歯槽膿漏で口が臭くなると最悪です!
見出し画像

歯槽膿漏で口が臭くなると最悪です!

過去わたしも、歯周病が悪化して口臭で困った経験があります。

今振り返ると、歯周病らしき症状(口臭や歯茎の腫れ)があったのかもしれません。
歯茎から血と膿が出るようになり、口臭が自分でわかるようになり、歯周病を意識するようになったのです。(歯間をフロスで磨いてから嗅ぐとうんちのニオイがしました。)

毎日歯間ブラシで臭いところがある!何が原因か知っていますか?

歯周病は口臭原因になる!

その理由は、歯周病菌が産生する硫化水素やメチルメルカプタンなどが臭いの発生源となるからです。

歯周病菌の多くは酸素を嫌う「嫌気性菌」です。歯周病になった時の特徴は、歯肉の炎症によるポケットができることですが、この歯周ポケットに嫌気性菌が繁殖します。

そして、歯周病を進行させて口臭がひどくなるのです。

歯周病は、虫歯のように痛みがないために、口の粘つきや口臭が気になっても放置する人が多いそうですが、私もその一人でした。

口臭対策のためにも歯周病を治療すべきだったのですが。。。治療はしない、ブラッシングもいい加減でした。そのため口が臭くなっていたようです。

その頃、度々、女性の部下がコーヒーを入れてくれるようになり。
たまに、「どうぞ。」と、チューインガムを渡してくれることも。

鈍感な私は、彼女の優しさに感謝していたのですが、良く考えると私の口が臭かっただけです。

歯周病の口臭はどんな臭いがすると思いますか?
こんなニオイです!

1、腐った玉ねぎの臭い(メチルメルカプタン)
2、卵が腐った臭い(硫化水素)
3、生ごみ臭(ジメルサルファイド)
※歯周病が気になったら、口臭をセルフチェックしてみることをおすすめします。

そんなこととは知らずに、時が過ぎ、、、
ある日、4日間の研修で宿泊施設に泊まることに。

前の晩に、研修仲間とお酒を飲んで騒いだのが祟ったのでしょう。
朝起きると、歯茎が化膿し、頬がパンパンに腫れあがっていたのです。

私が困ったのは、それだけではありませんでした。

みんなと同じ洗面所での歯磨きです。
歯磨きをすると、歯肉から血が出て、洗面台が真っ赤に
恥ずかしくて、すぐに歯磨きを済ませて外に出ました。

でも、研修中も、歯周病で膿んでいる歯茎の部分からは、生臭い膿が
口臭もしているのに違いない。恐怖でした。

そこまで歯周病が酷くなっていたのに、治療しなくても歯茎の腫れと出血は治りました。

だから、その後ずっと放置していました。

それが悪かったのでしょう。年末で慌ただしい12月28日の朝起きると、(歯茎の腫れから)顔がパンパンに腫れていました。

どの歯医者さんにも断られてしまい、一件だけ診察してもらえる歯科医院がありました。
ところが、この歯医者さんがやぶ医者で、どれだけ治療しても歯周病は治らず、年が明けてすぐに「抜歯しますか?」と宣告されたのです。

私「歯を抜かないとだめなのですか?」と言ったのですが、結局、抜歯。
その後、ブリッジを入れて治療が終わるも、歯周病が再発を繰り返し、息も臭くて周囲の反応ばかり気になっていました。

そのため、違う歯医者さんに変えたのが良かったようで、歯周病は治ったのですが、再発が怖くて徹底的にブラッシングするようになったのです。

その口腔ケアの成果のお陰で、これまで「口臭い」なんて言われたことはありません。

→ 歯周病を治すコツは、歯磨きの仕方にある!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします