uniインタビュー第8回しんのすけ:Z世代からの圧倒的な支持を誇る!フォロワー62万人の映画感想TikTokerの意外な夢とは?
見出し画像

uniインタビュー第8回しんのすけ:Z世代からの圧倒的な支持を誇る!フォロワー62万人の映画感想TikTokerの意外な夢とは?

uni|これからの映画のために

はじめに─uniの中の人を紹介します─


こんにちは!uni(ユニ)です。

uniは「映画と人を繋ぐ」をモットーに、キャンペーンやイベントを通して、もっと映画館に足を運んでもらうための新しいコミュニティです。本note企画では、毎月一人ずつuniの魅力溢れるメンバーを紹介していきます。
 
第8回で紹介するのはuniサポートプランナーのしんのすけ。若者から抜群の人気を誇る映画紹介TikTokクリエイターで、「TikTok TOHO Film Festival 2021」審査員やショートショートフィルムフェスティバル & ASIA2021公式SNSナビゲーターを務め、幅広いメディアで映画についての発信を続けています。子供の頃から映画が好きで映画監督を目指していたしんのすけが、東映京都撮影所での経験を経て上京し、映画製作会社へ。そしてTikTokクリエイターになるまでの半生をuniインタビューで大公開!映画業界に入りたい方、映画製作に興味がある方は必見です。

映画監督を目指したきっかけは”THE YELLOW MONKEYの着うたの自作”

―しんのすけさんはどんな子供時代を過ごしましたか?
 
自転車で30分の所にイオンシネマがある、そんな京都の伏見で生まれ育ちました。クレヨンしんちゃんやドラえもんを見るために、幼い頃から両親と映画館にはよく行っていましたね。当時は地上波でもよく洋画が放送されていたので、洋画もよく見ていました。
 
すごく印象に残っている出来事は、小学生6年生の時に初めて子供たちだけで映画館に出かけてトム・ハンクスの『キャスト・アウェイ』を見たことです。トム・ハンクスが大好きで、予告編を見て「どうしても見たい!」と思い、初めて字幕版を見たのですが、面白すぎて感動しました。
 
―10代の頃はどんな学生だったのか知りたいです!
 
中高生時代は主に映画・音楽・漫画・ゲームの4つがメインで好きでした。ワンピース世代なので漫画にもどっぷりハマっていましたし、ハンターハンターなんかも大好きでした。
 
音楽は中学2年生の時にTHE YELLOW MONKEYとの出会いが衝撃的でしたね。新しい音楽を探して中古ショップに行ったときにたまたま見つけて。今でも大好きです。振り返ってみると、今まであまり好きなものが変わっていない気がします。昔から収集癖もあったので、映画のDVDもお小遣いを貯めてコツコツ買っていました。
 
―子供の頃の夢はありましたか?
 
映画・音楽・漫画・ゲームが好きだったので、漠然とどれかに関わりたいと子供の時から考えていました。小学生の頃はゲームクリエイターになりたかったのですが、中学生の頃は映画を作りたい、音楽を作りたいと思うようになっていました。
 
ただ、同級生で苦手な子が音楽をやりだしたから、やりたくなくなったんです(笑)すごく単純な思考だなと思いますが、彼がいなかったら音楽の道に進んでいたかもしれません。
 
―はじめに映画監督を目指したきっかけはなんでしたか?
 
THE YELLOW MONKEYの着うたが無かったので、それを自作しているうちに、映像を作る感覚も自然と身に付いて監督を目指すようになりました。映画以外の道に進む気は無かったですし、自然な感情でした。
 
―大学も映画系に進まれていますよね。
 
京都芸術大学映画学科に進学しました。そこでは映像の基本的なことを学んだり、インターンとしてプロの現場で助監督の仕事をさせて頂いたり、沢山の貴重な経験ができました。

憧れの監督に誘われ上京を決意。

 ―上京を決断した理由を教えてください。
 
大学卒業後は、京都の東映撮影所に入所して助監督のポジションで頑張っていました。入所から3年程経ったある時、とある作品の現場で僕が子供の頃から大好きだった作品を撮影していた監督と出会いました。その監督が東京の方だったんです。
 
現場で仲良くなり、様々な最先端の技術について学んでいるうちに「東京では色々な経験ができる。一度来てみないか。」と誘われ、上京することになりました。
 
―東京では何から始めましたか?
 
初めは助監督でCMや映画の監督をやっていました。京都では三番目のポジションだったけど、少しハッタリをかましてチーフ業務などもやっちゃっていました(笑)
 
―印象的なエピソードはありますか?
 
「HiGH&LOW」シリーズは4年も助監督をやっていたので思い出深いですね。合計5作品に関わりました。スタッフも変わらなかったので、脚本や企画にも携わらせてもらったので、本当に良い経験でした。

―転機になった出来事はありますか?
 
交通事故にあったことで鬱病になったことです。ただ、この事故の時も映画に救われたと思った出来事がありました。車の交通事故で崖から5m落ちている間に、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の冒頭、橋から落ちるシーンをなぜか思い出していたんです(笑)今では笑い話ですが、当時の極限状態の中で僕の心を支えてくれていました。
 
そこから怪我は治って現場にも復帰したのですが、信じられないくらい体力が落ちていたんです。それに気づかずに現場に戻ると、やっぱり以前のようには上手くいかなくて、その仕事の中で鬱病になり、引きこもりになってしまいました。
 
―鬱病を患ってからどのようにして回復へと向かったのでしょう。
 
外に出られなくなってしまって、暗いところが怖くて夜眠れなかった。だから朝方に寝るようになったのですが、やっぱり陽の光を浴びないと人間おかしくなってしまいます。そこで考えた外に出るための目的が、映画館に行くことだったんです。
 
どうしてもこれは映画館で見たいと思った作品が、『狐狼の血』でした。そこから少しずつ、外に出たり友人にも会えるようになりました。映画館に行くことが、自分を奮い立たせてくれたと思っています。
 
鬱病から復帰して人に会わずにできることを探していると、友人からの紹介で大阪の映像専門学校の講師をすることになりました。この学校での経験が今の僕を作っています。
 
―TikTokを始めようと思った理由はこのタイミングでしたか?
 
そうですね。講師をしていた学校がSNSの勉強に力を入れていたんです。そこで自分も生徒に教えられるようにと、始めたのがTikTokでした。
 
エンタメ業界全体を盛り上げることで、一番大好きな映画もさらに広めていきたい。

ハリウッドスター達へのインタビューも公開!
画像からしんのすけのTikTokへ飛べます!

―uniに加入した理由を教えてください!
 
クラブハウスで知り合った汐田さんからのお誘いがきっかけです。ちょうど映画の仕事が増えてきたタイミングだったので、一人じゃできないことができるかと思い、挑戦しました。
 
今では、展示会を開いたり従来の宣伝ではできなかったことに取り組めているので、日本映画界に一手を打てた実感はあります。
 
―今後の展望を教えてください!
 
TikTokでの映画紹介は続けながらも、他の業界とリンクさせながら映画を別の方法で紹介し続けていきたいです。例えば漫画×映画やファッション×映画など、別のカルチャーのインフルエンサーとチームを組んで、エンタメ系全般で発信できるような会社を作りたいです。
 
映画が一番大事ではありますが、付随するエンタメ業界を盛り上げられたら、結果的に映画業界の底上げにもなるのかなと思います。
 
また、映画をたくさんの人に広める方法として、唯一無二のインフルエンサーを生み出したいです。やっぱり作品が先行すると作品のファンで訴求範囲が終わってしまうから、業界を代表する若いインフルエンサーを立てることで、継続して映画業界を盛り上げられるのではないかと思っています。

TikTokerとしてショートムービーの監督や、
映画のトークイベントにゲスト登壇も。
2022年2月に初めての著書『シネマ・ライフハック』が発売

―これからuniで叶えたいことはなんですか?
 
team uniでもっと活動の幅を広げていきたいです。せっかくメンバーも沢山集まってくれているので、きっと何か新しいことができると思っています。作品ベースではなく、uniならではの企画を考えて、映画ファンの想いを大切にしながら今後も挑戦を続けていきたいです!

決して順風満帆なだけではないキャリアと人生を送ってきたしんのすけ。しかし子供のころからエンタメが大好きで、映画に何度も救われたと話す彼の言葉には映画への愛が随所に溢れていました。常に映画のことを考え、これまでとは違った切り口で映画界を盛り上げようとするしんのすけの躍進に、是非ご注目ください!

Interview/Editor:琴美(uni/PRコーディネーター)
Writer:爪菱リオ

しんのすけの一問一答!

映画館にはどのくらいの頻度で行く?
週3くらい

お気に入りの劇場は?
京都みなみ会館

私の大切な一本!
『シザーハンズ』
人生の苦楽が全てが詰まってる。

映画以外に好きなことを教えてください
漫画『ONE PIECE』『ブラックジャック』『藤子・F・不二雄短編集』
音楽 THE YELLOW MONKEY、ビリー・アイリッシュ、欅坂46
写真、機械、服、おもちゃ、コアラ、生肉、ラムネ、CCレモン

uniメンバーを一言で紹介してください!

汐田海平
業界注目!友愛の革命児

DIZ
愛こそ全て!稀代の先導者

タカヒロ
一家に一人!実家のような安心感

アリサ
縦横無尽!バイタリティの鬼

琴美
不屈の魂!宣伝界のホープ

haruca
内なる激情!共感の創作家

もっちゃん
ごはん大好き!飽くなき挑戦者

キミシマユウキ
攻守最強!饒舌のフルスロットル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
uni|これからの映画のために
『映画とファンを繋ぐ、新しい出会い』を作り出すuni(ユニ)です。素敵な映画と仲間に出会える場所に。 https://www.uni-cinema.com/