見出し画像

「WAZA AIR」 はワイヤレス・スタジオ・ステージシミュレーター?ヘッドホンでギター練習がはかどる

この動画を見たその日に注文しました。

WAZA AIRとは

ヘッドホンを付けて、通信機器をギターのプラグに挿すだけで、スタジオやステージで聞くような大音量のアンプの音を、ヘッドホンから聞くことができます。

「アンプシミュレーター」を超えた「スタジオシミュレーター」「ステージシミュレーター」な感じです。

高品位なギター・アンプとエフェクト、革新的なBOSSの立体音響テクノロジーを融合することにより、かつてない演奏体験を提供します。このパーソナル・アンプ・システムは、ヘッドホン・ギター・アンプでありながら、アンプ・キャビネットを鳴らしている音場を、驚くほどリアルに再現します。
BOSS - WAZA-AIR


追記 : 使用2ヶ月目の感想を書きました。

WAZA AIRの中身

・ヘッドホン
・通信機器(トランスミッター)
・充電用ケーブル


WAZA AIRのメリット

・ワイヤレス
・レイテンシーが少ない
・YouTubeや音楽アプリの音と一緒に演奏できる
・自分のギターの音がする
・いい音でギターが弾ける
・大きな音でギターが弾ける
・自分以外には聞こえない
※音量によってはヘッドホンからの音漏れで、近くの人には聞こえます
・場所を取らない
ギターのスタンドに掛けておいても邪魔になりません

画像4


WAZA AIRの使い方

1. WAZA AIRの電源をONにする

2. WAZA AIRのヘッドホンにトランスミッターを挿す

3. ギターにトランスミッターを挿す

これだけで、ヘッドホンからギターの音がします。

アプリ「 BOSS TONE STUDIO」でサウンド変更

アプリを使って、音響やエフェクターなどのサウンドを細かく変更することができます。

iPhone版はこちら

Android版はこちら


iPhoneの音に合わせて弾くには

5. iPhoneの「設定」→「Bluetooth」から「WAZA-AIR Audio」をタップします。

※なければWAZA AIRのBluetoothボタンを、上下ではなく本体側に押します。

画像3

4. 接続する

画像2

画像1

これで、YouTubeの演奏などに合わせてギターを弾くことができます。

音量の調整はiPhoneの音量と、WAZA AIRの音量ボタンで調整します。


一緒にアプリ「iReal Pro」もオススメ

YouTubeに合わせて演奏する以外にも、iReal Proで好きな曲の伴奏を流しながら、アドリブ練習をしたりしています。

【iReal Pro】jazzをする人もしない人も使える便利な伴奏アプリ - マサヤングの日記帳

iReal Proはこちら


WAZA AIRのデメリット

・充電の手間がある
・演奏中の音を録音できない
・演奏中の音を外に出せない、他の人に聴かせることができない

そのうちBOSSやユーザーによって、録音する方法が出てきて欲しいです。

WAZA AIRを使いはじめてからできた曲

WAZA AIRを使いはじめてから、ソロギター曲を作りたくなって作りました。

※WAZA AIRの音は録音していません。



WAZA AIRのまとめ

ギターの初心者セットと言えば

・ギター
・シールド
・アンプ
でしたが、今後は

・ギター
・WAZA AIR

が定番になるくらい、無くてはならないものになりそうです。

お手軽で高音質な為、ギターに接する時間が増えました。

超オススメです。

WAZA AIR



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
2019年8月にアルバム「1」をリリースしました。https://www.youtube.com/channel/UC4qqu4t7lm-7tWtWb5t9S9w