私がお酒を飲むワケ

率直に言うと私はお酒がすき。ジュースどころか水分摂取自体あんまりしない私ですが(いや水は飲めよ笑)、お酒はつい飲みたくなってしまうものです。

前まではサークルやバイト先の飲み会で、とかなにかの打ち上げで、とか複数人がワイワイ騒ぐ場で飲むことが多かった。とにかくはしゃぐため。あとは友達数人で集まって久しぶりに会えた嬉しさに乗じて飲むとか。楽しさにさらに楽しさを上乗せするようにお酒を使ってた。

実は以前に比べて飲酒の頻度が極端に減らしてました。うちこ頑張ってました。飲まなかった理由については今回は置いときます。でも最近飲みたいと思うことが増えたんだよね。ワイワイ騒ぎたいとかの楽しさ×楽しさのためじゃなくて、なにかから逃げるようにお酒を欲する時がある。

自分について考える時間が増えて、嫌でも自分を見つめ直さなきゃ行けない時があって、受け入れたくない現実を突きつけられる時があって。自分が嫌いになりそうになる。そんな時にそれらからちょっとだけ目を背けようとして、軽く受け止めようとして、楽観的になろうとしてお酒を頼んでしまう。

お酒を飲むと楽しくなるじゃん?私は遺伝のおかげで何杯か飲んで少し気分が良くなる感じなんだけど、自己肯定感が増すというか。

「やってらんねえよ」って言いながら会社員がビールを飲むシーンを小さい頃テレビで見ていたけれど、その気持ちが少し分かるようになった。一時的にでも逃げることを覚えたずるい大人になってしまったようだ。

でも時にはそうやって自分を解放する時間も必要だということもわかった。前に比べて背負うものが増えたもの。上手く息抜きしなきゃ。
理性がぶっとぶほど飲むわけじゃないし、自分の責任で程よく酔える程度に飲むのはたまにはいいよね。

決して病んでるとかじゃなくて、自分てなんでお酒飲むんだろうと思った時に実はこういうことを思ってたんだっていう自己分析と発見ね(笑)
たぶんこれからもしっぽり飲んでくんだろうなぁ。

今回もだからなんだっていうオチのない話だけど、最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
掴みどころがないハタチの大学生。うちこの部屋へようこそ。語彙力はないし面白いこと書いたりオチのある話はできないよ。