新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「中高生の!幸雲南塾スタートアップ1DAYキャンプ」をオンラインにて開催しました

4月26日、今年度初の「中高生の!幸雲南塾スタートアップ1DAYキャンプ」をオンラインにて開催し、約20名の市内高校生が参加しました。

このイベントは「日本一チャレンジに優しいまち」を目指す雲南市で、高校生が”チャレンジ”を起こすために、地域を知り、興味関心を掘り下げ、プロジェクトを立ち上げることを目的にしています。

当初は同じ会場に集まる合宿型での実施を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための休校に伴って、オンラインでの実施に切り替えることに"チャレンジ"。
高校生は各自宅からパソコンやスマートフォンを使い、インターネットを繋いでプログラムに臨みました。

※「中高生の!幸雲南塾」とは
市内の高校生が集い、相談やチャレンジを行う大人と出会い自分のチャレンジを加速させる機会を、月に1度の頻度で開催している社会教育プログラムです。


この日集まった高校生は「既に取り組んでいるプロジェクトをさらに進めていきたい」という人や、「休校期間の時間を有効に使いたい!」と初めて参加した人まで様々。

そんな多様な想いがある高校生たちが、個人ワークに取り組みながら、グループを組んで共有してお互いに深めあうことを繰り返していきました。


先輩の話からヒントを得よう

今回のイベントの目玉は、「先輩の話を聞く」時間。
雲南市で高校生の時にチャレンジをした先輩の話から、プロジェクトを立ち上げるヒントを探します。

今回話してくれた先輩は2人。異文化や多世代をキーワードに交流の仕掛けを実施した「ちいさん」と、留学に挑戦したことで考え方や進路選択に影響していった「めばえさん」。
オンラインの利点を生かして、遠隔で東京から参加、発表資料を画面共有しながら話をしてもらいました。

スクリーンショット 2020-05-03 13.59.49

スクリーンショット 2020-05-03 13.59.12

▲先輩から高校生へのメッセージ

2人の話を聞いた高校生からは、

「自分の好きなことを大切にしながら取り組んでいて、すごく参考になった。」
「『立ち止まってもいい』というのを聞いて、自分が今やっているプロジェクトもコロナの影響で進みづらくなっているけど、そこに苦しまずに振り返る時間にすることもいいのかなと思えた。」
「チャレンジ支援をしてくれる雲南市のすごさを感じていた一方、当たり前になってしまっていたので、感謝しながら進めていきたい。」

と、チャレンジをする意欲が高まった様子でした。


プロジェクトを仲間と協力して始めよう

その後、先輩のヒントを聞いて、高校生たちは改めて自分の興味関心を振り返りながらプロジェクトを考えていきました。そして最後の共有の時間、全体で宣言するときに1人の生徒からこんな提案が。

「今、コロナの状況で国策に批判する人がいるなど日本全体がまとまっていない状態。世の中の誰かや政府に対する意見や想いを傷つけるのではなく、『グッドアイデア』にして伝えて欲しい。いま、この場のみんなで紙とペンで気持ちを現しませんか!?」

なんと、ファーストチャレンジをこの時間に実行してしまおう!という提案。早速それぞれが想いを伝えたい人へのメッセージや自分の宣言を書き、写真撮影しました。

画像7

参加した全員で取り組んだファーストチャレンジ。オンラインであっても、この日1番の熱気と一体感を感じられた瞬間でした。


オンラインの繋がりで休校期間を充実させるために

こうして終えた今回のオンラインでの「中高生の!幸雲南塾スタートアップ1DAYキャンプ」。長いようであっという間の5時間は、1人ひとりが自分に向き合えた時間になりました。

雲南市では、このような高校生の学び合いをオンラインで実現するために「雲南コミュニティハイスクール(UCH)」を立ち上げました。今回のイベントでは、雲南市の速水雄一市長も画面越しに激励をいただきました。

「今日参加したみなさんのチャレンジにまずお礼と拍手を送りし、応援しています。学校教育でもこうした学びの場ができるようにしていきます。(略)」

画像7

▲メッセージをする市長(市役所より)

雲南市が掲げる「日本一チャレンジに優しいまち」を目指して、この休校期間のピンチをみんなで乗り切るために、そしてこの機会にさらに雲南市の高校生のチャレンジが加速していけるように、現在その整備を進めています。

今後、「雲南コミュニティハイスクール」の取り組み・雲南市の高校生のチャレンジを、このnoteにて発信していきます。
次回以降も、お楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
雲南市で過ごすユース世代の全ての時間と空間を学び舎へ。 ”誰もがいつでもどこでも繋がりチャレンジできる”未来の学校。 雲南コミュニティハイスクール開校! http://uch-online.com/