ユニコーンはここにいる

「ユニコーンはここにいる」、略称「ゆにここ」は、「フェミニズム」と「クィア」を二本の柱とするウェブメディアです。 運営:株式会社xemono(https://note.com/xemono
    • A is for Asexual
      A is for Asexual
      • 8本

      アロマンティック、アセクシュアルの当事者が、体験や悩み、日常を綴る。「恋愛をしたくない人なんているの?」と思ったあなた、あるいは、「周りが言う恋愛や性欲がわからない」と思っているあなたに。川野芽生によるエッセイ。

    • あぶないいきもの
      あぶないいきもの
      • 8本

      一冊の本が、人の暮らしや生き方を変えたり変えなかったりする、インターネットレズビアン直角によるエッセイのような書評のような文章。

    • 一人ひとりを包むもの
      一人ひとりを包むもの
      • 7本

      ファッション、メイク、ジェンダー。装うことについての杉田ぱんのエッセイ。

    • 炎上解説
      炎上解説
      • 3本

      なんでこの広告が炎上しちゃったの?と言う疑問に答える記事がまとまっています。

    • 愛しても愛しても
      愛しても愛しても
      • 6本

      「誰かを愛さない人はいない」なんて、人は簡単に言うけれど、あなたの愛とわたしの愛は別物かもしれない。愛は不可思議。愛は奇妙。吉田瑞季による愛についてのエッセイ。

固定された記事

ユニコーンはここにいる(川野芽生)

「ユニコーンはここにいる」、略称「ゆにここ」は、「フェミニズム」と「クィア」を二本の柱とするウェブメディアです。 1. フェミニズム わたしたちは楽しく生きるフェミ…

二十代最後の年、ロリィタにはまった③/「A is for Asexual」#8 川野芽生

幼き日のエイジズム このシリーズの第一回で、わたしは「もう、ロリィタが似合うような年齢は過ぎてしまったのではないかと感じながら」と書いた。 こういうかわいいお洋…

二十代最後の年、ロリィタにはまった②/「A is for Asexual」#7 川野芽生

以前にもこんな記事を書いたくらいだし、ロリィタを着る前から、わたしは傍から見ればかなり自由に装いを楽しんでいる方だったと思う。 でも、わたしにはわたしなりに、装…

二十代最後の年、ロリィタにはまった①/「A is for Asexual」#6 川野芽生

憧れのロリィタ この秋、二十九歳の誕生日を目前にして、ロリィタファッションにはまった。 十年くらいずっと、「いつかロリィタを着てみたい」と言っていた。 いや、友…

山尾悠子『飛ぶ孔雀』文庫化記念展示/「薔薇色の脚」中川多理 パラボリカ・ビス閉館に寄せて/落丁ラジオ

落丁ラジオ最新話公開! 山尾悠子『飛ぶ孔雀』文庫化記念展示/「薔薇色の脚」中川多理 中川多理人形展「Till Dawn――暁に」 ギャラリーパラボリカ・ビスの最後の展示に…

夫婦別姓にできないから二人とも名字を変えてみた話(吉田瑞季)

 わたしと同居人は婚姻届を提出した。  片方が片方の被扶養者として健康保険証をゲットするためには、この謎の手続きが必須だったからである。  なんでや。めんどくっ…