見出し画像

山に行けない(号泣)

本当は今週末は8年ぶりの登山に行く予定だったんだ。ヨーヨーとあーちゃんはパッパにお願いして、同じく妊娠出産でしばらく山を離れていた先輩と一緒に、復帰するはずだったんだ。毎年必ず行っていた、八ヶ岳赤岳展望荘に・・・!

だけどこの雨で、もうほぼ絶望的ってことで、なかば自棄になった勢いで、「絞る」宣言をしてからやってみたいリストに入ってたファスティングをはじめてみることにした。

実は、当初は、以前から気になっていたファスティング・マイスターとやらの伴走サービス(普通の生活をしながら、LINEでプロに3日間の断食の準備から回復食まで伴走指導してもらえる)に申し込もうかと考えていた。でも、その前にプロに相談だ!と思って、この手のことについては絶大な信頼を置いている友人(8月に、目黒でワークショップ共催を企画しているナチュロパスのかなえさん)に「これってどう思う?」とリンクを送って意見を仰いだら、以下のようなアドバイスをいただいた。

酵素の成分も見てみたけど、一瞬体の中をすっからかんにしてリセットするというこの手のファスティングは健康な人が「ストレスマネジメントのために週一瞑想します」というようなのもので、飽食の時代に臓器を休める意味はあっても本来の意味での『解毒』ができるわけではないよ。3日間の断食を行うなら特に回復食の部分でプロの指導があったほうが安心だけど、マナ酵素に糖質自体が含まれてるからどこまでケトン体を排出できるかは微妙だし、脂肪に含まれる重金属がデトックスされる場合ヒーリングクライシスが起こるので、プログラムの宣伝文にあるような解毒効果があるとは思えないなあ。臓器を休めることを目的と割り切るなら、高額なお金をかけて3日間やるより、自分で酵素を買って1日デトックスを繰り返すほうが安全でお金もかからず、意味があると思うよ。例えば「年に3日の瞑想」よりも「毎週or月に1日瞑想します」の方がよい、みたいな。

確かに。もともとなぜファスティングなんかに興味を持ったかというと、仕事仲間が定期的に高原リゾートの断食合宿に行ってメチャクチャすっきりするという話を聞いてからなのだ。

でも、小さい人たちを育てる我が身に、そんな泊りがけのリトリートに行くのは当面、無理。ってところで、代替案として見つけた「在宅でできるファスティング」だった。

でも、今あらためて思ったんだけど、3泊でどっかにいける機会があるなら、わたしは迷わず3000m級の山を選ぶ。そして肉を喰らい、ビールを飲み、炭水化物をいっぱい摂る。山に行くって、そのものが身体を使い、精神が研ぎ澄まされる、今自分の求めている「絞る」感じがそこにある。選べるなら、絶対それ!

改めて目的に立ち戻ってみると、伴走サービスはリゾート合宿と同じくらいお金がかかるのに、食事を制限する以外に非日常を楽しめる効用はないわけだ。かなえさんのアドバイスのおかげで、自分の思考をさかのぼって目が覚めた。全くわたし向きではないわ・・・。

だからやっぱり、山に行けていたら満たされていたんだろうけど、今週末行けないとなるとまたしばらくお預けになる。(今回や地蔵祭りという特別イベントもあってパッパと交渉してたのだ)したら・・・やっぱりファスティングしてみたいではないか。

ネット検索したら、いくらでも情報は見つかった。1日ファスティングなら、前1日の準備も後2~3日の回復期も自己流で行うリスクは低そうなので、かなえさんのおすすめ通り、自分で酵素(そのものがお高くてびっくりした・・・!)を買って、この夏に何度かやってみることに決めた。

そして、今日がまず最初の準備日と決意したものの、まず朝から、いつも食べてるパン・卵・ハムがダメ!ノンシュガーシリアルにヨーグルトかけるのもダメ。えええっ、何食べればいいの!?と焦ったところで、救われたのが、数日前に作って冷蔵庫に残っていた野菜スープカレー。鶏肉に小麦粉をまぶしたものも一緒に煮た気がするけれど、スープにしみ出た分くらいはまあいいだろう。昼は野菜サラダたべて、夜は豆腐と納豆とワカメスープにしよう。子供にはしっかり食べさせるために作る夕ご飯の誘惑も、なんとか乗り越えてみせよう。数日くらい乗り越えられるはずだ。乗り越えねばならぬ。そのためにここに書いておこう。

で、この時間になって、今日は文章を練る仕事があるから、スペーシーな近所のカフェに行ってギュッと集中したいなあと思いついたんだけど、コーヒーはカフェインだからダメ、サイドメニューもおおよそ砂糖や卵や牛乳の入ってるものばかりだからダメ、ぎゃあ、行けない。なのだった。

ああ、山に行けないことが悔しくてならない。悔しさをばねに余計に不自由なファスティング頑張ろう。ってもう、なんだかよくわからなくなりつつあるけど、まず1回目の今回を、なんとか敢行するぞ。絞るのだ!

8月頭追記:結果総括はこちら(2kg減)、更に2回目の結果はこちら(更に1kg減)…そして9月の3回目もやります。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
健康Tips:スプーンの柄で頭皮マッサージで頭スッキリ!
6
見て・触って・聴いて・味わって、そして書く