上山麻実子

ばな子とまみ子のよなよなの集い

よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばななは、いつもはっとするのです。 それからまみ子はあるとき、彼女の書いていたすばらしいブログを全部削除してしまったので、あのすばらしい考え方をなんとしてもまだまだ読みたい私、ついにまみ子を再びひっぱりだしました。 私がなにかに気づくように、みなさんもばな子とまみ子の全然違うのに「自由」についてだけは一致している考え方や様子を見て、ヒントを得ることがあるかもしれません。 コメントもお受けします。みんなでそれを眺めながら意見をのんびり書き込んで、じんわりとイメージがふくらんだりするのもいいですね! ゆるゆるの不定期更新ですが、月に1回くらい、ゆっくりと自由についてみんなで考えてみるくらいがちょうどいいと思っています。

すべて見る
  • ¥200 / 月

よなよな58 よなよな講話

ばな子 ギンギラギンにさりげなく ちょっと見たこと、聞いたこと、そうしたほうがいいと言われたことに、人はどれだけ縛られているんだろうとたまにゾッとします。 作った野菜はみんな大切にいただく系の話もそのひとつです。 うちの屋上の陽当たりが異常で、サボテン以外はなかなか育たないんだけれど、とにかくチャイブとパクチーがもう食べられないほどに硬く育って、結局使わないで鑑賞してるだけ。わさわさ来いよ!と思っていた明日葉はまだおひたしになるほどにも育たず。 うちには実がなるにはオスと

スキ
252

よなよな57 よなよなGO NOW

ばな子速さと軽さまみちゃんが字をさっと読めないとは決して思えない!ような文章とかやりとりをさせてもらっていて、その新鮮さに対して「偏りよありがとう」とは決して思わず、思うわけもなく。感謝する先はまみちゃんがこの世にいることです。
私も、私に偏りがあるからあんな変わった小説が書けるんだということを、ご先祖さまや親に感謝とかしたりはせず(別のことではもちろんしていると思うが)、自分の普通を突き詰めただけなんですよね。 その匂いというのか、まみちゃんから吹いてくる自由の風を感じるこ

スキ
268

よなよな56 よなよなゴロー再び

ばな子 命を取られる 最近は発達障害もすっかり「治さなくちゃいけない病気」になっちゃって、すっかりお金になるようになった。 発達障害と言ってしまったら私もそうだし家族もみんなそう、実家も親戚も全員。困ったものです。療育を受けた方がいいのは私です。 血筋からして無敵というかなんというか。 そしてそれをふまえて考えると「精神分裂病」って、すっごい名前でしたね。時代とともに不採用になるはずだ。

スキ
293

よなよな55 よなよなgogo

ばな子それだけ 予感はあったんですよ。 編集の人が前日ドタキャンして、結果骨折にまで至ったあの取材の旅の後、ふだん私にはない締め切りというものがある(記念号だったのでずらせなかった)、八丈島の小説をかなりの短期で書いたんですよね。 絶対クオリティを落とすまい、と気合を入れて。 そのとき、あれ?なんか自分はもう戻れないな。怒りによってでも、思想によってでもなくって、何かが変わって戻れなくなってるな、と思ったんです。 前回も書いたけれど、いきなり子どもに戻っちまったなって。でもま

スキ
311