もういない君と話したかった7つのこと

45
記事

もういない君と話したかった7つのこと #01

まえがき  僕がこの本を書くことになったきっかけは友人「K」の死です。  Kは10歳以上年の離れた友人でした。  出会ったときのKはまだ16歳で、人...

もういない君と話したかった7つのこと #02

▼1つめ 力を抜いて「平凡な自由」を考えよう いろいろ働いてはみたけれど……  自殺する前によく「自由になりたい」と言っていたK。  僕には彼...

もういない君と話したかった7つのこと #03

無気力に救われることもある  Kはよくこう口にしていました。 「自分は無気力であることで救われている」  どういうことでしょうか?  動物は努力...

もういない君と話したかった7つのこと #04

「正気のまま自殺」は考えられないことか?  自由意志が存在しないという話をしましたが、にわかにはそれを受け入れられない人もいるでしょう。  だ...

もういない君と話したかった7つのこと #05

時間があるほど、迷ったり、悩んだりする  僕が「自由になったかなぁ」と感じ始めたのは、27歳でフリーのデザイナーになったときです。  一見独立し...

もういない君と話したかった7つのこと #06

〝究極のリア充〟だったブッダが求めたもの  普通なら「いや、そこはもう逃げなくていいだろう」と思うでしょうけど、「そこまでするか?」みたいなレ...

もういない君と話したかった7つのこと #07

2つめ 人とのつながりという「檻」から自由になるには 「歪んだ鏡」は本当の自分を映さない  この章では、「自分は特別な人間だ」という自意識から...

もういない君と話したかった7つのこと #08

誰も人間関係という「檻」から逃げられない  Kが亡くなってから、僕は、「自由になるためには、基礎能力がいる」、そう思うようになりました。  20...

もういない君と話したかった7つのこと #09

素直に「さみしい」と言っていい  社会性やコミュニケーション能力というと、なにか難しく思えます。  自分はおもしろい話ができない、嫌われてしま...

もういない君と話したかった7つのこと #10

馬鹿に見られるくらいでちょうどいい  だけど、それがあまりにも恐怖すぎて、「このままでは、もう人前で喋れなくなってしまう」と思いました。  そ...