見出し画像

紆余曲折の末に・・・

おはようございます。ウクモリ ヒロオです。
今日もまた、きっちりと5分で会議から退席させられたので、しっかりとnoteを綴っています(笑)
ここで記すようになり、お会いする方から「本当に5分で退出させられるんですか?」と聞かれることも多くなりましたが、実際に退出させられる姿を見ていただきたいなと思います。
決してなにかやらかして引きずり出されている訳ではありませんので、くれぐれも誤解しないで下さいね(苦笑)
ちなみに、来週はゴールデンウィーク中で会議が無いので、こちらもお休みさせていただく予定です。ご了承下さい。

さて、今週水曜日に、富士通さんの「FUJITSU Knowledge Integration Base PLY」というコワーキングスペースで、イベントを開催させて貰います。
具体化させるまでに半年ほどかかりましたが、今年は既に月1回のペースで、年末までの予定が入っています。

独自の活動をただひたすらやりたくて、工場見学などのイベント開催に明け暮れた2015~2016年。
ゴールの設定など、イベントの企画性を重視した2017年。
昨年は「ロボット」「モノづくり」というキーワードから、徐々に共創活動にテーマを移行。
2019年は、活動のテーマを企業間の交流にシフトしながら、人と人のご縁がつながるような活動を続けています。
2005年から取り組んだ様々な活動。成功も失敗もいっぱい体験しながら、ただし全てが経験値としてカラダに刻み込まれています。
刻み込まれている・・・時に悩み、時に笑顔でいっぱいになり、紆余曲折したからこそ今があります。

私はある時から、それまでの自分を経験値をすべて捨てて、リセットをかけた時期あります。その時期については、いずれ語ることがあるかもしれませんが、とにかくそんな中でもご縁を大切にする姿勢だけは、こだわりとしてずっと持ち続けています。

気が付けば10年以上、人と人のご縁をつなぐ活動を続けています。
そして、活動も常に進化して今に至っています。
お陰様でコネクターとしての活動も充実していて、充実しているからこそ、富士通さんでの企画も早々に満席となり、追加席も準備するほど期待していただいています。
私の場合は、ただ単にイベントをやるのではなく、参加された方々のご縁がさらに深くなるような、次のステップを踏まえて開催しているのが活動の特徴だとか考えています。
そして、それが出来るようになったのは、紆余曲折しながら悩みに悩んだ時期があったからだと痛切に感じます。

巷では今、様々な共創をテーマにしたイベントが開催されています。
ただ、多くの場合は一過性で終わってしまい、見ていて残念だなと感じています。私の場合は規模を追わず、人と人のご縁が本当に深まるような活動を、身の丈に合わせて展開してゆければと思います。
大切なのは、人と人が本当に分かち合える場だと感じるからです。

冒頭の写真は、大好きな三軒茶屋のキャロットタワーの展望台から撮った1枚。雲一つない夕焼けが撮れるのは、年に数回しかないそうです。
チャンスをモノにできるかどうかは、その場に居合わせるかどうか。
そして化学反応の可能性を感じて、次のステップを踏み出せるかどうかだけだと思います。
こういった景色に出会えるのも、もしかしたらご縁なのかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。感謝!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

松山工業株式会社という会社の代表をしています。 シリコーン原材料やゴム加工品などを扱う会社ですが、私自身は人と人のご縁をつなぐコネクターとして活動しています。