見出し画像

場面緘黙:人一倍シャイなマスクの子。

場面緘黙って知っていますか?

-------------------------------


こんばんは。もう朝ですね。

今日は、昔の私について。


多分、今の性格があるのもこれの影響大きいと思います。というか、この性格だからこうなった?

まあ、どっちでもいいです。

(※今日のは全て「私の場合」と思って読んでください。あと、ギュッと長そうなところは体験談です。飛ばしても…笑)



場面緘黙。(ばめんかんもく)


と、緘動


皆さんご存知でしょうか。


特定の状況下で(私の場合:注目を浴びると…?)動けなくなったり、喋れなくなる


そんな感じです。たぶん。NHKのサイトとwikiを載せておきます。精神疾患タグ付けましたが、実際どうなんでしょうね。




大学生になってからこの言葉を知って、私、これじゃん!!!と驚きました。スッキリしました。


結構そういう人は多いらしく…

みなさんの周りにも、1人くらいはそんな子、いたのではないかと思います。


実際、私は全校800人くらいの小学校にいたのですが、3つ下くらいに同じ症状の子がいました。

なぜか学年を越えて班を組まれて遊ぶってやつ(?)で、一緒でした。(先生、仕組んだだろ…笑)

普段なら緘黙発揮して固まるところなのですが、最上級生だったので、

自分が上に立ってやらなきゃ、って、真面目な性格故に行動できたんですよね。

班、全部で12人くらいだったかな。1学年2人とか。10人超えると私的には結構緊張する方なのに、このときは喋れました。


人によって症状は違うらしいので、もし良ければ調べてみてください。



緘黙って、

言いたいことを言えない

んです。

本当はこれがやりたい、けど手を上げられない、言えない、できない、そんな感じ


たとえば、

小学校の発表会で、喋らなくていい役があったんです。

ダンスメイン、みたいな。結構人気だったんですけど、体が柔らかい人にしよう、ってクラスでオーディションのようなものが開かれて、よくある立ったままの前屈、みたいな、なんて言うんでしょう、腰を起点に体を折るやつ、で、床に手がつく人にしよう、ってなったんです。

私も参加したかったけど、なかなか言い出せなくて、残り1枠!ってなったときに、やらなくていいの?って先生に後押しされて、ビクビクドキドキしながら前屈した記憶があります。

晴れてその役を貰えたのですが、

みんなの前で前屈をする、そんなちょっとした事でも私にとっては高い壁だったんです。


給食前に、明日の時間割とかを連絡帳に書いて先生にハンコもらわなくてはいけないのに、親からの連絡で連絡帳を朝から先生に預けてた日には、「連絡帳返してもらわないと書けない」ってなかなか先生に伝えられなくて、泣きそうだったこともありました。今となっては笑える…


ALT(小学校の英語:話すのメインなので大嫌いだった時間)の先生には、shy girl!って言われてました。笑


上に書いたものは小学生時代の話ですが、症状自体は幼稚園の頃からずっとあったので、

小学校入ってすぐくらいのときに、言語聴覚士さん?かなにかに会いに、病院?に連れて行かれたことがありました。

でも、


そこの人「担任の先生の名前教えて?」

わたし「…(なんではじめて会ったお前に教えなきゃいけんのや)」


って感じでした。捻くれてますね。幼いながらに達観(?)していた気がします。捻くれgirl。



友達は普通にいて、クラスの子も普通に接してくれました。

少人数だと普通に話せたんです。

クラスのみんなと鬼ごっこしたし、ゲームもしたし、毎日友達の家に行って遊んだり、近所の子と外遊びしていました。

普通の子供です。

通常学級に入れていいのか親は迷ったみたいですが、幼稚園の先生が大丈夫だと後押ししてくれたそうです。感謝。

周りに恵まれて、特にいじめられるようなこともありませんでした。

陰でちょっと言われたこともあったけど、

その陰口に同意を求められても、え、そう?って友達が返してくれていたのを見かけたり。

感謝感謝です。


高学年になる頃からかな、音読を飛ばしてもらうことが当たり前なのが申し訳なくて、そろそろ話せるんじゃないかと期待されるのが嫌で、なんだかマスクに安心感を覚えるようになりました

口が隠れてる安心感。話せませんよ、と。

毎日マスク

(毎年のようにインフルにはかかりました)

高学年から同じクラスになった男子には、私が目を細めているのを見て「あ、笑ってる!」って言われたりしました。

(今『こえ恋』という紙袋を被った男子高校生が出てくる漫画にハマっています。なんか、共感する…)

でも特にやばい奴扱いとかされなかった。みんな優しかった。

卒業するときの寄せ書きに、仲良い男子に「ナイスマスク」とか書かれはしましたけど。笑

タイトルと画像は、そういう話。

今でもマスクは、暑くさえなけりゃ、安心する。



小学3年生の時、はじめてのクラス替えを経て、隣になった男の子が、

ふと、

「なんで喋れないの?」

と聞いてきました。

そりゃあ、気になりますよね。

今までみんな聞いてこなかったのが不思議なくらい、私でもこんな子いたら気になります。子供の好奇心は大切にしたいものです。でも、

この質問が1番苦しい


なぜなら


私だって分からない

喋りたい、みんなと同じようになりたい


答えられずに気まずいまま、クラス変わってすぐに、その子は転校してしまいました。元気かな。


もし、私みたいな子がいたら、そういう質問はしないであげたら、いいのかも。

地味にそのときの答えられないもどかしさ、覚えてるもの。ちょっと苦しい。

これを子供が読んでるとは思えないけど。



自分の気持ちを言えないから、

外では基本、言われるがままの生活でした。

だからなのか、分かりませんが、一言で言うと 優しい 性格です。

自分の気持ちはちゃんとあるけど、

言えないから優しく見えるんじゃなくて、普通に優しい。って感じ。自分で言うのもあれなんですけど。

今も。

いや、今は優しいだけじゃ生きていけないことに気づいて(今度書こうかな)優しくないかもですが。


優しい性格と、

こんな感じで精神障害みたいなのがありつつ、周りに助けられて生きてきたこと、

と、その頃自宅で祖父母の介護があったこと、

と、学校に特別支援学級があって、障害のある子との交流があったこと、


があり、福祉に興味を持つようになりました


困っている人を助けられる人になりたい


って。私をやさしく見守って育ててくれた社会への、恩返しみたいなものかもしれないです。



さて、話しがあっちこっちいきましたが、

どうやって克服したか


私の場合は、「成績」

発言はしないけれど、真面目なので元々成績はよかったです。

ただ、

中学3年生になり、受験を意識し始め、


発言しないと成績もらえないかも


と思ってから、ちょっとした音読や発言ができるようになりました。できるようになったというか、するようになった

成績の方が大事だったみたいです。


好きな先生の理科の授業中

「お天気雨はどうなってるんですか?」

って堂々と聞いちゃうくらいには、慣れました…笑


わたし的にもそんなことで克服できるんか!って感じです。



それに続く、高校入学。


中学が同じ子は1人だけ。それにその子とクラスは違ったし、ほとんどの同級生はこれまでの私を知らないということになります。

それに、小学校→中学校は地域の学校だったので、先生間で、私について何か連絡あったかもしれないけれど、高校は違う。


変わるなら今。

そう思って生活しました。


そもそも発言の場が少なく、先生が当てることが多かったので、自分から、というより、


やらなきゃいけないときはやる、という、

真面目な性格が功を奏した感じはあります。


おかげで高校の人は、私が場面緘黙のあった人だとは知らないはずです。


でも、知られていない故に困ったことはありました。

特別扱いされない

ので。

委員長(全校生徒の前で発表がある)決めジャンケンとかの時は、めちゃくちゃヒヤヒヤしました。

万が一委員長になっても、発表の日は休んでやろうとか思っていましたが。



そんなこんなで大学生です。

早い。早すぎる。


時間にも行動にも余裕ができました。

緘黙もほとんど克服しました。

じゃあやることはなに?


今まで気持ちを、意志を押さえてきた分

やりたいことをやる!


そして今に至ります。

大学生活アクティブに生きてきて、充実していましたし、楽しかったです。(終わったみたいな言い方ですが、あと1年あります)


デキ女と言ってもらえるまでになった。

経験をたくさん積めた。

好きなことが増えた。

たくさんの人に出会えた。

仕事ができる人になった。

勇気もついた。

多様性に寛容になった。

怖くて怖くてしょうがなかった、

知らない、新しい環境にワクワクできるようになった。

目標もできた。

それに向けて行動できるようになった。

1番の目標は達成されなかったけど、

今こうして次の目標を探そうと、

前向きに生きている。


あの時勇気を出してよかったー!

克服できてよかったー!


心からそう思います。





(ここだけの話(?)、就活のESの「克服したこと」に緘黙を書いてもウケが悪い気がしてる。書類落ちしただけだけども。まぁ、緘黙に囚われすぎて、これ以外に克服するものなんてあったかなぁ、って感じの人生だから、これについて書くしかないんです!!笑 これについてはまた今度書こうかな)




おやすみなさい!

長文失礼しました!ここまで読んだ人いるのかな。



明日がいい日になりますように☺︎



そして、緘黙のある人も生きやすい世の中に、なりますように。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

創作活動に…!

嬉しいです☺︎
10
しがない21卒大学生がなにを書くとも決めずに書くもの。今は自分のことを考えるのでいっぱいいっぱいで、あまり読めないかもしれないけど、沢山学んで、自分について整理・理解できたらいいな☺︎多忙により呟き多め。INFP。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。