新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

フィットネスインストラクターがPhotoshopという武器を手に入れた

こんにちは。
フィットネスインストラクターのうっきーです。

僕の仕事は、運動指導になります。フィットネスクラブ(スポーツジム)でのスタジオ指導が中心です。

コロナ禍でレッスンがゼロになった時期も3ヶ月ほどありました。現在も元通りに戻ることはなく、レッスンは減り、時間も短くなり…というインストラクターも周りに沢山います。
(僕もその中の1人です)

スタジオレッスンを担当していて、いろんな店舗やクラブをまわっている人たちは、フリーで活動しています。社員ではありません。

僕自身は、約18年ほど、フィットネスに携わっておりますが、今回のように急に仕事がゼロになるという経験は初めてでした。

まぁ、この話は別の記事にしましょうか。

コロナ禍でオンラインレッスンも増え、運動指導の方法も色々と変化をしています。

僕は、レッスンがなかった期間に色々と勉強をしました。そうですね、学んだことはデザインに関してです。

最初に、Photoshopというツールを扱えるようになりました。

オンラインでマンツーマンの講座を受け、全く未経験だった僕も、ショートカットキーで色々とできるようになりました。

以前は、Canvaやphontoを使用して画像を作成していたのですが、今では全く使用していません。慣れって面白いですね(笑)

こういう感じの画像をCanvaで作成していました。

昨年は、こちらになりました。

いや、今みたら、もう少し直したいところが色々とあるのですが、2020年11月に制作したものとして置いておきます(汗)

Instagramで使用していたこちらの画像は、Canvaで制作しました。

2020年の夏は、こちらです。

カメみたいなスピードですが、少しずつは変化しているかなと思います。

自分の名刺も作ったり、インストラクターさんの名刺やヘッダーを作ったり、経験値を積むために、地味にコツコツ活動しております。

お知らせが多い仕事で、発信したいことが沢山ある。でも、なかなか上手く発信できない。

そんなインストラクターさんのお手伝いができたらいいなと思いはじめました。

Photoshopを扱えるようになるまでは、自分の画像をどうにか、オシャレにしたいと思っていたんだけどね。。。
(自分の画像はゴリゴリ凝りたい)

パッと目を惹く画像を使って、フィットネスのことをお客様に届けていきたいな。。。
よし、頑張りますー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
運動指導歴18年、スタジオ指導を中心に「ココロとカラダの健康」を一番に考え、性別など関係なく、誰もが楽しめるレッスンを提供。GOGO BOYとしても活動。FTMとしてフィットネス業界のパイオニア。雑誌、メディアなどに出演。目指すは、踊れるデザイナー💪