ポストコロナで生活者の何が変わるのか?

4

オンラインインタビュー調査の可能性(第2回)

オンラインインタビュー調査の可能性と有効な技法について(NLPの観点より)
生活者起点でのイノベーション実践を支援するUCI Lab.では2020年4−6月に、「コロナ禍による行動変容をケアするオンラインインタビューとその考察」と題した自主調査プロジェクトを実施しました。この記事では、私大石がオンラインインタビュー実践者の立場から、実体験を通じて感じたことを、これまで学んだNLPや心理学の要素を踏

もっとみる
ありがとうございます
9

オンラインコミュニケーションにおけるラポール形成について(第1回)

オンラインインタビュー調査の可能性と有効な技法について(NLPの観点より)
生活者起点でのイノベーション実践を支援するUCI Lab.では2020年4−6月に、「コロナ禍による行動変容をケアするオンラインインタビューとその考察」と題した自主調査プロジェクトを実施しました。この記事では、私大石がオンラインインタビュー実践者の立場から、実体験を通じて感じたことを、これまで学んだNLPや心理学の要素を踏

もっとみる
ありがとうございます
6

渦巻く感情を整理した先に見えてくること ー ポストコロナの価値観に向けて ー (第2回)

UCI Lab.では2020年4−6月に、「コロナ禍による行動変容をケアするオンラインインタビューとその考察」と題した自主調査プロジェクトを実施しました。
ここでは、調査の分析工程と結果の概要をお伝えします。

3つの領域で起きている変化

今回のプロジェクトでは、事前に細かな問いや分析設計をあえて行わないアプローチをとっています。そこで、全員のインタビューが終了した後、ひとつひとつの場面を思い出

もっとみる
ありがとうございます
9

ポストコロナの価値観に向けて 記録し、貢献し、思考する(第1回)

生活者起点でのイノベーション実践を支援するUCI Lab.では2020年4−6月に、「コロナ禍による行動変容をケアするオンラインインタビューとその考察」と題した自主調査プロジェクトを実施しました。
ここでは、このプロジェクトの狙いと設計概要についてお伝えします。

いま・ここでできること ー プロジェクトの狙いと想い ー

2020年の春、私たちは新型コロナウィルス(COVID−19)によって、突

もっとみる
ありがとうございます
3