KADOKAWA新年会に行ってきました

昨日はKADOKAWAさんの新年会でした!
色んな作家さんや編集さんとお会いしまして、とても楽しかったです!

新年会後、しのだまさき先生にお誘い頂き、玉島ノン先生藤谷燈子先生と4人で二次お茶会に行ってきました。

しのだ先生には、以前ノルンのアンソロジーで夏彦と深琴の素敵な漫画を描いて頂きました! ぜひ直接会ってお礼が言いたいと思っていましたが、その夢が約2年越しに叶いました。
開口一番「ノルンが好きで!」と仰って頂いた時、うるっと来て危なかったです(笑)アンソロを描く際、ノルンを全部プレイして下さったそうで、絵に物語に全てに、その誠実さと愛情が溢れていました! しのだ先生ご自身も、ほがらかで優しくて、とても素敵な方で、またぜひお話ししたいです。

玉島先生にお目にかかったのも今回が初めてだったのですが、びっくりするほど話が合って、かなり盛り上がりました! シルフ以外にも連載されていて、すごくお忙しかったみたいなのですが、お会い出来て本当に良かったです。
玉島先生の描かれる漫画には花があって、可愛くて明るくて、そんな魅力がご自身にも繋がっているんだなということを、話していてすごく感じました。……回りくどい表現ですね。可愛くて明るくて可愛い方でした! そしてオシャレさん!

藤谷先生は、いつもたっっくさん勉強させて頂いている、尊敬する先輩ライターさんなのですが……一番笑わせてもらいました。
何というか、想像していた以上にユーモアに溢れ、ツッコミが的確で、語彙が豊富で、すごく親しみやすい方でした。何か物書きさんへの表現じゃないですね……いやいや、プロ意識の高い素晴らしい作家さんなのですよ。しかし発言の全てが面白くて、初めて会ったくせに「好きです」って3回くらい告白しました(気持ち悪い)

一番笑ったのは藤谷先生に「潮さんってnote見てる感じだと、文学少女っていうか、シャボン玉みたいに突いたら割れるような繊細な人だと思ってました」と言われたことですかね……
普段こんなことあんなこと、自分に酔った文章を書いてるせいですね(笑)それに対するフォローが、
藤谷先生「いいんですよ。没頭しないと作品書けないし、でもし過ぎちゃダメ。午前2時くらいのテンションがベスト」
しのだ先生「4時まで行くと朝が来ちゃうから。見たくないもの見えちゃう」
最高に笑いました。

漫画家2:ライター2の異種混合お茶会でしたが、すごく楽しい時間を過ごせました!
別れ際、玉島先生が「皆大変なんだなって分かって、これからも頑張れる」的なことを仰っていたのが、これは私にとっての昨日一日を表す言葉だなと。色んな方の色んな話を聞けて、すごく勉強にもなったし、「自分も頑張らないと!」と奮起することが出来ました。

皆様素敵な作家さんでした!
作品と描いている方はもちろん別物なのですが、何となく通じる部分があったように思います。もちろんプラスの意味で!

お会い出来た方、今回残念ながらお目にかかることが出来なかった方もいるのですが、またこういう機会に恵まれたらいいなと思います。
皆様ありがとうございました!


★しのだまさき先生
ツイッター
 作品紹介ページ(下町和菓子 栗丸堂コミカライズ)

★玉島ノン先生
ツイッター
 作品紹介ページ(ぼくらのヒミツ。)

★藤谷燈子先生
作品紹介ページ
(フォルティッシモ)

シルフ編集部公式ホームページ

2
フリーランスで活動中の物書きです。HP:http://ushio-a.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。