiting
  • 4本

ユニラボの採用広報用コンテンツ。ユニラボに興味がある方に向けて、会社の魅力も課題もすべてお伝えします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。