見出し画像

記紀物語:「聖帝の世」

聖帝(ひじりのみかど)の世(よ)

第16代として即位された仁徳天皇は、人々が田畑を耕し、糸を紡(つむ)ぐための時間を御自身のために費(つい)やさせまいと、宮殿を飾り立てることもされませんでした。

御即位4年目の春、天皇は高台から四方を眺め、家々に煮炊きによるの竈(かまど)の煙が昇っていない様子を目にされました。
民の生活が貧しいことを察せられた天皇は、以後3年間の税や労役をすべて止め、人々の苦しみを癒すよう仰(おお)せられました。そしてその日から御自身は、衣服や履物は破れ尽きるまで新調されず、食事は饐(す)え腐らなければ取り替えられず、宮殿は垣根が崩れても屋根に穴があいても修繕されませんでした。雨漏りが夜具を濡らし、星明かりが床を照らすような宮殿で過ごされたのです。

3年後、御即位7年目の夏にまた高台へ登られた天皇は、竈の煙が満ちるようになった国を見渡され、御自身の豊かさを皇后に語られました。

「私は豊かになった。もう何を憂うことがあろうか」

けれども、その住まわれている宮殿は朽ち壊れたままです。そう訝(いぶか)しむ皇后に天皇は、民の豊かさが君主の豊かさなのだと仰せられました。
一方で、もちろん民も十分な貯(たくわ)えができるほどに豊かになっていました。しかしそれでも天皇は、皆が申し出ても課税を再開されませんでした。

さらに3年後、税を免除して既に6年を経てようやく天皇は課役を許し、宮殿を造ることとされました。するとそこには民が自然と集まり、昼夜を問わず競うようにして宮殿の建設に励みました。
このようなことから、この御代をして「聖帝の世」と称えるのです。

そして現代――

古語に民草のことを「大御宝(おおみたから)」ともいいます。天皇が宝としているという意味とも、天皇が治めるもとの農民という意味ともされます。

仁徳天皇に限らず、御歴代の天皇は人々と苦楽を共にしてこられました。
幕府によって朝廷には多くの制約があった江戸時代にも、困窮にあえいで御所に集まってきた数万の民の救済のため、院や帝、公家衆らは尽力したとされます。

人々に寄り添われるそのような天皇像は、現代の日本においても受け継がれています。
終戦直後の昭和21年(1946)元日に昭和天皇は、天皇と国民の間の絆は単に神話だけによって生じているものではなく、相互の信頼と敬愛によって結ばれているものだと仰せられました。国民とは常に利害を同じくして喜びも悲しみも分かち合いたいと詔(みことのり)された天皇はその後、戦禍で荒廃した日本全国を巡幸し、国民を励まされました。

そうしたお姿は平成の御代にも変わりありません。自然災害の絶えなかったこの時代、その被災地に赴かれた上皇陛下は、被災者と同じ目線に屈んで人々を励まされました。
それは令和のいま、歴代天皇のなさりようを心にとどめると仰せられて即位された天皇陛下にもまた伝わっているのでしょう。

ちなみにの解説(または参考としての裏話)

有名な仁徳天皇の「民の竈」のエピソードは、『日本書紀』がより具体的であり、『古事記』はダイジェストのようになっています。
特に『日本書紀』は漢籍による潤色も多く、儒教的な理想の聖王として仁徳天皇を描いていることが特徴です。

また些細な違いですがこの説話は、『古事記』においては仁徳天皇の治世に対する称賛としての「聖帝の世」のいわれを、『日本書紀』は仁徳天皇自身が「聖帝」と称えられる理由を述べたものとして叙述されています。
『記紀物語』のこの章が、ストーリーのディテールを『日本書紀』中心にしながらもタイトルをあえて『古事記』の「聖帝の世」としているのは、これを仁徳天皇のエピソードとしてだけでなく、民と天皇の双方向の関係性を含んだものとして描くという意図があったためです。

ちなみにさらに細かい点として、『古事記』で仁徳天皇が登ったのは山とされていますが、『日本書紀』では天皇みずから「高台に登って遠望した」と群臣に告げています。
「高台」には「高く設えた建物」と「周囲よりも高い土地」の両義があることから、広く捉えれば「山」の意味も含むと解釈し、『記紀物語』では「高台」を用いています。

※『記紀物語』のテキストは自由に使っていただけます。凡例などはこちらをご覧ください。

#ライター #史学徒 #古事記 #日本書紀 #記紀 #いま私にできること

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご感想や応援をいただけると筆者が喜びます。

お気に召していただけたのであれば幸いです
4
操觚の人(writer, editor)です。歴史とか神社とか、日本のアレコレが主な領域。顕名・匿名さまざまに、時々駄文を世間へお示ししています。Twitterは@gengakuya_san。ひっそりブログも運用中(https://pedantry.hatenablog.jp)。

こちらでもピックアップされています

記紀物語
記紀物語
  • 8本

『古事記』・『日本書紀』に書かれたそれぞれのエピソードを、両方の記述を元にしてひとつの物語に語り直します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。