見出し画像

8年目の転職。未経験からWEBマーケティングにチャレンジ!

ユニラボの魅力を人の面から探る公式連載、「ユニラボメンバー紹介」。今回は、SEOチームの藤井裕梨恵さんの自己紹介です。

・・・

みなさま、こんにちは!株式会社ユニラボの藤井と申します。

私は2020年1月に中途入社して、マーケティング部のSEOチームに所属しています。まだ入社から間もないので、転職を考えている人の気持ちと比較的近いところにいると思います。

私はユニラボが初めての転職でしたので、この記事が転職に対して不安や疑問を抱えている人の参考に少しでもなったら嬉しいです。

新卒から8年目で初めての転職

画像3

前職では約50年ほど続く中堅企業で、営業マン向けの営業企画やtoC向けのイベントの企画運営などをしていました。

前の会社は新陳代謝が少ないこともあり、以前からのやり方にこだわりがちな会社だったと思います。それでも新卒から入社した私にとってはこの会社のやり方が全てだったので、会社の体制や雰囲気にも大きな違和感などはなく、自分なりにやりがいを見つけ、楽しみながら過ごしていました。

特にイベント企画関係は、それほど大きな規模ではなかったものの、自分のやったことが形になっていき、それが効果としてお客さんに伝わることが嬉しかったです。

しかし徐々に社歴も重なり任される仕事の幅も増えてきた頃、業務のこんなところを改善したい、こんなことも試してみたいと思っても、この会社では前例のないことにチャレンジすることが想像を絶するほど難しい。そんな壁にぶち当たりました。

良くないとわかっていてもまた同じことを繰り返すしかないことが悔しくて、ひっそり泣いたこともあります。

もし何か出来たとしても何をするにも何重にもお伺いを立てる必要もあって、全くスピーディに動くことが出来ない。このままだと、ほとんど何も進めないまま日々を過ごすことになってしまう。そんな危機感を持っていました。

前の会社で必要とされていたことも感じていましたし、ここで辞めてしまったら困ってしまう人もいるだろうと1年ほど悩みました。

……けれど人生は一度きりだし(もう30代に入っていたし)、今まで一つの会社しか知らない自分ではここにいても、結局は変えられることは少ないのでは?と、思い切って新しいことに挑戦しようと思ったことがきっかけで、転職を決意しました。

前職と違いすぎる!いい意味での驚愕

画像2

ユニラボに入社するのはすごく勇気がいりました。

というのも私は根っからのtoC、しかもオフライン系業務ばかりしていた人間です。toB向けITベンチャーというだけで正直足が竦む思いでした。

そして、実際ユニラボに入社して感じたのは、とにかく沢山のいろんな「驚き」でした!

前の会社が一般的にいうお堅い企業だったこともあり、ユニラボに入社した時は衝撃の嵐でした。

まず驚いたのは、「入社するよりも前」に来期方針発表会と忘年会に参加して欲しいと言われたときです。内心、まだ入社もしていないのに本当にいいんだろうか…?という気持ちでいっぱいでした笑(そんな私の心配を他所に、暖かく迎えてくれたことがとても嬉しかったです!)

他にも驚いたのは、社員同士の風通しの良さです。

例えばユニラボでは、社員同士がとてもフランクに話をします。それは相手の役職が上であっても変わりません。社員の誰に対してもチャットで気軽に話しかけていい、というのも私にとっては新鮮な驚きでした。

というのも前の会社は、年功序列は当たり前、上司のことは必ず役職をつけて呼ぶ、上司に話しかける時も時間や話し方を慎重に選ぶ、そんなところだったからです。

確かに私は前の様な堅い風土の会社よりも、もっと柔軟に物事に取り組める会社に勤めたいと思って転職しましたが、正直ここまで変わるとは予想していなかったです!笑

この様な会社なので、もちろん自ら考えてチャレンジしていくことにもとても寛容です。むしろ自分から発信していくことが大事なんだと日々感じます。

どうしたら仕事が、業績が、会社が良くなるのか、頭を悩ませて考えて、それをみんなで形にしていけることがとても楽しいです。

未経験からのwebマーケティング

画像3

現在はマーケティング部のSEOチームでWebマーケティング関係の仕事をしています。前職ではオフライン関係の業務が主だったので、全くの未経験から今の業務に入りました。何もかもが初めてのことばかりで当初は他の社員の方へ追いつくのが精一杯でした。

施策を考え実装、どんどん数値計測して、改善して……1日どころか数時間単位で改善を回したりと、前職とは比べ物にならないスピードで動いていくのを目の当たりにして、これがITベンチャーかとここでもまた驚くばかり。

前職と行う業務も全く違えば、使うツールも見慣れないものばかりで多種多様です。

(ちなみに、私が入社した後にもツールは増えました。使えるツールなのかは「まずは試す!そして改善を回していく!」の精神が効いているのだと思います)

入社したばかりの頃は、前職からのあまりの様変わりに本当に自分にできるのだろうかと途方もない気持ちでしたが、そんなこんなであっという間に半年が経ち、まだまだ勉強すべきところは沢山あるものの、今ではかなり仕事にも慣れてきました。(とはいえ、用語に関してのレベルでも…沢山ありすぎてまだ迷うこともありますw)

慣れてきたところで、課題もたくさんあります。どうやったら検索順位を上げられるのか、コンテンツの内容か、技術的な問題か。考えることは山積みです。

しかしながら、純粋にユーザーにとって良いコンテンツとはなんなのかとまっすぐ向き合っていけるこの仕事にとてもやりがいを感じます。また、それをチームでできることも嬉しいです。

今課題に感じていることでも、いろんな角度から挑戦や改善をしていくことで日々どんどん良くなっていきます。これもベンチャーだからなのか、何をするにも伸び代ばかりで、これからが楽しみでなりません

こんな人と働きたい!

「自分の思ったことやアイデアを遠慮なく発信できる方」だと嬉しいです!

これは自分が前職の経験もあって、やや遠慮してしまうタイプでもあるのでその裏返しかもしれません。

だけど、ユニラボに入ってそれは誰のためにもならないんだと学びました。疑問に思ったらとりあえず言葉にしてみて、みんなで考えてどんどん前に進んでいけるのが良いですよね。

社員ひとりひとりとまっすぐに向き合っていける会社だからこそ、
いつでも上司や相手の顔色を伺って…という仕事に嫌気がさしている人にもぴったりだと思います!笑

さらに言えば、「自分や周りのアイデアをどうやったら実現できるのか考えて、そして動くこと」が出来る、しようと思える方とより働いてみたいです。実際に動けるのってとっても凄いことなので、自分自身にも日々言い聞かせていきたいと思っています。

私にとってユニラボに入社してからの半年は、あっという間でありながら、実はもっと昔からここにいたようなギュッと詰まった半年でした。

同じ様な話を社内でたくさん聞くので、皆さん入社したらきっと同じ気持ちが味わえると思います!この記事を読んで、ユニラボに興味が湧いたらぜひお話ししましょう。

一緒に働いてくれるあなたをお待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
株式会社ユニラボの”まっすぐ”な日々をお届けるコーポレートメディアです。私たちは「受発注を変革するインフラを創る」ため、アイミツというBtoBのマッチングサービスを開発しています。エンジニア、営業、コンシェルジュ、マーケティング、人事など、皆でユニラボの魅力をお伝えしていきます。

こちらでもピックアップされています

株式会社ユニラボインタビュー
株式会社ユニラボインタビュー
  • 14本

ユニラボをより深く知って頂くための社員インタビュー。本音でユニラボを熱く語るそれそれのストーリーをご覧ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。