alu
SEXと心霊現象の真実
見出し画像

SEXと心霊現象の真実

alu

はじめに、


事の発端はツイキャスで放送されている大人気のホラー系ラジオ「禍話」の中で某氏がとある雑誌、平川ヨウイチ 雑学世界の謎と不思議の中から紹介された記事が気になって調べたことだ。ちなみにこの雑誌は1989年に出版されている。

某氏A

あまりにもぶっ飛んだ内容だったので、つい魔がさしたんです。googleに「Peter Underwood Paranormal phenomenon sex」(ピーターアンダーウッド 心霊現象 セックス)と入力し検索をしてしまったんだ。

検索結果にはこんな一冊が出てきた。
1972年 Peter Underwood 著 Into the Occult 

Peter Underwood ”INTO THE OCCULT"

このピーター氏他にもたくさん本を書いているだろうが、この本の名前がいくつも検索結果に出てきたので何か関連してるのかなと思い、いくつかリンクを開いて詳細を見る事にした。

するとどうだ目次のページには
"Sex and Psychic Phenomena" つまりセックスと心霊現象とある

さらに概要欄には
"本書では、これまで語られることのなかった「性」と「心霊現象」の関係も含めて、この複雑で興味深いテーマをあらゆる角度から調査しています。"
と書かれている。

私はキンドルバージョンでこの本を買った。値段も2ドルとか3ドルとかだったので完全にノリだった。


検証について、

前置きはこんなところにしておいて、さっそく本題にはいっていこうと思うのだが、この本の全容を紹介するのも大変だし著作権的にもあれなんで、番組内で紹介された部分のみに関して本当にピーター氏がそんな事を本に書いているのか、そうでないかを引用と翻訳をしつつ紹介できればと思います。ではさっそく。

「セックスが幽霊を招き寄せる。幽霊の出現はセックスと深い関係がある」

まったくぶっとんだ説ではあるがピーター氏は本にこう書いている

I have carried out in this field over the last twenty years, which show a distinct correlation between conscious and unconscious sexual motives and so-called ‘spontaneous’ psychic phenomena: the manifestation of apparently paranormal activity without the aid or instigation of a living person.

"私が過去20年以上にわたって行ってきたこの分野の研究で、意識的・無意識的な性的動機と、いわゆる「突発的」な心霊現象(生きている人間の助けや扇動なしに明らかに超常現象が現れること)との間に明確な相関関係があることが明らかになったことであろう。"

p113 Into The Occult

Articles have appeared in the publications of the British Society for Psychical Research suggesting that certain of the early psychical researchers obtained sexual gratification in the course of their investigations, and it occurs to me that this activity itself may have promoted or helped to produce psychic manifestations.

"英国心霊研究協会の出版物には、初期の心霊研究者が調査の過程で性的満足を得たことを示唆する記事が掲載されているが、この活動自体が心霊現象を促進、あるいは助長したのではないか、と私には思えるのである。"

Into The Occult

ここまで読んでいただいたらわかると思うのだが、大真面目である。他にもオクスフォード大学の研究で潜在意識下の性的動機について主張していることいくつか事例を引用しつつピーター氏は霊的現象とセックスの関係について言及している。ただ、人々がセックス中に異常な出来事が起きる事いについては皆、口をつぐんだみたいな内容は見つけられなかった。ただ心霊研究会の論文ではあまり公表されないが、多くの霊媒が生殖器の不調に悩まされていることは知られているとも語っている。


「セックスの最中に寝室の中とか近くの部屋で重い物体が浮かび上がるのも理由があるのです。」

ピーター氏はこのような表現はしてないものの、性とポルターガイスト現象についてこのように示唆している。

The early investigators of mediumistic phenomena became convinced that the force used in mediumship bore a close relationship with the seminal force, and that abuse or full use of this destroyed the mediumistic powers. Sir William Crookes once stated at a meeting of The Ghost Club that he knew a lady medium who lost all her powers when she became ‘excited’.

霊現象の初期の研究者たちは、霊媒師に使われる力は精力と密接な関係があり、これを乱用したり、使い切ったりすると霊媒の力が失われると確信するようになったのである。ウィリアム・クルックス卿は、ゴースト・クラブの会合で、「興奮するとすべての力を失ってしまう女性の霊媒師を知っている」と述べてる。

Into The Occult

One aspect of the sexual element in spontaneous psychic activity is represented by the possible association between masturbation and poltergeist phenomena, which is riddled with sexual symbolism, and it was perhaps fortunate that during the course of an early investigation into a poltergeist case in Essex many years ago I met a well-known broadcaster and writer who, during the course of the discussion on the case, chanced to say: ‘I have often wondered whether there is any connection between masturbation and poltergeist activity’.

自然発生的な心霊現象における性的要素の一面として、性的な象徴に満ちている自慰行為とポルターガイスト現象との関連性が考えられるが、何年も前にエセックス州で起きたポルターガイスト事件の初期調査の過程で、ある有名な放送作家と出会い、その事件の議論の過程で偶然に「自慰行為とポルターガイスト現象には何か関連があるのではないか」と言ったのは幸運なことだったかもしれない。

Into The Occult

さらに付け加えると、ピーター氏はこのような事も言っている。

My records show a considerable number of poltergeist cases where it has been established that the nexus of the poltergeist was a persistent masturbator, and it is possible that the psychic energy which poltergeists use may be obtained at the time of release of sexual tension—when, in fact, the masturbator reaches his climax.

私の記録では、ポルターガイストの発生源が執拗なオナニストであることが証明されたケースがいくつかあり、ポルターガイストが使用する霊的エネルギーは、性的緊張が解けた時、つまりオナニストが絶頂に達した時に得られる可能性があるのである。

Into The Occult

なんてことだ。セックスだけではなくオナニーをしただけでもポルターガイストが起こりうるかもしれないのだ。なんてこった。



「私は後々までできるだけ正確な記録を残そうと務めている。幽霊についてはどんな要素も見逃さない。」

まさにこの通りかもしれない、この本を全部読みえたわけではないが少なくともこの章には事細かくいろんな記録が残されている。例えば、

Professor Enrico Morselli reported that medium Eusapia Palladino, at the height of producing physical phenomena, appeared to be in a state of voluptuous ecstasy, squeezing together her tense thighs and trembling feet and abandoning her whole body to those nearest to her.

エンリコ・モルセッリ教授は、霊媒師のエウサピア・パラディーノが、物理現象を生み出す頂点のときに、官能的なエクスタシー状態にあるように見え、緊張した太ももや震える足をぎゅっとし、自分の全身を身近な人に委ねていると報告した。

Into The Occult


「ポルタ-ガイスト現象の大多数は思春期の少女がいる所で起きています。少女がその時期を過ぎればポルタ-ガイスト現象はピタリと収まるじゃないですか。」

何を言っているんだと思うがピーター氏はいたってまじめである。これも彼が正確に残した記録からくる結論なのだろう。これに関しては少し長いのですが簡潔に言えば、まぁまぁ言ってること間違ってないなーって感じですね。

Dr Fielding Ould, during the course of discussing his psychic experiences at The Ghost Club, told members that while in India he was called to a house which had a quadrangle in the center, open at the top—not uncommon in the Madras area.
Here frequent showers of stones fell through the open space. Nothing could be seen from outside the house, but the phenomenon had been observed inside from many positions. The open space was used for drying purposes, and occasionally when clothes were put out they would ignite all along the line.

After careful inquiries throughout the household the doctor discovered a girl about the age of puberty, suffering from unnatural suspension of the menstrual functions. The girl was removed from the house, and the phenomena immediately ceased, but go where she would similar ‘poltergeist’ happenings took place in the vicinity of her person. Provocative medicine was given, and while she was in a healthy state nothing unusual occured. The girl was eventually cured. Dr Ould believed that this psychic force could be stored up in girls about the age of puberty, and he spoke of another case in Devon where poltergeist-like phenomena occurred under very similar conditions.

Pent- up energy, he felt, was apt to be used in a psychic way. Certainly girls at the age of puberty are conscious of physical upheaval, and perhaps at that time are more susceptible to psychic influence than at any other time in their life. It is known that minute and spontaneous rhythmic contractions occur in women in the vagina floor every eight to ten minutes throughout the child-bearing period of their lives.

These contractions originate near the cervix and pass downward, the rhythmic rate being the same throughout. Stimulation of adjacent organs has no effect on the contractions, which are so slight that they cannot be appreciated by touch, but pituitrin administered hypodermically will cause an immediate increase in rate and amplitude, and slightly change the form of the contractions. No similar contractions occur in the rectum, and in women past the menopause the contractions are absent.

It is possible that in a few individuals, at certain times and perhaps especially during the post-menstrual week, an unknown type of energy is produced which finds release in people who practise mediumship, but in a few others the energy is released spontaneously, and may result in what we call spontaneous psychic phenomena.

フィールディング博士は、ゴーストクラブで心霊体験について話しているときに、インドにいるときに、マドラス地方では珍しく、中央に四角形があり、上部が開いている家に呼ばれたことをメンバーに話した。

ここでは、石のシャワーがたびたび落ちてくる。家の外からは何も見えないが、家の中ではいろいろな位置からこの現象が観察された。この場所は物干し場になっており、洗濯物を干すと、その線に沿って発火することがあった。

医師は、家中を慎重に調べた結果、思春期前後の少女が不自然な月経不順に陥っているのを発見した。その少女が家からいなくなると、現象はすぐに収まったが、どこへ行こうが、彼女の身の回りで同様の「ポルターガイスト」現象が起こった。そこで、この少女に誘発的な薬を与え、健康な状態にしておいたところ、何も異常は起こらなかった。結局、その女の子は治った。ウルド博士は、思春期くらいの女の子に霊力が蓄積されると考え、デボンで同じような状況でポルターガイスト的な現象が起こった事例を紹介した。

蓄積されたエネルギーは、心霊的な方法で使用される傾向があると彼は感じた。確かに思春期の女の子は、物理的な大変動を意識しており、おそらくその時点で彼らの生活の中で他の時間よりも心霊的な影響を受けやすくなっています。女性の場合、出産期には8〜10分おきに膣底に微小で自発的なリズミカルな収縮が起こることが知られている。

これらの収縮は、子宮頸部付近から始まり、下方に向かうもので、そのリズミカルな速度は終始同じである。隣接する器官を刺激しても収縮に影響はなく,触ってもわからないほど微弱であるが,ピツイトリンを皮下投与すると,直ちに速度と振幅が増大し,収縮の形態がわずかに変化する。直腸では同様の収縮は起こらず、閉経を過ぎた女性では収縮はない。

ある時期、特に月経後の1週間に、未知のエネルギーが発生し、それが霊媒師の間で解放されることがありますが、他の少数の人たちは、エネルギーが自然に解放され、いわゆる自然心霊現象に至ることがあります。

Into The Occult


「また老年で性交渉のなくなった人々の前でもよくポルタ-ガイスト現象はよく起こる。エネルギーがそういった捌け口を見つけるからです。」

思春期の青年、少女に関しては他にも事例とピーター氏の記録を元にポルタ-ガイストや不思議な現象については書かれているが、このような表現、または老年に関しては見つけられなかった。ただ霊媒師などはある程度の年齢はいっているはずではあるし、彼ら、彼女らの回りもしくは本人に不思議な事は起きているから強ち間違ったことを言っているとは思えない。


「尼僧や修道士の幽霊がイギリスでよく目撃されるが、それは修道院などではSEXが抑圧されているからだという。もちろん幽霊屋敷が牧師館や教会に多いのも偶然ではないという。」

これに関しても少し違った内容をみつけた。

Every ghost-hunter knows that there are many haunted gallows, prisons, and places of execution and many reported ghosts of hanged murderers and haunted sites of murder.

幽霊ハンターなら誰でも知っていることだが、絞首台や刑務所、処刑場には幽霊が出るし、絞首刑になった殺人犯の幽霊や殺人現場の幽霊もたくさん報告されている。

Into The Occult

尼僧や修道士の幽霊がイギリスでって話はどこから来るんだ!ただSEXが抑圧されているっていうことに関しては17歳の少年の事例をあげ最後にこうまとめている。

In some cases repressed sex (i.e., masturbation) causes or feeds psychic phenomena, whereas unrestrained sex (i.e., full sexual activity with a member of the opposite sex) does not do so. This is a puzzling point, and one that drives home something I discovered long ago—namely, that there are no clear-cut classifications of hauntings; there are in fact many kinds, and some of them, I am quite convinced, are reliant upon certain sexual activity for their production and continuation. Masturbation, however, is only one of the sexual origins of spontaneous psychic phenomena.

抑圧された性行為(自慰行為)が心霊現象を引き起こしたり、その糧となる場合もあるが、奔放な性行為(異性との完全な性行為)はそうならないのである。つまり、心霊現象には明確な分類はなく、多くの種類があり、その中には特定の性行為に依存して発生し、継続するものもあると私は確信しているのです。しかし、マスターベーションは、自然発生的な心霊現象の性的起源のひとつに過ぎない。

Into The Occult


結論

以上にて禍話内で紹介された内容であり、雑誌もここで終わっているとのこと。本当に驚く内容の連続であったがこの他にも様々な事例と記録が細かく書かれている。まったくなんて雑誌だと思っていたが本人は大真面目だった。最後にこの章の最後の文を引用して終わりにしたいと思う。

To many people the idea that there is an all-important sexual element in much psychic activity is unacceptable, but in all scientific research it is of paramount importance to keep every possibility in mind, for only then will any search for truth yield full harvest. My researches—which have extended for over twenty years—have convinced me that all too frequently where there is not sex harmony, tolerance, and understanding, and where there is frustration and unhappiness, psychic phenomena are often to be found. Perhaps there is no relationship between these functions, but I believe that there is a very significant relationship, which becomes overwhelmingly apparent with patient and extended research.

このように多くの心霊現象に性的な要素があるということは、多くの人にとって受け入れがたいことですが、あらゆる科学的研究において、あらゆる可能性を念頭に置くことが最も重要であり、そうしてこそ、真理の探究に十分な収穫をもたらすことができるのです。 私は20年以上にわたる研究によって、性の調和、寛容、理解がなく、欲求不満や不幸があるところに、心霊現象がしばしば見られると確信している。これらの機能には何の関係もないのかもしれないが、私は非常に重要な関係があると信じており、それは根気よく長く研究することによって圧倒的に明らかになる。


ここで紹介した内容は非営利的、教育的、学術的、個人的な使用であり著作権侵害を意図したものではありません。すべての権利は、それぞれの所有者に帰属します。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
alu