見出し画像

【11月21日】旅の秘訣は軽量化

梅宮照之

今日は石垣島から与那国島へと移動します。アイキャッチは、ヒトよりも牛の方が多い島・黒島で撮りました。

与那国島なんて、教科書にしか存在しない島だと思っていましたが、ついに日本最西端の島に上陸します。

与那国島は現在、自衛隊基地もあるということで、色々と揉めがちな中国との最前線といってもいいでしょう。現場の空気を感じられればと思います。

それにしても今回の沖縄旅は、実に多動です。現段階で那覇→石垣島→西表島→波照間島→石垣島(日帰りで竹富島、小浜島、黒島)→与那国島ときています。そしてその後は与那国島→石垣島→宮古島→伊良部島→宮古島→多良間島→宮古島↔︎那覇と移動する予定です。

11月だけでも飛行機に6回、フェリーに9回乗りますから、かなり移動しています。

しかしなぜここまで移動できるのか。その秘訣は荷物の軽量化に尽きます。

実際に旅している方ならわかると思いますが、荷物はLCCの機内持ち込みサイズまでコンパクト化するのが大切です。これだけで移動費が大幅に節約できます。

また、機内持ち込みは重量制限があり、多くの場合7kgに設定されています。これをクリアしようと思うと、必然的に軽量の30L以下のバックパックを使うことになるでしょう。ちなみに僕はmont-bellのトライパックミニを利用しています。容量は20L、重量は750gです。

そしてこの中に、オールシーズン対応できる服、日用品、仕事道具まで全て詰め込んでいます。

そのため、このバックパック1つさえあれば楽しく生活できる環境を構築できているのです。

思えば、僕が初めて旅に出たのが今年の5月で、当時の僕は70Lぐらいの大型のスーツケースに25Lのバックパックでした。それからスーツケースを25Lに圧縮し、バックパックを15Lにして、そしてスーツケースをやめて20Lのバックアップだけになりました。

この最大のメリットは、やはりLCCが利用できることです。週末を避ければ、東京ー那覇を片道7,000円ほどで利用できます。東京から大阪まで新幹線で13,000円であることを考慮すると、めちゃくちゃ安いでしょう。

そして物理的に身軽になったことで、精神的にも身軽になり、これによって行動力が増大しました。

この半年ほどは、今までの人生の中で最も濃密な時間だったことは間違いありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!