見出し画像

【本日限定!!】『稼げるUdemy講師』 養成オンラインプログラム開講!!

▼ウェビナーを見逃した方はこちら▼
(※約24分)

『稼げるUdemy講師』
養成オンラインプログラムに
参加頂いた方の声を紹介!!

(※一部を抜粋して記載しております。)

保存

ユーザー4

ユーザー3

ユーザー2

ユーザー1

ユーザー

など、

プログラムへの期待の声と
多くの感謝の声を頂きました!

ぜひ、以下に当てはまる方は
このまま丁寧に読み進めてください。

✅初心者でも、主婦でも、会社員でも気軽に出来る副業(顔出し不要、匿名OK)を探している
✅時間・場所・お金に縛られない自由な働き方・生き方をしていきたい
✅自分の子供により良い環境で学ばせたい
✅学校(留学など)で学びながらも稼ぎたい
✅バックパッカーで旅をしながらも稼ぎたい
✅5Gに進み、動画の需要があると言われるが動画編集スキルを持っていない
✅セミナーなどお客さんの集客に悩んでいる
✅広告費の新規顧客リストが高く悩んでいる
✅SNS(ブログ、メルマガ、YouTubeなど)での情報発信に疲れた
✅不要なコストばかりにお金がかかっていると感じる

広がり続ける「新型ウイルス」の影響

画像22

世界・全国各地で猛威を振るう新型ウイルス。

スクリーンショット 2020-02-28 10.57.44
2月27日、北海道では、保育園児や感染者が入院していた病院の看護師など15人が新たに新型ウイルスに感染していることが確認されました。とNHKが発表。

そして、突如、安倍首相から発表された
「全国の小中高校休校」

スクリーンショット 2020-02-28 10.51.36
「早期に収束させるためには、徹底した対策を講じるべきだ」と述べたうえで、「多くの子供たちや教員が日常的に長時間集まることによる感染リスクにあらかじめ備える」と説明。

ですが、この発表を受け相次いで、

「どうしたらいいのかわからない・・・」
「仕事を休むわけにはいかない・・・」

などの声が上がり、
「現状の働き方・稼ぎ方の不自由さ」
を多くの人が感じることとなりました。

高まる「リモートワーク」の
重要性と必要性

画像1

そんな中、大手各企業は
新型ウイルスの影響を受け、

NEC・・・テレワーク、時差出勤奨励
NTTグループ・・・テレワーク、時差出勤呼びかけ20万人
クラウドワークス・・・全拠点の従業員を原則在宅勤務に
KDDI・・・在宅勤務、時差出勤奨励
ソフトバンク・・・時差出勤、100名以上が集まる会議への参加原則禁止
ヤフー・・・時差出勤、100名以上が集まる会議への参加原則禁止

などへと働き方をシフト。

数日前には、
「電通」や「資生堂」も

・テレワーク
・在宅勤務
・出社禁止

といった

「リモートワーク」

へ切り替えました。しかし、
これが実現出来ているのもわずか一部。

多くの人は、リモートワークへと
シフトすることができていないのが現状です。

また、働く側だけでなく、

「外に出て人に対面するのを避けたい」
「できるだけオンラインで済ませたい」

といった消費者側からのニーズも
変化しつつあります。

すなわち、需要と供給の両面から
「仕事のリモート化」
が求められているのです。

そして、これからご紹介する

「Udemy講師」

は、新型ウイルスにも左右されず、
時代、トレンドにマッチした

「稼ぎ方」

なのです。

2020年世界ユーザー数
5000万人突破!!

画像2

2010年にアメリカで誕生したUdemy。

世界で約15万コースあり、

最新のIT技術からビジネス、趣味まで
幅広い領域の学びをオンラインで学ぶことができます。

隙間時間にPC・スマートフォンなど
好きなデバイスからのアクセスが可能で

必要な時に必要なだけ学習を進めることが出来る
世界最大級のオンライン教育プラットフォームです。

そして、なんと言っても
注目すべきは受講生の数です!

Udemyの世界中の受講生は
・2018年 → 2400万人
・2019年 → 4000万人超え
・2020年2月 → 5000万人超え

スクリーンショット 2020-02-20 15.57.50

特に、英語圏での勢いはすごく、
また、日本では、

2015年からはベネッセコーポレーションが
日本における独占的事業パートナーとして提携を開始。

Udemy for business(法人向け)
も2019年夏にスタート。


スクリーンショット 2020-02-22 15.53.42

「個人」のみならず、
「国内外の大企業」も注目を集めているUdemy。

先日、ベネッセは「Udemy」に
約55億円を出資するなど連携を強化。

スクリーンショット 2020-02-26 13.19.05

日本でのムーブメントが
大いに期待されています。

日本の「Udemy講師」第一人者
たてばやし淳

画像4

そして今回、講師を務めるのは、
日本の「Udemy講師」第一人者となる
たてばやし淳氏。

4年前に「Udemy講師」
として活動をスタート。

現在、27のコースを販売。

スクリーンショット 2020-02-26 13.38.06

スクリーンショット 2020-02-26 13.37.42
そして、現在の総受講生数は
「1万5000人」を超え、

2020年1月には、わずか1ヶ月間で
「3650人」
もの新規受講生が増加。

画像5
さらには、
TikTokのフォロワー数も9万人を突破し、

Udemyを使い、
他のプラットフォームへの
影響力を高めています。

画像5

画像6
また、サンフランシスコで開催された世界大会

「 UdemyLive 2018」

にて、Udemyに貢献した
世界の10人のうち1人に選ばれました。

日本で多くの講師ミートアップを開催し、

Udemy講師を助けたとして
"Meetup Master"を受賞しました。


画像26スクリーンショット 2020-03-09 9.35.06

「先行者利益」確実
市場ガラ空きのプラットフォーム
『Udemy』

画像3

冒頭でもお伝えした通り、
2020年2月には、
Udemyのグローバル受講生が

5000万人を超え、

世界でのムーブメントが
起き始めています。

海外で起こるムーブメントは
必ず数年後に日本でも同様に起こるという現象は、

何年も前から
経験法則(アノマリー)
となっています。

2015年に日本では
ベネッセコーポレーションが
日本における

独占的事業パートナー

として提携を開始したとはいえ、
市場は「ガラガラ」と言ってもいいほどの

「ブルーオーシャン」

です。これまで、
YouTubeやアメブロといった
メディアを振り返ってみても、

「先行者(ブルーオーシャンの時に始めた人)」が

最も稼いだというのが現実です。
だからこそ、「先行者利益の恩恵」を
存分に受けることが出来る今こそ

「人気Udemy講師」

になるべきなのです。
では、なぜ日本人が今稼ぎやすいのでしょうか?

日本人がUdemyで稼ぎやすい
「4つの理由」

画像5

1、持っているスキル・学んだスキルを商品に!(全てのスキルがお金に変わる!)

画像6

10万以上のコースがあるUdemy。

自分の持っているスキルや
これまで学んできた知識など。

どんなスキルもお金に変えることができます。

「こんなこと教えても大丈夫かな・・・」
「自分なんて・・・」

といった心配はいりません。

あなたから学びたい人が

・日本全国
・世界中

に存在するからです。

2、ほったらかしで自動集客・販売(継続的な自動収入!)

画像7

一度、商品を作ってしまえば
ほったらかしでも継続的な収入を
生み出してくれるUdemy。

「世界中、旅をしながら稼ぎたい・・・」
「留学しながら稼ぎたい・・・」
「働いていない時間も収入が欲しい・・・」

そんな、

・いつでも
・どこでも

といった

「時間」「場所」「お金」

の自由を実現させることが出来るのです。

3、パソコン画面だけの収録OK!(難しい編集も不要!)

画像8

「5Gで動画の需要が増えると言われても、動画の編集が難しくてやっぱり自分にはできない・・・」
「ビジネス未経験なので、自分に出来るか心配・・・」

といった方でも、

パソコンの画面一つでOK!!

どうしても細かい編集スキルが必要になる動画の編集とは違い、

パソコン画面で収録した動画
をそのまま使って、商品にすることができます。

4、顔出し不要・匿名でもできる!(副業にも最適!)

画像9

自分の子供により良い環境で学ばせたいから少しでも収入を・・・」
「会社にバレるのは困るけど、副業で稼ぎたい・・・」
「顔出しをしたくない、名前を出したくない・・・」

少しでも今より収入を増やしたいといった方でも
気軽に始めることが出来るUdemy。

副業としてもこれからますます需要が増えていきます。

日本人のための
『稼げるUdemy講師』
養成オンラインプログラム

スクリーンショット 2020-03-23 17.36.23

それではここから先、

「初心者」でも、
「学びながら」でも、
「ほったらかし」でも

稼げる!

日本人のための
『稼げるUdemy講師』
養成オンラインプログラム

の詳細をお伝えしていきます!

「第0章」〜「第4章」までの
オンライン動画プログラム
(総計352分)

画像17

【第0章:はじめに】
〜 人気Udemy講師になるために 〜 

スクリーンショット 2020-02-25 22.22.48

Udemy講師コミュニティに所属して4年以上、多くのUdemyスタートアップ講師を見てきたたてばやし淳の経験から、挫折せずに最初のコースを出すための心構えを伝えます。

【第1章:売れるテーマ選び】
〜 需要のあるテーマの国内・海外事例と、売れるテーマを見つけるリサーチ方法 〜

スクリーンショット 2020-02-25 22.55.13

Udemyで売れているコースの事例を国内・海外ともに多数紹介します。

また、ベテランUdemy講師が実践している売れるテーマのリサーチ方法、Udemy講師しか使えない必須のリサーチツールの使い方などをお伝えし、あなたの得意なことを売れるコース企画に変換する方法をお伝えします。

【第2章:コースの構成づくり】
〜 思わず購入ボタンを押したくなるコースの「目次」と、受講者の満足度を高めてリピートを生むコース構成 〜 

スクリーンショット 2020-02-25 23.03.38

売れるコースは、「目次」が秀逸です。

コースで得られるゴールを魅力的に設定し、ゴールに向けてステップアップできるコース構成を作る方法をお伝えします。

また、それによって受講者の満足度が高まり、他のコースも次々とリピート購入が生まれます。

【第3章:動画の作り方】
〜 コストをかけず、必要なことだけを学んで最短最速で動画レクチャーを作成する 〜

スクリーンショット 2020-02-25 23.07.19

一般的な「動画制作」を勉強すると、余計なエフェクト編集や画面切り替えなど、必要のない機能まで勉強することになり時間をロスする上、難しい操作を覚えなければなりません。

しかし、Udemyの動画作りには余計な編集は必要ありません。

この章では、Udemyの動画づくりに必要な最低限の機能だけに絞って、最短最速で動画レクチャーの作り方をお伝えします。

【第4章:Udemyへのアップロード】
〜 誰もが迷いがちなUdemyのコース登録を、迷わず最短最速で行うための道のり 〜

スクリーンショット 2020-02-25 23.13.02

Udemyでのコース登録は、未経験者には迷ってしまい時間がかかります。

また、順番を間違えると前の工程に戻ってやり直しなども発生して時間をロスします。

たてばやし氏は、27回以上もコース公開を繰り返しているため、最短最速でコースを公開する方法がわかります。その方法をお伝えします。

参加価格は?

画像16

それでは、プログラムへの
参加価格をご案内します。

今まで「Udemy」なんて聞いたことがなかった
という方も多くいるかもしれません。

中には、

「知っていたけど、そんな有名ではないから興味がなかった。」
「なんか難しそう。」
「初心者には無理なんじゃないか?」

と思っていたかもしれません。

とはいえ、ここまで読んで頂いたということは、

「働き方を変えたい!」
「生き方を変えるためのヒントを手に入れたい。」
「チャンスを掴みたい。」

と思われたのではないでしょうか?

とはいえ、今回は
大変有益な情報
をお伝えしますので、

参加価格は

199,000円

としました。

これから間違いなく来るトレンド情報の値段としては
適正どころか安いくらいかもしれません。

正直、次に来るプラットフォームを
こんなに簡単に教えてしまっていいのか?

悩み抜いた結果です。
しかし、これから間違いなく来るとわかっているからこそ

今回のチャンスを確実に手に入れて頂きたい。

そこで、このページを
ご覧になった方だけの

限定価格として、

定価:199,000円
→ 限定価格:98,000円

としました。

ぜひ、参加をお待ちしています。

さらに!!

【10名追加 !!】
豪華2大特典をプレゼント!!

ぷえれ

さらに、
「10名限定」で「豪華2大特典」をプレゼントします!

【豪華特典1】たてばやし淳「Udemy講師 インサイダー白書 2019」(18万円相当)

インサイダー白書

・2019年12月の日本Udemy講師イベント「Udemy MAX」参加者にだけ配布した資料&動画

・たてばやし淳のUdemyの収益グラフを公開

・ベルリンで開かれた「Udemy Live2019」の最新情報

・Udemy for Business(法人向けUdemy)の成功法ついて、Udemy社員から直接聞いたインサイダー情報を含むマル秘情報

・2020年のUdemy講師戦略

など、

一般公開されていないUdemyで稼ぐための「裏」情報を公開!

【豪華特典2】長倉顕太「THE ONLINE〜オンライン教材大百科〜」(12万円相当)

THE オンライン

教材の詳細はこちら

長倉が労力ゼロリストゼロの状態から

・年間で約2700万円の不労所得

・1年間の平均月間売り上げは、220万円以上

・月間の最高売り上げは、約370万円

・オンラインサロンの募集では、2日で90万円の利益

の実績を上げた秘密を教える
12万円相当のオンライン教材。

1100万部プロデューサーの長倉顕太が
こっそり仕掛けていたカラクリを全て教えます。

「豪華2大特典」は「10名限定」ですのでお早めに!!

ー プログラムまとめ ー

日本人のための『稼げるUdemy講師』養成オンラインプログラム

【メインプログラム】
「第0章」〜「第4章」までのオンライン動画プログラム(総計352分)


・第0章:はじめに 〜 人気Udemy講師になるために 〜 

・第1章:売れるテーマ選び 〜 需要のあるテーマの国内・海外事例と、売れるテーマを見つけるリサーチ方法 〜 

・第2章:コースの構成づくり 〜 思わず購入ボタンを押したくなるコースの「目次」と、受講者の満足度を高めてリピートを生むコース構成 〜 

・第3章:動画の作り方 〜 コストをかけず、必要なことだけを学んで最短最速で動画レクチャーを作成する 〜 

・第4章:Udemyへのアップロード 〜 誰もが迷いがちなUdemyのコース登録を、迷わず最短最速で行うための道のり 〜 


【参加費】
□通常価格:199,000円(税別)
 →限定価格
   ・一括払い:98,000円(税別)
   ・2分割払い:49,500円×2回(税別)
   ・3分割払い:33,000円×3回(税別)

画像20

稼げる「Udemy」講師オンラインプログラム 2分割払いでお申込みの方はこちらから!!

稼げる「Udemy」講師オンラインプログラム 3分割払いでお申込みの方はこちらから!!

ー追伸ー 
先行者利益を手に入れ
自由な時間とお金を増やし続けませんか?

画像18

ここまで読んでくださり
ありがとうございます。

数年前には、

「YouTubeなんて・・・」

と言っていたのも束の間、
今では圧倒的な需要があります。

とはいえ、「YouTube」を始めとして
様々なプラットフォームがありますが、

全て飽和状態。

だからこそ、
「いかに早く参入するか」
ということが鍵になるのです。

そして、「Udemy」は
これまで私たちが

・時間
・お金
・労力

をかけて行っていた

・広告
・情報発信
・集客

が全て不要なプラットフォーム。
極端なことを言ってしまえば、

「お金をかけずに稼ぎ続けることができる」

ということ。ぜひ、
このチャンスを掴んでください。

画像21

稼げる「Udemy」講師オンラインプログラム 2分割払いでお申込みの方はこちらから!!

稼げる「Udemy」講師オンラインプログラム 3分割払いでお申込みの方はこちらから!!

【お支払いに関するお問い合わせはこちら】
03-4520-5423

特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

41