uniセレクトシネマ『MINAMATAーミナマター』
見出し画像

uniセレクトシネマ『MINAMATAーミナマター』

uni初の試み《uniセレクトシネマ》を先日開催しました。《uniセレクトシネマ》とは、uniが選んだ作品を特に観て頂きたい方限定でご招待する試写会。

記念すべき第一作目は、
9/23(木)全国公開『MINAMATAーミナマター』

ジョニー・デップ製作/主演最新作
『MINAMATAーミナマター』

史上最も偉大な写真家の一人、ユージン・スミスによって世界に水俣病を知らしめるきっかけとなった写真集MINAMATAを、ジョニー・デップと豪華日本人キャストによって完全映画化。ジョニーがユージンを演じるとともに製作にも名乗り出て、今もまだ続く水俣の危機に当てたスポットライトで、各国で同じ環境被害に苦しむ多くの人々をも照らし出す。世界への警告と希望を焼き付けた、今こそ体験するべき一本が誕生した。

© 2020 MINAMATA FILM, LLC © Larry Horricks

セレクトシネマの上映後には、uniメンバーの汐田、もっちゃん、しんのすけのトークイベントを行いました。三人とも本作に心を鷲掴みにされた面々。

しんのすけはこの映画について「水俣の問題が取り上げられがちだけど、感動したのはクリエイティブと発信。当時の伝えられる手段を最大限に使ったこと。」と述べ、まず話題はユージン・スミスについて。
もっちゃんは「戦場カメラマンとして活躍し、やがて戦争にまきこまれている民間人に目を向け、それが水俣へと繋がっていく。信念のある人だと感じた。」とコメント。
汐田は「報道カメラマンから、民間や医療へと被写体が向いていく。そこには強い思いがあったと思う。」と分析。

当時ユージンがウィスキーをガソリンのように呑んでいた話で盛り上がりながらも、しんのすけは「ユージンの物語を描くということで企画がスタートし、ジョニーと監督が賛同、そのテーマが水俣だった。水俣の物語であるけど、写真家で発信する人である、ユージンを描いている。」と語った。

《写真左ジョニー・デップ、右アンドリュー・レヴィタス監督》

続けて制作について、しんのすけは「監督が坂本龍一のファンでオファーし、坂本さんだけの試写会を行なった。坂本さんは作品を観て運命的なものを感じ、この映画の音楽を手がけた。普通だったら企画段階で入れるようなすごい人が、この作品を観て賛同してつくったことに驚いた。」と熱く語る。

もっちゃんは「水俣でロケハンした時に、風景が当時と違うので再現が難しく、この映画はセルビア、モンテネグロで撮影したたけど、現地スタッフの熱量もすごかったよう。スタッフは2001年までのユーゴスラビア紛争を経験した人もいたからこそ、ユージンの姿に共感するものがあったと思う。」と話し、スタッフがこの映画に賛同して集結したことにも意義があると語った。

印象的なキャストについては、まずもっちゃんは、「熊本出身の國村さんがこの映画に興味を持ち出演されたけど、チッソの社長を単純な悪役ではなく、一面的でない人間の奥深さを表現した姿に心を打たれた。」とコメント。

しんのすけは、「青木柚さん演じる、カメラを教わるシゲルくん。『うみべの女の子』に出てるあの主演の子だと思わなくて、驚いた。ジョニーとの二人の芝居も多くて、素晴らしいアンサンブルだった。」と絶賛。

そしてイベントの一番のテーマである発信について。汐田は「当時はメディアが光をあてないと描かれなかったことはたくあるけど、今は誰でも親指一本で発信できる。だからこそ、感じたことがあった。」とコメント。
しんのすけは「アイリーンに対し、ユージンが『カメラを向けろ、感情に支配されるな』というセリフに泣いた。あの言葉には、発信する者としての覚悟を感じた。」と熱く語った。
もっちゃんは「この映画は写真の力で世界を動かした。発信することで、誰かを傷つけたりするのではと怖くなることもあるけど、映画の情報をyoutubeで発信して、それを見て映画を観に行ったと言われると嬉しい。」とコメント。

しんのすけは、「カルト宗教の両親を持つ娘役を芦田愛菜が演じた『星の子』をTikTokで紹介したのをきっかけに、その映画とまさに同じ境遇である中学3年生の子が、映画を観たと教えてくれた。当事者として、自分がどう見られているのか、映画を通して客観的な視点を持てたという感想をもらえた時に嬉しかった。」と打ち明けた。
汐田は、「プロデューサーとして携わった『佐々木、イン、マイマイン』を、尊敬してる作家がTwitterで最高だったと紹介して、それに対し引用リイートでコメントした。最近出版されたその作家の私小説で、自分が引用リツイートしたことのエピソードが書かれていた。発信がお互いのエンパワーメントになっていることに感動し、辛いこともそのことを思い出したら、なんかやれるなと感じた。」と語った。

最後に発信の力について、もっちゃんは「水俣については教科書で学んだくらいで、あまり知らなかった。いい作品だから、広げて欲しい」と会場の観客へ向けて思いを語った。しんのすけは「今は、全員が発信する人間。現像の手間に対して、親指一本で発信できることを改めて感じて欲しい。」とコメントし、イベントを締めくくった。

《来場者には映画鑑賞後に見てもらうメッセージカードを配布》

Your voice can make the world a little better.

皆さんもぜひ劇場へ、その目で確かめてください。
今、私たちが未来に向けてできることの鍵が見つかるかもしれません。

製作:ジョニー・デップ
監督:アンドリュー・レヴィタス 
脚本:デヴィッド・ケスラー
原案:写真集「MINAMATA」W.ユージン・スミス、アイリーンM.スミス(著)
音楽:坂本龍一
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、and  ビル・ナイ

提供:ニューセレクト株式会社、カルチュア・パブリッシャーズ、ロングライド
配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム

9/23(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『映画とファンを繋ぐ、新しい出会い』を作り出すuni(ユニ)です。素敵な映画と仲間に出会える場所に。 https://www.uni-cinema.com/