見出し画像

東南アジアのすゝめ 「 ”生きる” とういこと」

みなさんは、東南アジアに対して

どのような感情を抱いているだろうか。

貧困、危険、途上国、ストリートチルドレン、、、etc

ネガティブなイメージを抱いている人は

多いのだと感じる。

今回は、僕が東南アジアで学んだ

「 ”生きる” ということ」

について話していきたいと思う。

カンボジア トンレサップ

「水上の村 トンレサップ湖」

トンレサップ湖には世界最大規模で水上生活している人々が存在する

そこに住む人々は、広大な湖で魚を獲ることにより生活している

驚いたのは、小学校すらも水上に存在するのだ

もちろん、料理場、洗濯場、寝る場所も水上

仕事場は湖。

魚を取り、その魚を街で売って生活している

子どもたちの遊び場もこの広大な湖だ。

ちなみに、生活排水は垂れ流しなので、めちゃくちゃ臭い。

日本人が泳いだら、ウィルスにかかって一週間寝込むことになるそう。笑

カンボジア トンレサップ湖 こども

このように、彼らの生活は、水上にある。

日本だと、

仕事をするためにオフィスに行く 

子どもを学ばせるために学校に通わせる

ご飯を食べるために街のスーパーで買い物をして部屋で食べる

生活における 仕事場、学ぶ場所、住む場所が住み分けされている

だからこそ、彼らの生活のすべてが水上にあること

目の前に人間が生きるためのすべてが広がっていることに

とても驚かされた。

テレビを通してではなく

自分の目で 

自分の肌で 

感じることができたからこそ

人間が ”生きる” ということを学ばせてもらった。

カンボジア お坊さん

「生きるための宗教」

カンボジアの農村で、色とりどりの旗がなびいている場所があった。

何をしているのか尋ねると

「お祭りをしている。」

「今年の豊作を祝い、来年の豊作を神に祈るんだ。」

と言われた。

日本における”収穫祭”だ。

お祭りが好きな僕にとって、とても楽しそうに写った。

お祭りといえば、 射的、金魚すくい、たこ焼き、焼きそば

楽しいことばかりだ。

だが、彼らにとってのお祭りの意味は違った。

収穫に感謝するとともに、来年の豊作を祈るためにお祭りが催されるのだ。

日本のお祭りも元々はそうだと思う。

”お祭り=楽しいこと”

と捉えている僕には、衝撃だった。

毎年の豊作は、

気候などの人間にはどうすることもできない問題により

確約されることはない。

だからこそ、豊穣の神が存在してお祭りをするんだ。

生きるためにお祈りをするんだ。

クーレン山 祭壇

カンボジアのある場所について話したいと思う。

その場所は「クーレン山」という山で

神聖な土地とされている。

カンボジア人にとって、その山でお参りをすることが

徳を積むという行為に捉えられていて

一生に一回はお参りに行くことが美徳とされている。

乾季には、ほとんど雨が降ることがないカンボジアにとって

この山は「水」が湧き出てくる。

現地に住む人々にとって水は貴重な存在だからこそ

水を司る神がいるとされている。


クーレン山 祭壇

クーレン山 音楽

そして、その山には写真のように祭壇や音楽を奏でている人がいる。

神様に祈りを捧げるために音楽を奏でているのだろう。

音楽と宗教って全く関係のないイメージだけれど

神様に祈りを捧げるための音楽

宗教のための音楽

が存在することに衝撃を受けた。


このように、あくまでも個人的な意見だけれど

人間は、

豊作を求めるために豊穣の神を

豊かな水を求めるために水の神を

想像して創造したのかもしれない。

そして、その恩恵に感謝するために

人々は神を信じ、祈るのかもしれない。


実際に、テレビを通してではなく

自分の目で

自分の肌で

体験したからこそ

このようなことを感じることができたのだと思う。

また、僕は宗教に対しては無知なので

”宗教=未知=怖い”

というイメージを持っていた。

だが、彼らのように生きるために宗教を信仰し祈る姿

僕の目に ”美しく” 写った。

高尚な意味で ”美しく” 感じたんだ。


〜まとめ〜

東南アジアでは、これらのように

水上には、人間が

生きるために必要な行為、生活のすべて

が存在すること。

そして、

豊作を感謝し、祈る人々。

豊かな水に感謝し、祈る人々。

生きるために宗教が興り、存在すること

要するに、僕は東南アジアから

 「”生きる” ということ」

を教えてもらった。

最後に

「みんな! 東南アジアに行こうぜ!」


ーーーーー完ーーーーー



この記事を読んで、東南アジアに行きたいと思ってくれた人は

インスタとかでオレに連絡してくれ!笑

気づいたら、タランチュラとかサソリとか食べてるオレでも良ければ

一緒に行こうぜ!

って言いたい。笑

そして、東南アジアに行って感じたことを

オレに共有してくれ!








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
27
イマの自分が 取り組んでいること 感じていることをアウトプットするために徹底的自己満足note始めました🏃‍♂️💨. #大学生 #東南アジア #バックパッカー #ビジネスコンテスト
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。