見出し画像

僕やあなた達が信じたものが試される時がやってくる

今日は少しまじめ、というかお金と経済の話です。

本当は別のことを書こうと思ったのですが、日経平均が1,000円下落しドル円は101円台をタッチ、ダウは2,000ドル下げて一部売買停止となったのを見ると、違うことを書きたくなりました。

すでに経済に詳しい人やファンドマネージャーはSNSなど様々なメディアで今、そしてこれから起こることの予想を発信していると思います。

多くの有識者が言っている事は、大きな経済のターニングポイントがくるという点。

超長期で見れば一時の調整期との見方もある様ですが、少なくとも短期的には経済にとって非常に大きな影響がでる事は避けようのない事態の様です。


コロナやら消費税やら、原油価格が云々なんて小難しい事は正直ここではどうでも良い話です。

大事な事は、市場からすごい勢いで資金が引き上げられているという点。そして資金の流通が滞り始めているという点です。

若い人達は実感がないと思いますが、リーマン、そして東日本大震災の後から世界中で強力な金融緩和策が実施されてきました。

すごく大雑把にいうと、どこの国もたくさんお金を発行して、市場に資金を行き渡らせてきたわけです。

その溢れた資金はどこに行くのかというと、主に投資、株とかそう言ったものにも流れ込みますし、ファンドを経由してベンチャーなどの企業へもお金が流れ込みます。

つまり、SNSやらでベンチャーの社長が、XX億円、XX千万円調達しました!ってのは、このジャブジャブに溢れた資金の一部が流れ込んでいたりするわけです。


アベノミクス以降、日本が好景気だったかというとそこはよくわかりませんが、少なくともベンチャー界隈では比較的調達・上場のしやすい環境が続いていたのではないでしょうか。

その環境がおそらくここ数日で大転換を迎えようとしています。しかも、資金調達が困難なだけでなく実体経済の停滞というおまけ付きです。

ここ数年、多くの会社が世界を変えたいとか、〇〇を無くしたい、〇〇な社会を作りたいみたいなビジョンを掲げて創業してきました。

それ自体はとても良い事だと思います。しかし、これからやってくる時代は、会社設立時の様な資金ジャブジャブな時代とは全く異なる時代です。

売上が減り、成長が滞り、キャッシュの調達が非常に困難になってくる事が予想されます。

多くの人が信じたものが、決して金余りのイージーモードな市場でのみ成り立つビジネスではなく、真に市場に求められているものなのかが試される、非常に厳しい時代がやってきます。


大企業を否定し、理想を求めてベンチャーに転職した人、自由を求めフリーランスになった人、ここ1年ほどは試練が続くでしょう。

素晴らしい企業理念を謳っていた企業が、資金のショートをきっかけに、ただの虚構だった事がバレてしまうかもしれません。

市場環境、経営環境の変化は、僕やあなたがた信じたものが本物だったのか、最後まで信じきる覚悟があるかを試すでしょう。

本当に大切なことや価値のある事は何か、変化の大波の中でも見失わない様にしっかり自分の中で持ち続けていたいと思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

共感いただけたら、ポチッとお願いします!もっと面白い記事を書くために大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よければSNSでもシェアをお願いします!
16
UIデザインやアートディレクション、デザイン組織のマネジメントとグロースを担当。都内老舗メガベンチャーでデザイン組織やカルチャーづくりに最近力を入れています/現職 ← 国内大手ITベンダーでUIデザイナー/ゴリゴリのBtoBからHR系のBtoCへ/フォロー歓迎です

こちらでもピックアップされています

サラリーマンデザイナーの備忘録
サラリーマンデザイナーの備忘録
  • 69本

サラリーマンデザイナーの視点からアレコレ気づいた小さなメモをまとめております。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。