𝔂

パーソナルスペース

僕は人から突然「今日遊ぼう!」とか「今何してる?」とかって声を掛けられることが得意ではありません。 そういう時はまず身構えます。 しばらく考えて落ち着いて「よし…

当然ながら脳みそは常に何かを考えていて、例えばそれは読書の途中でもあり得る。

本の中身とは無関係に、思考の命題となり得る何かが閃光する。

しばらくはそれをメモに書いてnoteのネタにしようと思います。

もう既に3つあるので書くのが楽しみ。

クローズドサークル

最近は部屋の中でネットの海に泳ぐことばかりなのでたまには本を読もうと思います。 三浦しをんさんの「白いへび眠る島」 実はこの本は一度読んだことがあって、読むき…

「敵について」

という詩のタイトルです。 作者は茨木のり子さんで、他にも「自分の感受性くらい、自分で守れ。ばかものよ」というフレーズがでてくる「自分の感受性くらい」という詩も作…

いじめと信念

「3月のライオン」という将棋アニメをご存じでしょうか。 主人公桐山零君は中学生でプロとなった史上5人目の若手棋士。(作中では高校生) 零君を中心に、彼と関わるキャラ…

言葉はいつも、心に足りない。

この言葉を聞いてピンときた方、好きです。 これは僕が何度も見返した約10年前のアニメ「亡念のザムド」に出てくるセリフです。そして同時に今でも僕の心にある言葉です。 …