マガジンのカバー画像

おやすみ前のおまじない

11
運営しているクリエイター

記事一覧

#190911

バイト先のレジ研修が始まった。
かなり大変なんだろうということは想像がついていたけれど、それ以上に大変だった。お会計時にお客さんに聞かなければいけないこと、言葉遣い、使える会計手段が今までの職場とは段違いに多い。9月中旬にある大きなセール向けてものすごい速さで叩き込まれているのだけれど、全然ついていけていない。

挨拶ができるとか笑顔で接客ができるとか、そういうことでコツコツ積み上げたバイトにおけ

もっとみる

今日から、しばらく松本で暮らす。私にとって楽しい思い出ばかりの場所ではないのに、全て愛おしく感じてしまうのはどうしてだろう。昔あった家がなくなっていた。近くにあったコンビニが改装されていた。もうあの頃には戻れないことを思い知らされるな。

バイト先の店主が身勝手すぎて、もううんざり。気分に振り回されたり、イヤミを言われたりすることに疲れてしまった。出勤日数はもう数えるほどしかないこの職場での仕事を、楽しもうとしていない自分にも嫌気がさす。やるからには最後までちゃんとやりたい。明日は自分なりに楽しむ工夫をしたい。

どうにもできないような、悔しくてムカつく出来事があったけど、そんなことに負けないくらい幸せになろうと思っている。そう思って頑張ったらフォロワーさんがたくさん褒めてくれて、とても元気が出た。私はチョロい。チョロくてよかった。ほろ苦い思い出も、いつか甘くなることを願って。おやすみ。

ネガティブなことを考える暇もないくらいやること山積みの仕事が楽しい。元気がなくても、笑顔でいらっしゃいませって一度言えば自分を騙せる。私は、明るくてハキハキしていて、いつも笑顔で、丁寧な対応のできる店員さん。仕事は出来なくても、あの店員さん感じよかったねと言われる人になりたい。

起きてからひどく頭が痛かったので、熱を測ったら微熱だった。寝たり起きたりを繰り返しながら1日を消化した。起きているときはネガティブな動画を再生した。当然さらに落ち込む。今日は生産性のない1日だ。明日の私は何か生産できるだろうか。分からないけどとりあえず、メイクを丁寧にしようかな。

#190819

久しぶりの休日は何をしていいか分からなくなった。

午前中は親の仰せのままに弟の自由研究を手伝った。

弟は昔の私と違って勉強への熱意が控えめで、そのくせテストの点数はいい。小学生とはいえ、上手く手を抜けるタイプなのかなと思うとすこし羨ましかった。

宿題やりなさいと少し怒られるくらいがちょうどいい気がする。

弟の課題が終わったので、私は買い物に出掛けた。一緒にタピオカ飲みに行こうと弟を誘ったけ

もっとみる

お盆中の連勤が終わった。我ながらよく頑張ったと思う。夕飯は家族でしゃぶしゃぶ。働ききったあとのしゃぶしゃぶは最高に美味しかった。帰宅したあとは、弟の自由研究を手伝うことになった。10円玉をピカピカにする実験をやった。結果は明日分かる。うまくいってたらいいな。

どうも今日はずっと身体がだるかった。時期的なものも気候的なものもあってとにかく疲れているのだと思う。生き急いでいるから、予定を詰め込みすぎて息をつく間もなくなる。いつものことだ。あと2日で連勤が終わる。銭湯に行ってマッサージをしてもらいたい。休みが出来たら行こう。そうしよう。

自分がお客さんに対してしたい接客と、他の人がお客さんに対して取る失礼な態度、実はまったく関係ないってことに昨日気付かされた。だから今日はいくらか穏やかな気持ちで働くことができた。とはいえさすがに疲れが溜まりすぎている。お盆が終わったら自分にご褒美あげよう。あと3日、がんばろうね。

連勤中のバイト、嫌なところばかり目につく。ネガティブな感情に埋め尽くされて、幸せになる決意が揺らぐ。だけどそんな私の話を親身に聞いてくれる友達ができた。毎日悪いことばかりではない。つらい出来事も幸せのきっかけに変えられるはずだ。明日はもっといい日になる。約束して、今日はおやすみ。